« レギュレーションの抜け穴 | トップページ | GT4データベース »

2005/02/19

時代の流れ

NTTドコモがPHS事業から撤退するというのもそうだけど、私としてはニフティがパソコン通信サービスをやめるというニュースの方が感慨深かったです。

私が初めてインターネットというものに接続したのは、96年ごろ、当時のNifty-ServeのINTERWAYを通してでした。ダイヤルアップモデムも28.8kbpsが最大で、メールアドレスのエイリアス設定もできず、MIME形式の添付ファイルも送れず、接続はもちろん従量制料金と10年の変化ってすごいなぁと思います。

私は今でもニフティのパソコン通信サービス(フォーラム、BBSみたいなものです)で、F1情報を入手していたりしたので、サービス停止は残念です。でもビジネスとして見たら仕方ないですよね。ついにNifterm(パソコン通信のオートパイロットソフト)とのお別れの時が来たか・・・と思うと寂しい限りです。

|

« レギュレーションの抜け穴 | トップページ | GT4データベース »

コメント

『従量制』…懐かしいな~。
そんな時代もあったなと、懐かしく思うのでした。

投稿: ben | 2005/02/19 12:41

私もネットのとっかかりはニフティでした。
当時は「パソコン通信」と言われた時代でした。
知る人ぞ知る、ってかんじでしたね。
フォーラムもよく利用しました。
この話題、感慨深いですね。

投稿: yu-pa | 2005/02/19 20:52

benさん>

実は私は@niftyの契約はメールアドレス維持のための最低額契約なので1時間以上は従量制です。外出時のダイヤルアップと、F1情報入手にしか使わないので、1時間も使わないですけど(自宅はマンションインターネット)。

yu-paさん>
その頃は、@nifty,BIGLOBE,SO-NET,OCN,ODN,DION辺りが熾烈な価格競争を繰り広げていましたね~。ピーク時にはニフティの1万円以上払っていた気がします。。。

投稿: さわじぃ | 2005/02/20 11:51

う~ん、懐かしいなぁ。
当時、PC-VANとかニフティの料金が払えなくて、草の根BBSをはいかいしていた時代がありました。24.4Kの通信速度でV.42bisで3倍圧縮ってのがしばらく続いていた時代ですね。その頃から、草の根BBSのシスオペをしたくて、自分で開局していました。今のドメインのRaynetというのはその頃の名残りです。当時アメリカ産のシェアウエアでWWIVというのが関東の医師によって日本語化され、それが50%くらいのシェアを誇っていました。私はそれを元に、カスタマイズを重ね、Ray版WWIVというのを配布しておりました。オリジナルの機能が買われ、色々な草の根BBSで使われていました。って古い話ですけど。今でも5インチのFDDに残っているはずです。あ、MOだったかな? ってどちらも過去の媒体ですねぇ~ 笑

投稿: じゃりてん | 2005/02/21 23:25

5インチFD、私も20年くらい前に使っていました。PC-8801mk2、X1turboとか8ビットマシンでチョコチョコ遊んでましたので。。。

5インチ2D(360KB?)、2枚で3,000円とかで、とても小学生には払える額じゃなかったので、やっぱりカセットテープをメインで使っていました。

投稿: さわじぃ | 2005/02/21 23:41

10数年nifty使っていたけど去年解約しちゃったのであまり気にしていなかったけど結構反響を呼んでいるんですね。
私の初サーキット走行はniftyの自動車フォーラム(FCAR)の日光サーキット走行会、まだ電話モデム2400bpsの時代でした。あの頃の方が密度の濃い車談義をnet上でやっていた気がします。
私の昔からの車遊び系友達はFCARの走行会で知り合った人が多いです。

投稿: くりはら | 2005/02/24 07:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/2991771

この記事へのトラックバック一覧です: 時代の流れ:

« レギュレーションの抜け穴 | トップページ | GT4データベース »