« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/28

ドラマ エンジン ファイナルラップ

今日(正確には昨日)が最終回でした。

レース前日の夜にコース上には入れないだろう、といういつもツッコミはさておき・・・

レース中にキムタクが応援されているのを横目で見るシーン、思わず昨年のパーティレースを思い出しました。皆さんの応援、ちゃんと見えていたし(スタンドはさすがに見る余裕なかったですが、ピットの上なら視界に入りますから)、励みにもなりました。

今考えても、人生で最高の瞬間でした。最高の1日でした。
いや別に私の人生が今終わるわけじゃないですが。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/06/24

民法の教科書

思わず書き込まずにはいられない・・・

以下の引用は、近江幸治著「民法講義V 契約法第2版」(成文堂)P232、請負契約の所有権帰属の説明の中での例です。

引用開始↓
例えば、顧客Aが、中古車業者Bに、往年の名車トヨタ2000GT1台の製作を頼んだとしよう。Bは、ポンコツの2000GT2台を基礎とし、他から部品を調達して1台のカスタム名車を完成させた場合に、「請負」だからといって、Aは、代金も支払わないまま、その完成と同時に所有権を取得するだろうか
引用終わり↑

普通、請負契約とかの例って家とかオーダーメイドの服とかが多いと思うんですけど、まさか2000GTが出てくるとは・・・かなりマニアックな例で、大半の人は現代で2000GTを復活させる請負契約がどんなことを意味するのかわからないと思うのですが・・・ま、そんなことわからなくても説明の流れ上は問題ないのですが。

近江先生、タダモノではないな。
要注意人物リストに追加しておこう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/06/20

F1 アメリカGP

朝起きて、結果だけ見ました・・・?!

どういうこと?
時差がありすぎて、アメリカGPはフリー走行も予選も見ていない(実はカナダGPも途中までしか見ていない)のですが、シュー弟の事故原因ってそんなに根本的なものだったのか。。。

観戦しに行った人は怒っているだろうなぁ。
来年はアメリカGP、チケット全く売れずに「無観客レース」になったりしないだろうか。

これを機にフォーミュラカーのトップカテゴリーの分裂が具体化しそうだ。
みんなでリタイアしようと決めたミシュランユーザーのチームもチームだが、それを回避する対応をしなかったFIAもFIAだ。ターン13にシケインつくるならつくるで、フェラーリがそれを認めないならチーム判断でシケイン不通過にすればいいだけで、その上でレースを終了させ(当然フェラーリが優勝すると思うが)、終了後に公式記録をどうするかの裁定すればよかったのではないか、と思う。現在のトップチームはルノー、マクラーレンなわけで、それらのチームが出走しないレース(厳密には出走したことにはなるのかな)なんてあっちゃいけない。

それにしてもBARは最初からこの事態を予測していたのかもしれない。
カナダGPで2台ともリタイヤしたのに、エンジンを交換しなかった。
「タイヤがもたないからまともなレースはできない。ならば次のレースを新品エンジンで勝負する方がマシ」という判断をしていたのかもしれない。金曜日には予想もしなかったことだが。。。

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2005/06/07

31巻発売されました

イニDです。昨日発売でした。
購入される方、マンガ喫茶で読まれる方はどうぞ。

イニDキャラで私は涼介ファンなのですが(あのクールさの中に秘めた闘志がいいのです)、啓介とも共感するところが多々あります。私は別にGT-Rを毛嫌いしているわけではありませんが、GT-Rとかランエボとかで軟弱な走りをしている輩を見ると「クルマが泣いているぜ」と思います。

ちょっとネタバレをコメントに。。。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »