« MINEサーキット閉鎖の法的責任(1) | トップページ | 着メロで「アドレナリンどっぱどぱ(R)秋山渉」 »

2006/01/16

MINEサーキット閉鎖の法的責任(2)

前回の続きです。

チョロQモーターズの損害賠償責任が肯定されたことを前提に、どのような損害(JNR-Aの場合)が賠償の範囲となるのかの検討です。民法416条で判断されることになります。同条には、通常損害(1項)、特別損害(2項)という区別があり、きちんと認定しなければならないのですが、ここでは私が主観的に通常損害あるいは当事者が予見できる特別損害と認定できるものを前提に挙げています(ちょっと広めに捉えました)。

1.既に印刷してしまったパンフレットの訂正費用
 全体を作り直すのはやりすぎなので、該当ページに貼るシールとか、パンフレットと同時配布する注意書きとかの制作費が必要でしょう。あと微々たるものでしょうが、ウェブページの変更も必要ですね。

2.訂正の周知費用
 オートサロンで配布した不特定の方については、もうどうしようもないので、ウェブサイトで周知し続けるしかないでしょう。過去の参加者など、特定できる場合は郵送で訂正を送るべきでしょう。

3.第三者からの損害賠償
 MINEサーキットでのイベントに向けて何らかの準備を既に開始しており、それをキャンセルすることで第三者から請求される損害があれば、その額。

4.イベントの利益補償
 もし2005年度のMINEサーキットでのイベントが黒字であれば、同レベルの利益をイベントキャンセルで失うことが想定されます。

今思いつくのはこれくらいでしょうか。4の替わりに「代替イベント開催のための追加費用」も考えられないことはないのですが、開催地域、開催時期、サーキットの選択、収支見込みなどにおいて、代替性の認定するのは非常に困難だと思いましたので、第4戦を別途企画するのにしても、それはMINEをキャンセルして精算した上で別途考える、としたがスッキリすると思います。

また、当然のことながら、サーキット閉鎖ならば履行不能なので、利用契約を解除(民法543条)し、予約金や利用料の支払等が一部でもあれば、それらの返還請求(545条)は損害賠償とは別に可能です。


と、2回に分けて、勝手にいろいろと想像しましたが、どのような処理をするのかは当事者間の問題ですので、それを見守ることにしましょう。

|

« MINEサーキット閉鎖の法的責任(1) | トップページ | 着メロで「アドレナリンどっぱどぱ(R)秋山渉」 »

コメント

久しぶりの法律ネタですね。
民法バリバリですねぇ…懐かしい。

本件に関して、契約の実態がどうなっているかが第一のポイントですが、これについては公開されていませんので、この記事に書かれたことを前提とした場合、さわじぃさんの仰る通りでよろしいかと…

損害賠償の段で、実質的な損害以外にも…JNR-Aがすでに今年のスケジュールを正式に告知している以上、組織としての信用を損ねた…という点でも賠償請求出来るかもしれませんね…どうでしょうか?

ちなみに、私の専攻は…労働法でした…大分変わったし、もうほとんど忘れてしまいましたが…汗

投稿: yu-pa | 2006/01/17 11:32

マツダが買う事になったので、他の施設が出来きてテストの秘密管理が必要になるまで通常営業をしてくれれば全部回避。

って、それ以降も土日祝祭日には一般開放して欲しいな。

投稿: jaway | 2006/01/17 13:36

jawayさんの仰るように、マツダが買い取ることになったようですね…マツダファンのために、広く開放してくれると良いのですが…

関東圏にも、全長4km位のサーキットを作ってくれたらなぁ…>マツダさん!

投稿: yu-pa | 2006/01/17 17:38

>サーキットを作ってくれたらなぁ

新規作るのは、既存施設買うより、二桁くらい高かったりするので厳しいでしょう。(?)

投稿: jaway | 2006/01/17 19:05

筑波が実質マツダのサーキットになっているような気がします。
http://www.kanepee.jp/blog/archives/articles/161.php
の3枚目の写真参照

投稿: かねぴー | 2006/01/17 19:48

>筑波が実質マツダのサーキットになっているような気がします。

マツダはビッグスポンサーかも知れませんけど、筑波は財団法人・日本オートスポーツセンターの所有ですよ。
オートレースのレーサー教育用のオーバルがありますが、あれが本来のメインの施設で、TC2000とTC1000は付属施設です。
本業はこれなんです。↓でも本業は赤字かも。
http://www.autorace.or.jp/

投稿: jaway | 2006/01/17 20:04

たしかに。
筑波のライセンス講習の時にそんなことを言っていたのを思い出しました。
普段筑波サーキットに行ってもあまり目にしないので忘れてました(笑

投稿: かねぴー | 2006/01/17 20:22

ちょっと忙しくしていたら、大きく事情が変わってきましたね。。。

yu-paさん>
信用毀損の損害賠償額の算定ってどうしましょう?上場企業なら株価、大規模取引先からの契約解除などが想定されますが、因果関係の認定が非常に困難のような・・・(その他の事情も絡んでくるもの、ということで)

jawayさん、かねぴーさん>
筑波サーキットなら、手を上げるスポンサーは結構いるでしょうね。全長は短めですが、あの最終コーナーは攻め甲斐があります。

投稿: さわじぃ | 2006/01/18 12:52

>信用毀損の損害賠償額の算定ってどうしましょう?

確かに賠償額の算定基準を考えるのが難しいですね…やはりココは法曹界定番の類似案件の「判例」をもとに算定する…のかな?

投稿: yu-pa | 2006/01/18 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/8186789

この記事へのトラックバック一覧です: MINEサーキット閉鎖の法的責任(2):

« MINEサーキット閉鎖の法的責任(1) | トップページ | 着メロで「アドレナリンどっぱどぱ(R)秋山渉」 »