« RX-7ミーティング 2006 SPRING | トップページ | 井出→モンターニ »

2006/05/03

第3回 エイトリアンカップ

7ミから中1日、再び筑波サーキットへ。日曜日の気候から一転、肌寒い、雨が降ったり止んだりのコンディションでした。

過去に1回だけ土砂降りの中、筑波2000を走ったことがあるのですが、その時は17秒台でした(ドライのベストが10秒くらいのとき)。。。だって雨って怖いじゃないですか。。。

で、第1ヒート。久しぶりのDSC ONで走行。そこいら中でDSCが介入します。特にブレーキ残しながら向きを変えようとすると・・・ガガガガ・・・と。ブレーキにもタイヤにも良くなさそうなので、とりあえず一押し解除。。。意外と行けそうなのでちょっとペースアップ。。。ブレーキングポイントをちょっと早めるのと、ダンロップと80Rのアクセルワークに注意しながら、段々調子出てきたぞ~と思ったらチェッカー。10秒938。

待機場所に戻って、トップタイムを確認すると、7秒台。。。?????えーっと、今は何月だっけ?。それから、えーっと路面状況は良かったっけ?・・・とりあえず、どう転んでも7秒台は出せないので、2位以下10秒台の集団の中でも順位アップを目指す。

エア圧調整と、減衰力をドライ用に変更。そんなことしてたらあっという間に第2ヒート。

DSCは一押し。基本的には1ヒート目後半の走りを継続。前を走るのは、雨宮LSDを入れたばかりのMSV。総じて1コーナーで若干差が縮まり、80Rで離される、という感じで、ほぼ同じ間隔を保ったままかなりの周回を重ねる。これだけ全開(もちろん路面コンディションに応じて、の意味)で走っても、渋滞に巻き込まれないって、まるでレースをしているような感じです。いやぁ、走りやすかった。。。で、結果は9秒102。

3ヒート目は完全にウェット。雨が止みません。最初の数周はアタックを試みましたが、ベストを更新できる状況ではないので、練習走行時間と割り切って、アクセルワークの練習(DSC一押しなので、ブレーキで向きを変える練習はできない)に徹しました。特に最終コーナーはゆっくりめに入って、横Gかけながら、ちょっとアクセル多めに開けて、ズルっという感覚を身体に叩き込むようにしました。雨はドンドンひどくなり、路面状況もドンドン悪くなっていく中、ダンロップでアクセルを開けすぎてハーフスピン、久しぶりに芝刈りをしてしまいました。

結局2ヒート目のタイムで総合順位が決まり、MOREクラス3位でした。
所用のため、じゃんけん大会は参加できずに早退。無念。(ココがかい!)

|

« RX-7ミーティング 2006 SPRING | トップページ | 井出→モンターニ »

コメント

wetななか、10秒や9秒台なんてすごすぎます。
自分ではまともに走れる状況ではないですね。
もし、自分が参加してたら、おそらく黄旗の連続で、一人で皆さんに迷惑をかけていたでしょうから、みなさんのためにも参加しなくて良かったかもと感じてます。
7秒台って… 4駆の設定ありましたっけ?

投稿: てきどん | 2006/05/03 17:28

てきどんさん>

3ヒート目は常時ワイパー必要な状態で、完全なウェットでしたが、1&2ヒートめは雨上がりでレコーディングラインが乾き始めた・・・小雨・・・乾き始めた・・・小雨、という感じでしたので、9秒台はドライセッティングでちょっと大事に走った程度のもので、特別なことじゃないですよ。ダンロップと80Rはよく滑りましたが・・・

投稿: さわじぃ | 2006/05/03 18:32

自分ならば、湿った状態でもビビリウィング炸裂でしょねw

上のres一部訂正
 参加しなくて→参加できなくて m(__)m

投稿: てきどん | 2006/05/03 21:37

LSDの某氏です。
そうかー。やはり1コーナー、ブレーキングが早い気がしてたんですよね~。

やはりあそこが詰めるポイントか・・・
ありがとうございます。

しかしまた負けた・・・。

投稿: エイトリアン | 2006/05/03 22:04

 2ヒート目、先を走る2台を追ったのですが・・・またもや後塵を浴びて・・・
 リベ~リベ~リベ~・・・ばっかりだぁ~!

投稿: re_arai | 2006/05/04 06:37

エイトリアンさん>

大井さんの攻略方法に忠実な走りだな~と思いましたよ。各所で自分と随分ラインが違うので、参考になります。いろいろ試してみよっと。

ダンロップ~80Rで離されるのは、ステアのタイミングとアクセル開度の関係なのか(腕の差)、LSD/タイヤ幅(245vs235)/ダウンフォース(リアスポ)/エンジン(MSVvsType-S)の違いなのか(車両の差)、不明ですが、このうちのいくつか近い将来同等レベルにしますので、その時また検証しよう。

re_araiさん>

とりあえず、コンプレッションテストへ・・・
問題なければ、あとは走りこみの量かと・・・(筑波ライセンスをどうぞ)

投稿: さわじぃ | 2006/05/04 09:24

師匠、今回も色々ご指導有難うございました。
それにしても、あのコンディションで10秒切りはやはり凄いです!…私はとても踏んで行く気がしませんでした…汗
それでも、滑り易い分「ああするとこうなる」というクルマの動きの基本は勉強になった気がします。
次回からはMOREクラスにステップアップ(?)しますので、今後ともよろしくお願いしますネ!

投稿: yu-pa | 2006/05/04 11:29

今回も完敗でした(泣)
1ヒート目は2番手だったので、これはいけるかと思いましたがやはり甘かったですね。
次回一緒に走れるのは何時になるか分かりませんが、それまでに修行してきます。
俺もLSD入れようかな~!?ファイナルも一緒に(爆)
でも組むの邪魔くさそう。

投稿: ニッシー | 2006/05/04 19:46

yu-paさん>

ご指導なんて何もしてませんよ~。私もあの状況では限界なんてサッパリわかりません。なので、1ヒートめはとりあえず軽く流して・・・リザルトを見て、「もちょっと行けそうかな~(1位のタイムは見なかったことにする)」と思って、2ヒート目に入ったら、前に離されたくない相手(あとで「さわじぃさん、チギったやったぜエイト」とか言われたくない相手)がいたので、高速コーナー以外はほぼいつも通り走った結果があのタイムなので、自分でもよくわかりません。。。久しぶりにDSC1オシで走りましたが、ブレーキングで挙動が乱れないっていうのは、ウェットだと強い味方ですね。。。

ニッシーさん>

かろうじて迎撃できました。一応、走り慣れたサーキットですから、何が何でも負けるわけにはいきませぬ。

投稿: さわじぃ | 2006/05/06 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/9881171

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回 エイトリアンカップ:

« RX-7ミーティング 2006 SPRING | トップページ | 井出→モンターニ »