« JRSCCサーキットトライアル | トップページ | 年賀状の配達・・・いつの話だっ »

2005/03/08

F1 オーストラリアGP考察

天候による荒れた予選。。。いきなりですけど、これはどうかなと思いましたね。合算方式だと、ドライとウェットの差はどうやっても取り戻せないですから。

ポールポジションにはやはり意味を持たせたいので、

予選1回目:1時間の自由走行(周回制限なし:エンジンの耐久性もあるのでそんなにむやみやたらに走る人はいないと思いますけど)
予選2回目:1回目のタイムの速い順から走行順を任意に選べる(予選2回目前のドラミで申告・決定)。予選時間のうち後半で雨が降るという予報があるならば、高順位の人から速い走行順を選んでいける、みたいな。これで1回目をわざと遅く走るみたいな茶番がなくなる。

予選1回目と2回目の間、2回目と決勝の間はセッティング・燃料搭載量の変更自由。つまり、予選は2回とも駆け引きなしの空タンク勝負。

なんてどうですかね。

決勝はルノーの速さが目立ちました。フェラーリは昨年の改良型マシンではちょっと厳しいかな?前半はルノーとマクラーレンの勝負になりそうな感じ。

BARはダメダメっぽい感じですね。戦略的リタイア(次戦でのノーペナルティエンジン交換のため)もやったし・・・ミナルディ、ジョーダンは新しいエンジンを買う金がないからだろうけど、何でトヨタは戦略的リタイアしなかったんだろう?ジョーダンに供給するためにエンジン製造ラインを使うから、1レース1エンジンのペースで作れない?まさか・・・

琢磨は予選クラッシュでドライバーとしての評価をかなり下げましたよねぇ。アウトラップでしょ?マッサはアタックする気満々で計測ラップに入ったら大雨という状況、それでもドライタイヤでピットまで戻ったじゃないですか。

今年結果出せなかったらクビになりかねないぞ~。

|

« JRSCCサーキットトライアル | トップページ | 年賀状の配達・・・いつの話だっ »

コメント

やっと録画していたオーストラリアGP見ました。
それまで新聞その他を見ないようにして楽しみにしていました。
見終わって、ウ~ンって感じですね。
何か、華が無いというか緊迫感が無いというか…。
エンジンはともかく、タイヤ交換禁止にしたことでピットでの駆け引きがなくなってしまい、ドラマチックな展開が期待できない…。
観戦者の楽しみを無視したレギュレーションですね。

投稿: yu-pa | 2005/03/09 15:00

確かに淡々と進んでいきましたよね。
大きな順位変動もなく。シュー兄は気がつくとポイント圏内にいましたが・・・

タイヤ交換できないことで、ほとんどのドライバーが今まで以上に無理しなくなっていた気がします。4輪フルロックでフラットスポット作ったりしたらその後のレースに響くから、なんでしょうね。

無理しない=予選の結果が決勝の結果にダイレクトに反映される=予選の仕組みの見直しが必要と思った次第です・・・

投稿: さわじぃ | 2005/03/09 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/3224220

この記事へのトラックバック一覧です: F1 オーストラリアGP考察:

« JRSCCサーキットトライアル | トップページ | 年賀状の配達・・・いつの話だっ »