« 31巻発売されました | トップページ | 民法の教科書 »

2005/06/20

F1 アメリカGP

朝起きて、結果だけ見ました・・・?!

どういうこと?
時差がありすぎて、アメリカGPはフリー走行も予選も見ていない(実はカナダGPも途中までしか見ていない)のですが、シュー弟の事故原因ってそんなに根本的なものだったのか。。。

観戦しに行った人は怒っているだろうなぁ。
来年はアメリカGP、チケット全く売れずに「無観客レース」になったりしないだろうか。

これを機にフォーミュラカーのトップカテゴリーの分裂が具体化しそうだ。
みんなでリタイアしようと決めたミシュランユーザーのチームもチームだが、それを回避する対応をしなかったFIAもFIAだ。ターン13にシケインつくるならつくるで、フェラーリがそれを認めないならチーム判断でシケイン不通過にすればいいだけで、その上でレースを終了させ(当然フェラーリが優勝すると思うが)、終了後に公式記録をどうするかの裁定すればよかったのではないか、と思う。現在のトップチームはルノー、マクラーレンなわけで、それらのチームが出走しないレース(厳密には出走したことにはなるのかな)なんてあっちゃいけない。

それにしてもBARは最初からこの事態を予測していたのかもしれない。
カナダGPで2台ともリタイヤしたのに、エンジンを交換しなかった。
「タイヤがもたないからまともなレースはできない。ならば次のレースを新品エンジンで勝負する方がマシ」という判断をしていたのかもしれない。金曜日には予想もしなかったことだが。。。

|

« 31巻発売されました | トップページ | 民法の教科書 »

コメント

せっかく、3時に起きたのに…
10周程度見たら寝ました。
いくら何でも、今回のは酷すぎます。
ペットボトルを投げ込みたくなる気持ちも分かるわ。
<でも、ホントに投げ込むのは止めましょう。

投稿: しょーご | 2005/06/20 12:57

何か今年のF-1って、いろいろありますねぇ~・・・今回は、つい見逃してしまいました・・・

投稿: yu-pa | 2005/06/20 14:37

最初から20周目まで見ました。
ひどい・・・

見所が全くない。チーム毎に車速差がありすぎるし、チームメイト同士はバトルしない。そりゃそうだ、完走すれば2台ともポイントなのだから。

バリチェロが踏んだペットボトル、シュー兄はライン外して避けたように見えたけど、やはりあれは避けたのかな。。。

ちなみにコース上にペットボトルを投げ入れる行為は殺人未遂だと思います。感覚的にでなく、法的にも・・・

投稿: さわじぃ | 2005/06/22 01:19

記事の争点がイマイチわからないんですけど。。。
自分的には、BSは○でミシュランは×と理解してしまったんですが。
タイヤに合せてコース変更を要望するって変じゃないんですか?
雨がふったら、ドライタイヤじゃ危ないから、レースを中止しろというのと同じレベルじゃないのかな?  素人です。すみません

投稿: てきどん | 2005/06/22 18:48

ルール通りに取り仕切ったんだからなにが悪いのという考えもありますが、そのルールとは本質的に何のためにあるのがということを考えるとF1を興行的に盛り上げるために(もちろん安全確保もあるでしょうが)あるはずでそう考えるとわざわざサーキットに足を運んだ観客やTVで視聴している人をないがしろにした点では大きな問題だと思います。今回の一件でF1は観客をあまり大事にしていないということが証明されてしまったわけでそれが今後どう影響するのか気になります。
たぶんお客様に見に来て頂いているという感覚はFIAにはなくて観戦させてあげているという感覚なのだと思います。

投稿: くりはら | 2005/06/22 23:38

考え方はいろいろあると思いますが、私の考えはくりはらさんと近いです。

レギュレーションは大事ですし、状況によってコロコロ変えてはいけないと思いますが、何のためのレギュレーションなのか?ということを無視してはいけないと思っています。

私はレギュレーションの目的は「公平な条件下でレースを行うため」だと思っています。では、なぜレースは公平な条件でなくてはならないのか?それは究極的には、与えられた条件下で「誰が、どのクルマが速いのか」を観戦してもらって、ファンに楽しんでもらうためだと思います。

もし世界中で一人もF1を見る人がいなくなったら、報道にも取り上げられなくなり、スポンサー企業は現れず、自動車メーカーはプロモーションにならないような活動にお金をかけることもないと思うので、結局はF1そのものが成り立たない、と思います。ということは、やはりサーキットに足を運んでチケットを買ってくれる人のみならず、見る人全てのことを第一優先で考えるべきだと思うのです。つまり、レギュレーションよりもファンを優先させるべきだ、というのが私の考えです。

もちろん、レギュレーションを守ったチームと守らなかったチームで相応の報償と罰則があるべきだと思いますが、タイヤメーカーが安全確保の保証ができないと宣言している非常事態なのですがら、そこで臨機応変な対応をせずに今回のような結果を招いたFIAは糾弾されてしかるべき、だと思ったのです。

原因をつくったミシュランは非難されても仕方ないですが、世界中に恥をさらしてでもドライバーや観客の安全を優先させたわけですから、倫理観のある企業という評価はできると思います。

ミシュランユーザーは安全確保できないタイヤではレースするという決断はできないでしょうし(ドライバーが了承しても観客を巻き込む恐れもありますから)、タイヤ変更もダメ、最終コーナーをゆっくり走れって言われてもそんな茶番ではファンは納得しないでしょうし、ならばリタイヤというのもやむをえないのかな、と思います。造反チームが出なかったというのも、問題の深刻さを物語っているのかもしれません。

BSおよびBSユーザーはレギュレーション通りにレースをしたわけで全く、何も悪くないと思います。逆に6台のドライバーはブーイングの中走り続けるということになり、被害者に含まれると思います。

そんなこんなで、手段は何でもいいから、14台が意図的にリタイヤするという状況は何が何でも回避すべきであっただろう、というのが記事の趣旨でした。自分が観戦しに行ったレースでアレをやられたら2度とF1は見なくなると思います。FIA管轄下のJAFのライセンスももう要らんと思って捨てるかも。

投稿: さわじぃ | 2005/06/23 01:46

確かに,今回の出来事の評価はほんと難しいですよね。私はよく分かりません(笑)。中継を見ていたときは,何でFIAは事態を収拾できなかったんだ!と憤りましたが,今は少なくともレースであのようなことになる前の判断としては間違ってなかったのかもしれないと思いはじめてます。(FIAが好きなわけじゃないです。笑)

例えば,格闘技の試合で,当日メインイベントの選手が会場に向かう途中で事故を起こされてしまい,怪我でまともな試合ができなくなったとします。全力では戦えないし,最後まで持つか分からない,しかも全力で戦えば選手生命を絶たれる可能性だってある,という事態です。そのような場合,会場に来ていた客が,金払って見に来ているのは客なんだから,とにかくそいつを引っ張り出してきてタイトルマッチじゃなくてもいいから試合をさせろ!と主催者に文句言うことってあるとは思うんです。でも,現実的には難しいと思うんですよね。

というのも,何よりも対戦相手がいるわけですし,主催者がノンタイトルのエキシビションマッチにしてしまったら,今度は対戦相手のファンが黙っていないと思います。通常は不戦勝でタイトルゲット!になるわけですから,当然,今度はその人たちがペットボトルや座布団を投げ込んでくる可能性だってあります。なので,観客のことを考えるとはいっても,決して一枚岩じゃないと思うんですよね。

一方で,怪我をした選手から観客のことを考えてエキシビションマッチにしたいという提案をしてきたとしても,対戦相手が同意しない限りは,やっぱり主催者は強行できないと思いますし,それをやってしまったら一方の論理だけを認めることになりますので,レギュレーションの話以前にそんなことする主催者は信用できないと思います。なので,正しいとは言いませんが,レース前の判断としては間違ってるとも言えないので,FIAを責めるのも酷かなあという感じなんです。

とはいえ,よく考えると,格闘技では不戦勝というのが多いですけど,K1ではリザーブ選手でタイトルマッチをやっちゃうんですよね。これって今まで何で?って思ってましたけど,よくできてると思います。F1も,今後今回のようなことがないとも限らないので,K1のように誰もが納得できるような何らかの手立てを考えてくれればいいんですけど。

・・・といろいろ考えても,結局は例のコンコルド協定にまつわる対立図式(FIA+フェラーリvs他チーム),ようは政治的問題なんですよね。Mユーザでもマシンとのバランスでタイヤに問題が出てなくてレースしたかったチームもあったそうですし,BSユーザでもフェラーリ以外の2チームはリタイヤすることにレース前は賛同していたといいますし。うーん,どうなるんだ?

投稿: GUN | 2005/06/24 06:13

既に発生した事態に対する対応としては、FIAは主催者として「事実上」レースは成立していない(恐らくルール上は成立しているのでしょう)のだから、観客に対して最低限チケット代を払い戻すべきだと思います(裁判上では、交通費・宿泊費・休業補償などが請求に含まれるでしょうが、恐らく認められないでしょう。FIA側の誠意として、一律いくら、みたいなことは可能かもしれませんが)。

FIAはファンに対して責任を果たした上で、その損害賠償をミシュラン(リタイヤチーム→ミシュランという経由もありうる)に請求すべきでしょう。これには観客への払い戻し分プラス信用失墜分の損害が含まれるかな。

これをしないでFIAが払い戻しをツッパネ続けたらFIAがファンを無視しているという批判は完全に的を得たものだと思います。

ここからは「たら・れば」です。
ミシュランユーザーが安全にレースをするためには
1)ミシュランが追加で用意したタイヤを使わせる(未登録タイヤの使用&予選と決勝の間のタイヤ交換)
2)最終コーナーでの速度制限(レイアウトそのまま)
3)最終コーナーのコース変更(シケイン設置)
という選択肢があったはずで、私は、以下のような解決策がよかったのではないかと思います。

選択肢1。ただし、タイヤ交換はレギュレーション違反が明らかなので、レース結果の公式記録からはミシュランユーザーは全て抹消(選手権としては6台レースとほぼ同様の結果)。ただし、ミシュランユーザー間での相対的順位は次戦フランスGPの予選出走順位に反映させる。ミシュランユーザーにとっては選手権に関係ないレースとなるが、参戦義務はチームには残し、意図的なリタイヤなどをしたら、相応の制裁を課す。公式記録から抹消されることによる損害はチームからミシュランに請求する。

どうでしょう。

投稿: さわじぃ | 2005/06/24 07:07

またまた格闘技の例で考えると,メインイベントは成立しなくても,他の試合が成立している場合,払い戻しは厳しいと思います。その代わりに,次回以降,同じカードを開催することを約束すると思うのですが,今回の場合はどうなんでしょうね(サポートレースとかあったのかな?)。そのやり方をまねると,最初からグリッドにつかずにレースを不成立にしておいて,時期を改めて再度開催する,ってことになるんでしょうけど,実現は難しそうですね。払い戻しをする義務も残念ながらないとは思うのですが,さわじぃさんのおっしゃるように,やるとすごいですよね(リスクマネージメントとして)。せめてファンに対して,何らかのプレゼント?とか具体的なサービスを提供するなどのことは,最低限したほうがいいんじゃないかなあと思います。

レースの対応については,私も選択肢1がよかったと思います。ただ,ミシュランが持ち込んできた新タイヤも同じ欠陥でダメだったようですね。なので,10周以下ごとにタイヤ交換するしかなかったわけで,個人的にはそれでもやって欲しかったです。規定本数以上のタイヤ交換をしたチームはそれに対してそれなりのペナルティを受ければ,形としては通常のレースですしね。しかも,タイヤの調子が悪くてペースを落とす,マシンの状態を考慮して,走り方を工夫するというのは,普通にやってることでしょうから。

おしむらくは,Mユーザでも走れたチームがいたのに,相談して全員が走らないことを選んでしまったことです。ルノーなんかは,タイヤ大丈夫だったみたいで,ホントは走りたかったんじゃないかなあ。実際,ピットに戻ってきたときに,アロンソが「他のチームは帰ってきた?みんな約束守ってる?」と無線で言ったのが流れてましたよね(笑)

BARに関しては微妙で,前日までは,タイヤは大丈夫で走りたがってるという情報が流れてましたけど,当日のかわいちゃん情報だと, BARがリタイヤにすることを実は先導していたって言ってましたね。で,約束では最初からグリッドにつかないはずだったのに,何とBARはグリッドに先に着いちゃってて,他のチームが慌てて,残り5分でマシンを出したとか。さらに,例のBS2チームは,結局約束を裏切ってしまったわけですし。ということは,今回リタイヤしたチームもはっきりしてなかったんじゃないかなあ。

ともかく,普通に?レースをやっていれば,Mユーザでも完走するチームもいれば,リタイヤする周回も変わってくるでしょうから,次のレースへの影響も通常の範囲内と考えることもできたと思います。ある程度,センサーでタイヤが逝っちゃう前の兆候は分かってるようでしたから,本当に危ないチームは走ったとしてもそれで対応できたんじゃないかなあという気がします。あるいは,そのようなチームだけ,今回は棄権するということもあってよかったんじゃないでしょうかね。何も全チームが徒党を組まなくてもって感じです。

そうそう,かわいちゃんが放送ではいえないことがたくさんあるって言ってました(笑)<結局,わたしはかわいちゃんの話がおもしろくて,最後まで見てしまった。

投稿: GUN | 2005/06/24 15:22

最初に聞いたときは、ごく単純に 「ミシュランは、インディアナポリスの特殊
性に合わせたタイヤが準備できなかった」のだと思っていました。
でも、予選のころには既に”別の仕様のタイヤ”の空輸を手配していたらしい。
”インディアナポリス用の耐久性の高いタイヤ”が別に製造されていたのだろう
か?
それとも、”以前に使った別のサーキット用のタイヤ(余り?)”を空輸したの
だろうか?

後者ではあるはずがない、と思う。 ”他のサーキット用のスペックのタイヤで
、インディアナポリスの高速性に対応できる”くらいなら、予選で使用したものは、
あのようなトラブルは出ないと思う。

多分、急きょ空輸したのは、”インディアナポリス用だが、耐久性寄り”な物では
ないかと思う。
しかも、7チーム分あったとすると、単なるテストタイヤではない。
もしそうだとすると、タイヤチョイス(開発?)を失敗したのはミシュランである。
USAといえば、BS(ファイアストン)の第2のホームグランプリでもあるので、
ミシュランは”勝負スペック”をチョイスしたのかもしれない。

もし、上記だとすると・・・
このような状態の時、タイヤの交換をペナルティ無にOKしてしまったら・・・
裏をかいて、「予選用の裏タイヤを使う」(あくまでも、決勝も使うとの態度で)
予選後、「危険なので、別のタイヤを使わせてほしい」->「OKが出るとする」
ライフの長いタイヤで、有利なポジションからスタートできる。
というような裏技が実施できてしまう(そう毎回使える手ではないが)。

でも、レギュレーションの裏をかいて、何とか有利な手立てを考えるのは、今ま
でも行われてきたこと。
だから、そこまで案じての「タイヤ交換NG」かは判らないが、
結果として「交換NG」自体は判断が正しかったのではないかと思う。
特殊な前例を作ってしまったら、それに悩まされるのはFIAだけでなく、見ている
側も「???」ということが起きる可能性があると思う。

ミシュラン勢が多数を占め、尚且つ、チャンピオン候補も含んでいたから変な結果を
招いたわけで、もし「ピレリ、2チーム」なんていう場合だったら「あぁ、棄権ね」
で終わりだったと思う。
大勢だったからFIAの対応もうまくいかなかったともいえるし、大勢のユーザーを
抱えるならミシュランももっと慎重に、とも思います。
・・・もっとも、シビアなレースの世界で、「慎重に・・・」とは似合わないコトバ
かも知れませんが。

投稿: Den8 | 2005/06/24 19:36

いろいろな人がコメントしてくだって嬉しい限りです。私が読んだりした情報と違うところもあり、実際のところ真実は闇の中といったところでしょうか。

ミシュランはモナコGPからタイヤの構造を大きく変えたらしく、新しく空輸したのはスペインGP以前の旧構造のタイヤ、と認識していました。それもダメだった、というのは知りませんでした。(いやインディをそのタイヤでは誰も走っていないので実際のところは不明なのでしょうが)

フェラーリ以外はどのチームもグリッドにつかないはずだったのに、最初に出て行ったのはジョーダンだと聞きました。3位に目がくらんだ、と。

で、以下は私見。

私もペナルティなしのタイヤ交換やシケイン設置などの特別対応は絶対ダメだと思います。Den8さんが言われている通り、レギュレーションが意味をなさなくなってしまいます。特別対応を認めるにしても、レギュレーションを守り続けたチーム(事実上BS陣だけでしょうが)とのバランスを考えると、公式記録的には特例措置のおかげでレースに参加できたチームはレギュレーションを守ったチームを上回ってはいけないと思います。つまり、ミシュラン勢とBS勢は違うクラスでレースをしろ、ということです。それがミシュランを選択したことに起因するリスクだし、ポイントもらえないんだったらレースしない、というチームがあったら、そのチームがファンからブーイングを受ければいいわけで・・・

それから、ミシュラン勢全員リタイヤという合意をしていなかったら、結局全チーム(トヨタは棄権かな)がレースをやることになったと思います。ただし、そのときは(ミシュラン曰く)大事故のリスクは常にあったわけで、ドライバーだけでなく観客を巻き込む可能性も否定できない以上、この合意はやむをえなかったかも、とも思います。

それから、10周毎のタイヤ交換を繰り返したら(そんなに新品タイヤがないので結局完走できない、という話もありますが)、それ自体がレギュレーション違反(交換後、明らかなトラブルがタイヤに認められなかった場合)なので、3回くらい交換したあたりで、黒旗振られてミシュラン勢全車失格、なんてことになったかもしれません。「それがレギュレーションだ」と言われたらそれまでですから。

アメリカGP、来年どうなるんだろう。

投稿: さわじぃ | 2005/06/25 16:30

(F1GPニュース情報ネタバレありです!!)


昨日のF1GPニュースを見て,いくつか私の情報間違ってました(汗)。グリッドに,先に着いたのBARじゃなかったみたいですね。すみません。

でも,びっくりしたのは,実は,FIAはミシュランが持ち込んだ新タイヤ,認めてたらしいですね。使ってもよい,と。結局ミシュランが,(どこ用のタイヤかは失念しましたが)予選のやつと構造が同じなのでリスクは変わらないから,という理由で,自ら引っ込めたみたいです。

かわいちゃんもいってましたが,ミシュランユーザがシケインをつくってくれというのは,バレーボールの試合で,背の低いチームがネットを下げてくれといってるようなものでありえないと大林さんに説明してました(笑)。というか,FIAでも(偉い人ではなく)現場の人たちがストップをかけたらしいですね。急場しのぎのものでは安全性が確保できないと。また,シケインをつくったからといって,ミシュランタイヤが大丈夫かどうかも分からない,という話もしてました。

あと,やっぱジョーダンとかフェラーリ以外のBS組に対しては,他のチームが「寝返った」と言ってたらしいですね・・・かわいちゃん,また奥歯に物が挟まった言い方しかしてませんでしたが,パワーゲームの要素が多すぎると,連呼してました(笑)

投稿: GUN | 2005/06/25 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/4629701

この記事へのトラックバック一覧です: F1 アメリカGP:

» アメリカGP 決勝(>_ [oceanus]
今まで観たレースの中で、 一番面白くないレースになってしまいました。 ミシュランユーザーは、 フォーメーションラップのみで、 ブリジストンの6台のみのレースです。 もちろん、フェラーリ1・2です。 二度とこんな事が起きないように 考えないとだよ。 1. M.シ..... [続きを読む]

受信: 2005/06/20 06:13

» F1米国GPは出走6台だけ [アスピリンカフェでちょっと一息]
- 読売新聞 - 米国GPは出走6台だけ…ミシュラン使用7チーム棄権 F1-Live.com - アメリカGP:レース フェラーリが今季初優勝! ミシュランに異例の事態 フリー走行でラルフ・シューマッハーがタイヤのトラブルで壁に激突した 事によりミシュラン製タイヤの不具合が発覚 ミシュラン製のタイヤを使用する7チームが出走をボイコット ブリヂストン製タイヤを使うフェラーリなど3チーム6台のみで レースが続けられる異常事態と�... [続きを読む]

受信: 2005/06/20 06:21

« 31巻発売されました | トップページ | 民法の教科書 »