« 設定するアホウに受け立つアホウ | トップページ | C1 GRAND PRIX »

2005/03/22

F1 マレーシアGP考察

レースは前回同様淡々と進行してました。やっぱりつまらない。琢磨がいなかったから?ホンダが早々にリタイヤしたから?フェラーリが弱いから?理由ははっきりしないけど、見所のないレースだった。今年鈴鹿に行くのやめようかなぁ。

でも気になった点はいくつかあり。

優勝したアロンソは、表彰台で国歌演奏時、座り込みました。地上波ではカットされていましたが、いくら疲れているからって、それはないと思う。マシンを降りた時はガッツポーズをする余裕があったんだから、「疲労で立っていられなかった」というのは甘えでしょう。2位のトゥルーリはシャンパンファイトを拒否(シャンパンの栓すら開けていないはず)。なんで?彼の初優勝、昨年のモナコだったと思うけど、その時はどうだったっけ?一人喜びを爆発させていた3位ハイドフェルドかわいそうに思えました。

シュー兄はマシンを降りたときや表彰台で2位、3位を称える、という行動を見せることが多い。それがチャンピオンの風格ですかね。琢磨の初表彰台の時、ウイナーがシュー兄で本当によかったと思う。今回のような表彰式だったら日本では大ブーイング必至。2003年の鈴鹿での接触、チームメイトとの接触があっても、レースが終われば健闘を称えあう。それがスポーツマンシップではないのか。とにかく、今までもアロンソはあまり好きなドライバーではなかったけど、今回の件で大嫌いなドライバーの一人に仲間入り。

ウェーバーとフィジケラの接触はフィジケラのみ警告という裁定が下ったようですが、私はあれはレーシングアクシデント、どちらも悪くない、というかどちらにも非があると見ました。アウトから仕掛けるということは、イン側がコントロールを失ってあのようになることは想定していないといけないと思います。ウェーバーはあの時アウトから前に出たものの、フィジケラがコントロールを失う可能性を見越し、アウトに振るのはあくまで牽制で、コントロールを失ってアウトにはらんだフィジケラのインを狙うべきだった。。。言うのは簡単だし、私には乗用車&ラジアルタイヤのスピード域でもそんなことはできませんが、彼らはF1パイロットなんだから。アウトから行くのはリスクがあるのは当然で、そのリスクを負ってでもしかけたウェーバーにも非があると思うけどなぁ。ウェーバーがあそこにいなければフィジケラはポジションダウンだけでレースを続けられたと思うし。

琢磨欠場はかなりショック。見所が大きく減った。けど、出場していても決勝スタート直後にレース終了だったと思うと、まぁ別にいいか、という感じ。

ホンダはエンジン交換、しかも1レース仕様のエンジンでイチかバチかの勝負に出てきたが、耐久性なしで大失敗。2台のエンジン、走行距離同じだったの?あそこまで同じタイミングで壊れるなんて、それこそ製造精度がすごいのかなぁ、なんて変なところで感心。

ライコネンのタイヤトラブルは、内圧下げすぎ(あるいは調整ミス)によるリム外れじゃないのかなぁ。誰もそんなこと言わなかったし、ミシュランはバルブのせいにしているけど、ね。だって2レースで述べ40台が走り、同じ仕様のバルブが160個使われてそのうちの1個だけが、ピットアウト後のあのタイミングで壊れるなんて、あまりにもできすぎているような気がします。

トヨタはよくがんばった。いつの間に2位をガッチリキープできるようなクルマに仕上げていたんでしょう。あの状況で、アロンソがたまにやるポカをやったら優勝じゃないですか。

ブリヂストンは大失態。帝王シュー兄でもフォローできないほどの低パフォーマンスタイヤ。1秒速く走れるという噂のF2005を投入してもトップ集団には追いつけず。

バーレーンGPも淡々としたレースなのだろうか。なんかつまらないな。

|

« 設定するアホウに受け立つアホウ | トップページ | C1 GRAND PRIX »

コメント

欠かさず見ていたF-1。この日は朝から出かけるためにバタバタしていて、帰ってきたらバタンキュー…すっかり忘れていました。
そうですか、第1戦と同じような雰囲気でしたか。トヨタが2位に入ったのは新聞で知りましたが。
何となく、盛り上がりに欠ける今年のF-1。多分、世界中のファンが同じように感じているのではないでしょうか。バーニー氏は何か手を打つ気はあるのでしょうかね。

投稿: yu-pa | 2005/03/23 10:50

トゥルーリはGPの数日前に親友が事故でなくなったそうで、そのためシャンパンファイトをしなかったようですよ。

↓ネタ
http://response.jp/issue/2005/0321/article69059_1.html

投稿: かねぴー | 2005/03/23 14:41

yu-paさん>

第1戦よりは多少は見所がありました。エンジンブローあり、接触あり、タイヤトラブルあり、だったので。やっぱり、タイヤのせいでしょうかね、なんかマシンの性能を引き出して走っている、というよりは、何とか最後までもたせようと気を使いながら走っている、という感じがしました。

かねピーさん>

情報ありがとうございます。ちょっと安心しました。(トゥルーリの友人関係者には不謹慎発言ですが)
トゥルーリに関しては悪い印象は今までなかったので。というか逆にブリアトーレに迫害されていてかわいそうと思ってたので、マレーシアの表彰式で隣にブリアトーレがいたのがイヤだったのかなぁ、なんて思っていました。

投稿: さわじぃ | 2005/03/23 21:08

F1は年に10分みるか見ないかなので、あまりよく分かりません(目覚ましテレビのスポーツコーナーくらいです。WRCはほぼ毎戦DVDに落としてます)。
さわじぃさんの記事を見て、たまたまニュースサイトを覗いたらトゥルーリ情報があったんです。

ちなみに会社の近くのMr.Craftというお店でF1のビデオを流しているのですが、それはよく見ます(30分くらいお店にいることも・・・)。

投稿: かねぴー | 2005/03/24 21:23

WRC、ESPNですよね。

昨年まではたまに見てました。小平桂子アネット、10年前(当時はNHK BSだった?)とあんまり変わらないですよね。カンクネンの助手席に乗ってキャーキャー言っていた印象がものすごく強いんです。

投稿: さわじぃ | 2005/03/24 22:33

実は小平桂子アネットのお母さんは「ウタ小平」さんといい、私の出身大学のドイツ語の先生だったことはあまり知られていない事実です。
(ひょっとしたら、ガセビアかも)

投稿: かねぴー | 2005/03/25 00:40

Mr.Craft 恵比寿ですね~。
つい反応してしまいました。

投稿: yu-pa | 2005/03/25 11:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/3400100

この記事へのトラックバック一覧です: F1 マレーシアGP考察:

« 設定するアホウに受け立つアホウ | トップページ | C1 GRAND PRIX »