« ストーブリーグ その2 | トップページ | たまにはいいニュースを »

2005/08/16

大逆転シナリオ

ついに正式発表された、バリチェロのBARホンダ加入。
ウイリアムズが「金(違約金)で解決」を受け入れ、バトンがBAR残留となった場合、琢磨のシートはほぼ確実になくなります。

その場合の、最も楽観的なシナリオを考えてみました。それくらいしかできないので(涙)。

バトンのBAR残留確定(2006年 BARはバトン&バリチェロ)

ウイリアムズはバトンからの違約金受領とともに、琢磨の受け入れ(2006年のレースドライバー契約)を発表(ハイドフェルドはBMWへ、ウイリアムズはウェバー&琢磨 体制)

2006年前半 ウイリアムズはコスワースエンジンで低迷

2006年夏、ウイリアムズは2007年以降のホンダからのエンジン供給契約を発表
(つまり、2006年に琢磨を受け入れることで2007年以降のホンダエンジンの入手を確約していた)

2007年 BARホンダよりも速いウイリアムズホンダに琢磨が乗ってF1初優勝
ターボ時代のウイリアムズホンダの実績を、2.4L V8エンジンのウイリアムズホンダで塗り替える!

だといいのだが。。。

今回のバリチェロとの契約がBARの暴走で(あってほしい)、琢磨を走らせたいホンダとの関係が急激に悪化したとすれば、ありえないシナリオではない。でも本当に琢磨がワールドチャンピオンを目指すのであれば、これくらいの強運は持っていないと、とも思う。今シーズン前半の低迷をその成功の布石としてしまうことになるのだから。。。

バトンはBARとホンダを信じて残留したのに、結局ホンダから見放されることに・・・哀れなレース人生。

それにしても、ニック・フライだけは許せん。もうバリチェロと契約することはほぼ確定していたのに、残り全戦ポイントとれば琢磨残留の可能性もあるみたいなコメントしていて。。。バトンが残留したら、残り全戦琢磨が表彰台に上ったってバトン&バリチェロだろうに。っていうか、サンマリノの失格の責任取って、今シーズン限りで更迭されること希望。

|

« ストーブリーグ その2 | トップページ | たまにはいいニュースを »

コメント

さわじぃさん、こんにちは。
「最も楽観的なシナリオ」悪くないですね!
TBさせていただきましたのでよろしくお願いいたします。

投稿: 郷秋 | 2005/08/16 22:13

バトンの件では、意固地にならずに「お金」で解決したF・ウイリアムズ。。。本件も感情より、実を取るべき。それでいこう。>エンジンだけというのはナシね。

http://fmotor.nifty.com/f1/2005/09/post_d571.html

ホンダエンジン載せて、さっくり勝ってしまったりしたら、BARの面目丸つぶれ。。。

投稿: さわじぃ | 2005/09/27 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/5499741

この記事へのトラックバック一覧です: 大逆転シナリオ:

» F1 2006年シーズンに向けて動く [郷秋の独り言]
 F1が2006年シーズンに向けて動き出した。 まず最初はフェリペ・マッサのフェラーリ入り(詳しくはこちら。そして、かねてより噂があったルーベンス・バリチェロのBAR入りが発表となった。マシン関係ではBMWエンジンを失う名門ウイリアムズがコスワースエンジンへのスイッチを発表。  有力チームのドライバーで最初に動いたのはフェラーリ。マッサのフェラーリ入りから離脱が確実になったバリチェロのBAR入りが発表とな�... [続きを読む]

受信: 2005/08/16 22:15

» 琢磨の来季は??? [ひとりの独り言]
F1=バリチェロがBARホンダに移籍 (ロイター) - goo ニュース 以前から噂されていたバリチェロのBARホンダへの移籍が正式に発表された。 問題はバトンの動向。ウィリアムズに移籍するのか残留するのか。 それによって琢磨の立場が大きく変わる。 バリチェロとバトンがいれば琢磨の出番は望めない。 かといって移籍できるチームがあるかは疑問。 今後の動向に目を離せない状況になってしまった。 ミハエル・シューマッハー�... [続きを読む]

受信: 2005/08/16 23:22

» サンマリノ []
[続きを読む]

受信: 2005/09/07 20:10

« ストーブリーグ その2 | トップページ | たまにはいいニュースを »