« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/24

そう、それでいいんだ

琢磨が決断しました。全面的に支持したいと思います。

マシンとしては一流かもしれないですが、チームとしては二流以下であることが、昨年~今年で明らかになったのですから、BARとは早めに縁を切った方がいいでしょう。ただし、ホンダとは良好な関係を維持した方がいいと思います。何があるか分からないのがF1だから。

前にも書いたとおり、私は琢磨はレース経験不足だと思っているので、F1トップチーム群(マクラーレン、ウイリアムズ、フェラーリ、ルノー)のテストドライバーでアピールを継続しつつ、他カテゴリーで実戦経験を積むのがいいのではないでしょうか。

2006年のレギュラーシート獲得は困難(ウイリアムズかミッドランド/現ジョーダン)ですが、100%ダメになるまではいいニュースを期待したいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/22

審判の日

ついに・・・発表されました。

もし今年、琢磨がバトンと同等の結果を出していたら、BARはバトン放出の保険としてバリチェロと契約することもなかったでしょう(バトン放出で、琢磨とデビッドソンで戦えると判断できれば)。そういう意味では、100%チームやホンダを責めることもできない。でもやっぱり納得はできないな。

バトンもバリチェロも複数年契約だろうし、BARに残っても飼い殺し状態だろうから、出て行くしかないでしょう。そして、今の段階でテストドライバーになることも無意味さは彼にも十分分かっているだろうから、出て行く決断をして欲しい。バリチェロとの契約に、パフォーマンス条項(バトンとの差が一定以上ついたらチームに解雇権発生)があるなら検討の余地はあるかもしれないけど・・・(マシンだけでなくタイヤも違いますからね)

やはり、ホンダエンジンを餌にして、ウイリアムズに売り込みだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/19

ETCマイレージ制度

突然のメールで、ETC前払い制度がなくなることを知りました。ETCマイレージ制度に引き継がれるとか。。。

これってどうなんでしょう。前払いでなくなるから、キャッシュフロー的にはプラスですが、

1 首都高などは別制度(首都圏在住者には致命的では?)
2 有料道路とかで対象外(ポイント付与・利用)の道路がある
3 移行キャンペーン(ポイント2倍)期間がとても短い

首都高については、要確認(ご存知の方いたら教えてください)ですが、マイレージ制度とは全く別制度ということは、前払い制度でクレジットした分でも通行料割引が利くような・・・

つまり、来年3月までのポイント2倍期間は確かに20%以上の割引率になる可能性がありますが、その期間を過ぎれば、首都高や一部有料道路を除いたJHの高速道路のみ対象のMAX13%割引ということになる、ということと理解しました。

このあたりから、私は前払い制度利用の方がオトクと判断し、同制度の残金追加の締切日に上限ギリギリまで5万円(プレミアム13%、首都高利用の場合はプラスアルファあり)2口あるいは3口を申し込もうと思います。

皆さんはどう思われます?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/09/15

在外邦人の選挙権

画期的な最高裁判決が出ました。

まぁ、判決に対する評価は専門家に任すとして・・・ここで覚えておきたいのは、この判決(海外に住んでいる日本人の選挙権、正確には投票権にやむをえない理由なしに制約を課す法律は憲法違反、国会はそのような法律を改正する義務がある)に対して、従来の判例と同様の立場(海外に住んでいる日本人に選挙権を認めるかどうかは国会の裁量)から、反対意見を付した裁判官(2人いたかな)。その価値観、一般人の感覚と合っているかなぁ・・・国家賠償を認めるかどうかは、微妙な問題だと思いますが・・・

私はきちんとメモしておいて、次の最高裁判事の国民審査でこの裁判官が出てきたときには、考慮して判断したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/11

あぁぁ

それ、ダメだよぉ@スパ。

来年のシートが遠のいていく。。。っていうか決定的にダメかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »