« GT4 その2 | トップページ | 2005 サーキットトライアル »

2005/01/14

青色LED訴訟

長文&熱いネタの連続、すみません。
技術および事実についてニュース等で読んだうわべだけの情報の感想なので、認識違いなどあるかもしれません。

最近和解した青色LEDの発明者の主張を聞いて、彼がどのような考えを前提して主張しているのか理解に苦しむ。

確かにすごい発明をしたのかもしれない。彼でなければ発明できなかったのかもしれない。でも所詮、会社員だったんでしょ?その発明がなくても、毎月給料もらって、相応の生活は保障されていたわけで、発明のリーダーだったからといって莫大な報奨金を請求するのは筋違いだと思う。

もし莫大な成功報酬が欲しいんだったら、独立して、協力スタッフもスポンサーも研究施設も全部自分で手配して、発明後は自分で製品化して営業も自分でやったら?、と思う。彼が研究に没頭できたのは、たくさんの協力者がいたからだと思う。極端な例を挙げれば、毎月の給料がきちんと払い込まれなかったら、彼は「給料払ってください」と会社にクレームする時間が必要だし、当面の生活費が必要なら借金をしにローン会社に行かなければならないかもしれない、ですよね?

彼は発明者が一番偉いんだ、一人でやったんだ、利益の大部分は自分のものだ、なんて思っているのかな。そうだとしたら、かわいそうな人だ。リスクを取らないで莫大な見返りをもらえるなんて、世の中そんなに甘くないでしょ。

数億円?十分じゃない?彼はそれ相応のリスクを犯したのか?能力と努力の賜物だとは思うけど、彼一人では何もできなかったんじゃないのか?

|

« GT4 その2 | トップページ | 2005 サーキットトライアル »

コメント

うんうん、同意
ワイドショー見ながら同じことを考えてました。
アメリカの発明家を例にとって、比較しているけど
彼らは個人の研究所でやっているのだから
まったく比較にならないっちゅうのね。

投稿: tekidonn | 2005/01/14 18:40

私は研究者なので,研究者よりの意見を(笑)

これって知的所有権,知的財産権の問題ですよね。

結局,この問題って発明した人,知識を生み出した人の権利を守るっていうことなので,会社員であろうがなかろうが関係ないと思うんですよね。

一緒に働いている人がいようがいまいが,他人の仕事に依存する部分が大きかろうか小さかろうか,あえてその人オリジナルの部分が認められるならば,それを法的に保証しましょうということなので。

実際,特許法でも,会社員として業務上行った職務発明でも,特許を受ける権利は,本来発明者の社員にあることを認めているみたいですね。社員に相当対価を払えば,会社は使用権と特許権を取得できるということらしいです。

私が推測するに,今回の訴訟の原因は,会社側が,給料を出して働かせてやってるんだし,仕事場も仲間も提供しているのに何言ってるんだ,という態度が問題なんだろうと思います。これは完全に知的財産権を否定する考え方ですね。本来は,社員のほうに,まず権利があって,会社はあくまでその権利を譲ってもらってるんだという発想がないんだと思います。昔ながらの日本式の企業形態だとそうなってしまうのも無理はないと思いますけど・・・。

なので,今回の訴訟は,お金の問題じゃなくて,そのような企業の考え方との戦いなんだと思いますよ。お金はあくまで企業がどれだけ自分を理解してくれているかというものさし。この点で今回は企業との関係が完全にこじれた例ですよね。

反対に,ノーベル賞をとった田中さんのところなんかは,会社と研究者の関係がうまくいってる例だと思います。あれだけ大切にされていれば,研究者もそこで働きたい,会社のために役に立ちたい,お金は問題じゃない,と思いますもの。

あの人は働いてるときから会社に対して憤ってたんじゃないのかなあ。だから,これはあくまで自分の発明なんだと強行に主張しているようなところもあるような気がします。対して,田中さんは,研究できればいいですから,っていってますしね。

いずれにせよ,私は発明などとは縁のない領域に生きてますので,関係ないっちゃ関係ない。爆

投稿: GUN | 2005/01/14 21:12

言葉足らずになるかも&方向がずれちゃうかもしれませんが、私も意見を。

私は、どちらかと言えば中村さん(青色LED開発者)よりです。仕事柄からかもしれませんが。
200億のときは、多少は引きましたが(笑)社会的与えた影響から考えれば、まぁ妥当な金額かなと思いました。会社的に考えたら別ですけどね。
8億円は・・・うーん。

GUNさんがすでに言われてますが、本来は特許権は開発者に帰属するはずですので、中村さんは真っ当な事を言ってると思ってます。
ちなみに、私にはこんな経験あります。
入社2年目に開発に関わった商品があるのですが、その年度の半分の売り上げをその商品だけで稼ぎました。開発段階からその商品に関わり、半年間休日返上、しかも残業は大幅にカットされながら、量産ラインの確率、初期の大量生産&出荷を担当しました。
ここまでやったにも関わらず、プロジェクト完了後の手当は新渡戸稲造程度でした(爆)

日本は、会社と研究者の関係をもう少し考えるべきだとは思います。正直、今のままではやる気にはなれません。(自分の場合は、この会社だからか!?・爆)
育ててやった。研究させてやった。環境を整えてやった。と言う態度をとるのは、ホントにどうかと思います。かと言って、会見の様な中村さんの態度を執るのも如何なものかとは思いますが・・・
でもね、もう少し日本の研究者達はもっと会社に対して見返りを求めてもいいと思います。
それが、お金なのか、今後の研究のための環境なのかどうかは別として。

投稿: しょーご | 2005/01/14 23:32

tekidonnさん、GUNさん、しょーごさん>
ご意見ありがとうございます。
私の立場を明らかにしていなかったですね。
「会社」より、というか「非開発者」よりですね。

みなさんの意見を拝見して、ちょっと問題点が整理できました。

・知的財産権は発明者個人にある
・会社は相当対価を払う必要がある
・問題は権利者と会社の信頼関係崩壊にある
・報奨金額は評価の指標
・マスコミ報道は編集により中村氏の意図を捻じ曲げている可能性がある

この辺をベースにもうちょっと時間をかけて自分の意見を整理してみたいと思います。

投稿: さわじぃ | 2005/01/15 08:52

そこら辺の小オヤジの意見。

青色LEDって何が凄いの?

赤いの青に塗っただけじゃないのかと思うよ普通に暮らしている人は・・・(特に私)

 あれって寿命が長いらしいから信号の電球交換する仕事の人は商売上がったりだ・・・
数年は古いのと交換でウハウハだろうけど・・・

肝心な「8億」は関係者みんなで分けるんでしょ?

超個人的意見
あの教授の「動き」が好きになれません・・・(ヒロシ風に)

投稿: f nao | 2005/01/16 09:42

先日、某TV局のワイドショー的報道番組で、まさに私の考えをコメンテーターが言っていました。

「N氏は『資本主義社会なのだから利益はきちんと配分すべきだ』というが、資本主義下で利益を追求するためにはリスクはつきもの。例えば、100のプロジェクトのうち、99で失敗しても、1で大成功を収めて、全てのプロジェクト分の投資を回収して利益がでれば企業(あるいは投資家)としてはそれでOKです。1つの成功の裏にはたくさんの失敗があって、その失敗を許容することがリスクです。確かに1つの成功したプロジェクトだけを見れば、利益は膨大で、相応の対価をもっと高くすべきだという論理も成り立ちますが、それでは企業活動・投資は成り立たない。」

私が「自分の研究所で、全て自分で手配して、成果をあげれば莫大な利益を手に入れることは妥当と思う」といったのは、まさにこのことです。0か100かのリスクを背負って、他の全てを投げ打って研究して、成功するまではアルバイトしながら生活費を稼ぐ、みたいな生活(極端かな)、成功したら全部自分のもの、ならわかるのですが、彼の場合はそうではないでしょう?といいたかったのです。

もうひとつ、彼に対して腑に落ちない点があります。
彼は「発明者と企業の関係の争い」という主張をしていますが、もしそうだとすれば、なぜ最高裁まで闘わないのでしょう?

和解を促され、拒否しても和解案と同じ基準で報奨金額を算定されるのだったら同じこと、みたいな主張をしていたと思いますが、もし自分の考えに自信があるだとしたら、最高裁の結論に対して正々堂々と反論すればいいのではないか、と思うのです。もし彼の意見のがより妥当だという世論が体勢なのであれば、彼を慕ってアメリカへ行く研究者も多いことでしょう。また、「これだから裁判官は世間知らずだ」という月並みな論調も出てくることでしょう。

和解を受けれておいて「司法は腐っている」だとかいうのは少なくとも記者会見の場では、大人のすることではないな、と思います。裁判にも疲れたし、もらえる金額が同じなら、訴訟費用も節約できるし、和解して8億円でももらっておいた方がトクか、みたいな判断をしたんじゃないかと疑いたくなります。「結局お金が欲しかったんでしょ?」と。

投稿: さわじぃ | 2005/01/18 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/2567910

この記事へのトラックバック一覧です: 青色LED訴訟:

« GT4 その2 | トップページ | 2005 サーキットトライアル »