« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/25

飛び石

数ヶ月前に受けた、フロントガラスの飛び石キズがついに広がり始めました。やっぱり気温差には耐えられなかったみたいです。

交換は保険でできるのですが、私のフロントガラスにはカーナビのテレビ用フィルムアンテナが・・・これは自腹です。リアガラスに埋め込んである純正ナビ用のテレビアンテナの流用ってどうなんでしょう。感度が悪いという話もありますが・・・

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005/05/24

F1 モナコGP考察

ちょっと時間ができたので、恒例のF1斬り(?)を。。。

スタートからしばらくは退屈なレースなのかと思いきや、かなり面白かった。
昨年のモナコは終盤はトゥルーリvsバトン、だけど結局抜けずに終わり、ホンダの復帰初優勝はお預け、ということに・・・今思えばホンダの復帰後初優勝は昨年のモナコが最大のチャンスだったような・・・

よかったポイントは・・・

何より、ハイドフェルドの追い越し!
あざやかかつあの思い切りの良さ、佐藤琢磨選手を見ているようでした。あれが琢磨選手だったらな~、2位争いだったからね。ウェーバーとアロンソの泥仕合(まるで素人のテレビゲームを見ているかのようなシケイン無視の応酬)は全然ダメ。。。<ま、もともとウェーバーを私が個人的に好きでないのも理由の一つだが

次はトゥルーリ。
あそこで頭突っ込むか~って感じ。結局マシンにダメージがあって入賞もできなかったけど、あのツッコミはよかった。

どちらも、やっぱりレースはコース上での追い越しが見ごたえあるってことですよね。

次戦は今週末のヨーロッパGPです。お間違えのないよう。
やっとBARホンダ復帰です。マクラーレン、ルノーと対抗できるマシンに仕上がっているのか?とにかく期待しましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/19

RSSリーダー

なるものを使い始めました。BeckyのPlug-inですけど。

かなり便利です。これでいろいろなサイトを巡回する時間を節約できそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/17

エンジンへのツッコミ

先週に続いて、マニアック(でもないか)なツッコミをば。

1) 目で見てわかるほど左右のセッティング狂っていたら、アンダーとかオーバーとかの話じゃないでしょ。で、テスターも何も使わずにセッティング出しするレーサー上がりのメカニックも凄いが、見ただけで直っているとわかるメカニックも凄いし、走らずにこれでいいんだと確信するレーサーはもっと凄い。

2) 冷えたエンジン、始動して、空ぶかしして、すぐ止めたら、カブっちゃうよ~。いくら山奥でもあんな夜中にエンジンかけるのはマズイような。。。

3) ガソリン抜くでしょ。保管時は。

4) サーキットのピットには保管しないよねぇ。もしや、あれはチーム泉谷のプライベートサーキット?

5) クルーだけならともかく、レーサーも一緒ならバンでは移動しないでしょう

6) 秘書(?)はあの状況で同行しないと思うし。

たった10分くらいのサーキットシーンしかちゃんと見てない。。。
別にだから何ってわけじゃないです。どちらかというとレーサーが月9の主人公になったことに感謝?しているくらいですから。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/05/10

レースがわかっていない?

勉強の息抜き・・・

今日の「エンジン」で、泉谷監督(役名は知らん)の言葉を少し考えてみました。

「前と同じだ、考えろ」・・・1
「レースとは何かがわかっていない」・・・2
「メカニックでなら雇ってやる」・・・3

1>
チームのファーストドライバーの顔に泥を塗るとは何事だ。特にスポンサーの御曹司ではないか。速けりゃいいってわけじゃない。レースは金がかかるんだ。金が必要なんだ。

2>
お前が速いのはわかっている。でも速さを証明するのはレースでやるべきだ。今回のプライベートテスト中の模擬レースでいくら結果を出してもスポンサーはついてこない。

3>
まとめると、レースには金が必要、そしてペイ・ドライバー(スポンサーを引き連れてくるドライバー)をクビにするためには、それと同等のスポンサーが必要だ。そのためには、公式レースで結果を出さなくてはならない。金を集められないなら、そのチャンスがめぐって来るのを待つしかない。チーム内にいれば、そのチャンスを活かせる可能性は高まる。ドライバーとして契約するのは、スポンサー契約がまとまったときだ。

ちょっと話がズレますけど、「13歳のハローワーク」(村上龍)のレーサーのところを見ると、結構シビアで的を得たことが書いてありました。見た目は華やかだけど、現実は厳しいぞ、みたいな。それでも挑戦したいんだ、という若者に対するアドバイスが全くなかったので、僭越ながら私が補足を。

13歳でレーサー志望のあなたへ。
・裕福な家庭で、両親もレーサーを目指すことに賛成してくれるなら今すぐ、レーシングカートを始めて、きちんとしたスクールでレッスンを受けてください。そして全日本選手権のチャンピオンを目指してください。
・普通の家庭で、自己資金もスポンサーもいない人は、高校生になってアルバイトしながらレーシングカートの世界に入ってください。今、できることは、(1)身体を鍛えるために何かスポーツをやること。できれば持久力がつくものが望ましい、(2)英語と物理の勉強をしっかりすること。必ず将来役に立ちます。の2点です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/05/06

BAR 2戦出場禁止

コメントでネタ振りがあったので、スレ立ち上げです。。。

限られた情報から判断するに、BARのレギュレーション違反は否定できないような気がします。「サブタンクの燃料がなければマシンは動かない、だから最低重量は常に維持できている」とBARは主張していますが、これは、「燃料をバラストに使ってはいけない」というレギュレーションに対する説明にはなっていません。サブタンクは燃料タンクの右下に前後方向に長くつけられており、時計周りのサーキットでイン側に荷重をかける、という役割は十分に果たしているように思います。(www.formula1.comでの記事を参考にしました)

レギュレーション違反が避けられないとしても、2戦出場停止処分というのは、ファンを無視した最低な裁定(苦笑)です。ポイント剥奪、罰金ではなぜダメなのか。出場禁止は、FIAの威厳を保つためのものでしかなく、観戦するファンは「レギュレーションに合致したクルマでの全20台勝負」を見たいはずです。レギュレーション違反に対する制裁は、ポイント剥奪&罰金がふさわしく、ドライバーに落ち度がないならば、グリッド降格や出場禁止などにすべきではないと思います。

別の視点から見ると、ホンダはこの燃料タンク構造を知っていたのか?
寝耳に水、ということだと、関係者の大量処分があるような・・・

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »