« RX-8 リアブレーキ | トップページ | ストーブリーグ »

2005/07/29

和解

太田哲也さんの裁判、和解しましたね。

和解金では治療費すら賄えないとは思いますが、「一切損害賠償責任は負わない」という誓約書からのスタートですから、意味ある和解だと思います。

モータースポーツで必ずある一方的な誓約書ですが、持論では消費者契約法(太田さんの裁判ではこの法律が施行前だったので民法90条で争った・・・はず)で損害賠償云々の条項は無効だと思っています。ただ、モータースポーツという危険な行為を行う以上、全てが自己責任という点は大前提だと思うのですが(特にアマチュアではいつでも「やらない、やっぱりやめた」という選択肢があるわけですから)、自己責任を果たした上で損害を受け、その損害が第三者の過失、重大な過失に基づくものであったら、その人が損害を賠償すべきだと思います。

従って、何でもかんでも主催者やサーキット側が責任を取れ、と主張しているのではなく(そんなことしたらイベント参加料がリスクを見込んで10倍とかになるかもしれない・・・それは困る)、お互いキッチリやるべきことはやりましょう、それに失敗したら責任をとりましょう、ということです。

ちなみにこの裁判、大学院の面接時に自己PRのネタとして使わせていただきました。趣味にモータースポーツとか書いていて、法律と絡めるにはこの上ない内容でした。

さらに蛇足ですが、新卒の就職活動のときは、A・セナの死をネタにしました。どんな話にしたかは追々。

こんなんばっかりだなぁ。

|

« RX-8 リアブレーキ | トップページ | ストーブリーグ »

コメント

私のこの裁判、気になっていたんですが、和解したんですね。
98年当時はモータースポーツから遠ざかっていた時期だったので、雑誌で読んだ内容しかわかりませんが、太田さんの主張が認められて良かったと思っています。
走行会などでも主催者の不備による事故も起きているようなので、こういった事件(?)を見て気を引きしめなくちゃですね(自分も含めて)。

投稿: かねぴー | 2005/07/29 22:50

どこまでが「不法行為」になるのか非常に微妙だとは思うのですが、主催者がまったく責任を放棄するという契約は、かなりおかしいですよね。公序良俗(90)よりも、信義誠実の原則に反していてそもそも・・という感覚ではいます。

自分は主催する立場ですが、やはりそういう面では訴訟リスクはあるかもな?という認識をもっています。となると、参加費は100倍だな(笑

投稿: エイトリアン | 2005/07/30 10:25

エイトリアンさん>
主催は大変かと思いますが、がんばってくださいね。普通のことを普通にしていれば何かあっても大問題にはなりにくいと思いますので・・・100倍はやめてください。

太田さんの裁判は確か、ローリングスタートのペースカーが悪天候にもかかわらず速すぎたこと(主催者側)、事故後の火災で消火活動が十分に行われなかったこと(施設管理者側)が損害賠償請求の理由だったと思う(記憶を頼りに書いています)ので、イベント中の普通の事故とはまたちょっと違うと思います。

この前(といっても大分前)のFニッポンの富士SW戦は大雨でストレートでスピンするクルマとかがいて、太田さんの事故のことが思い出されるなぁ、と思っていたら赤旗出ました。

投稿: さわじぃ | 2005/07/31 12:11

まずは”和解”で少し安心しました。
太田氏は、”生粋のフェラーリ使い”であること、出身が”群馬県”であることなど、現役時は注目していました。(私もフェラーリ好き)
報道での映像を見た限りでは、あの視界の悪さ(山の中腹でのFISCOでは、いつものこと)で、何でスタートしたのだろう?という疑問を持っていました。(争点ではないかもしれませんが)
尚、既知かもしれませんが、太田氏関連のHPです
http://www.keep-on-racing.com/

投稿: Den8 | 2005/07/31 16:31

スタート判断、どうでしたかね。。。判決文などを読んだのが大分前なので忘れてしまいました。

http://www.r-style.to/980503/

私のネタ元はここです。

投稿: さわじぃ | 2005/08/02 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/5212746

この記事へのトラックバック一覧です: 和解:

« RX-8 リアブレーキ | トップページ | ストーブリーグ »