« 2ヶ月ぶり | トップページ | JRSCC LTA 第4戦(番外編) »

2006/08/13

JRSCC LTA 第4戦

結局Sタイヤで走ることができないまま、ぶっつけ本番。
Sタイヤで初めて走ることに相当不安があったのですが、前日、R Magicのおーはらさんと話をしている中で、初めてハイグリップラジアルで走った時の衝撃の延長線上にあるだろう、ということに気づいた。それまで純正タイヤしか知らず、初めて01Rで走行したとき「え?これで曲がっちゃうの?」と思ったのはおよそ2年前。そうかそうか。とちょっと安心した。

第1ヒート。
DLは温まりにくい、というお話があったので、アウトラップで入念にローリング。最終コーナーはゆっくり入って1コーナーでいつも通りにところでブレーキング。いつものブレーキング時間の半分(感覚的にです)で十分な減速。あわててブレーキを緩めてステアを切る。ほほぅ、これがSタイヤか・・・で、とりあえず探りながら走行。ラジアルと違うのはブレーキングに必要な時間と、リアが流れた時の粘り。滑ってもアクセル緩める必要はほとんどなく、ズル、キュって感じでスライドが収束してくれる感じ。結構おもしろい。数周してコントロールタワーを見る。上から、4(エイトリアンさん)、8(てきどんさん)、1(私)という順。。。ラジアルのてきどんさんに負けている。。。ヤバすぎ。
ということで、ここまでの経験を元に「こんなもんだろ」くらいの感覚でアタックしてみる。今回はやけにクリアラップが取りずらいので、苦労しながら何とか出したタイムが8秒796。コントロールタワーを見るとかろうじて2位。1位は何秒くらいなんだろう、と思いながらチェッカー。

パドックで情報収集すると、暫定1位のエイトリアンさんは7秒台。結構差がある。次で逆転できるか???

第2ヒート
タイヤの温めはそこそこにアウトラップから前をドンドン抜く。クリアラップが取れそうな状況になかなかならないので、とりあえずアタック。自己ベスト少し更新。水温警告(後付メーター)がうるさいのでクーリング・・・で、再度アタック・・・若干ベスト更新で8秒529。7秒台にいれなければ優勝はないのだが、試行錯誤をしている時間はもうない。。。後ろから紺のMSVが見えたので先行させて走りをコピーする作戦に。

80Rで先行させ何とかついていく・・・1コーナーの突っ込み。ふむふむ。1ヘアに差し掛かったところで他車に追いついたので、MSVはスロー走行に。私はそのまま空いているイン側を抜けてアタック継続。2ヘアを立ち上がったところで、前方15mくらいにRX-8が。。。その先にももう1台RX-8。バックストレートで抜かさせてくれないかな~と期待しつつ、アクセル全開。。。差は縮まらず。。。100m看板附近で先行車減速、前方2台のRX-8がサイドバイサイド@推定時速95km。そのままメインストレートのコース幅が広くなるまでお付き合いで、10秒台。時間的に次にコントロールラインに戻ってきたらチェッカー、というタイミングだったのですが、ラストチャンスにかけてスピード上げましたが、結局そのまま終了。

結果
A-2クラス準優勝(2回連続)。Sタイヤの走り方の試行錯誤がまだまだ必要。ベストラップの車載を見る限り、まだまだ詰められそう。前回は雨の中、自分とクルマの限界でアタックして2位でしたが、今回はクルマの限界を出し切れずに2位。ま、これは仕方ないな、という感じ。別記事へのコメントで書きましたが、私はまだラジアル中心で活動しますので、Sタイヤでの結果はあまり気にしないようにします。(クラス分けがある場合はラジアルクラスで参加。クラス分けがない場合は、その都度判断=周囲次第)

今回はやはり運営はヒドイもんでした。それは後日、番外編で。

|

« 2ヶ月ぶり | トップページ | JRSCC LTA 第4戦(番外編) »

コメント

なるほど~参考になります。
 今回、Sタイヤどころか参戦出来ずスミマセンでした。まだまだ、チャンスありますので~尽く宜しくです。

投稿: re_arai | 2006/08/13 22:53

コメント遅くなりました。

私もSタイヤ歴は浅いのですが、Sタイヤは無理してタイムを出すという感覚でした。

とにかくタイヤグリップを限界まで使う縦のブレーキング、それからブレーキを残しながらアンダー覚悟で横Gに移行。
これの試行錯誤でブレーキングポイント等が少し見えてきたという感じです。

ただ、まだ筑波は4ヒートしか走っていないので、良くわかっていないというのも事実です・・・・。

投稿: RTEエイトリアン | 2006/08/15 08:26

re_araiさん>

もてぎは、コース攻略技術の勝負、でしょうね。周回数も少ないでしょうし、パッシングするポイントも分からないから、運も必要かな。

エイトリアンさん>

参考になります。アンダー覚悟でコーナーリングへ移行って、変なクセがついたらイヤだなぁ。

投稿: さわじぃ | 2006/08/15 12:19

いや、アンダー覚悟で入っていって、あ、ココはだめだったと思ったらブレーキングポイントをもう少し前にってカンジで変更していくってコトです。

そうでもしないと、ブレーキングポイントが前すぎてSタイヤのおいしいポイントをわからず仕舞いってなっちゃうんです。

投稿: RTEエイトリアン | 2006/08/15 15:39

あ、そういうことでしたか。ラジアルでの攻め方と同じですね。ただ、Sタイヤの方がいざというときフルブレーキでコース上で止まれる可能性が高いから安全かな。

横方向のグリップもいつもと随分違うな~という感触があったのですが、それはタイヤ幅の差(235→245)によるところも大きいですね、きっと。

投稿: さわじぃ | 2006/08/15 16:34

初カキコです☆

話がまったくズレる(Sタイヤ云々)んですが、お礼を一言。。。。
2年前のコメント『え?これで曲がっ・・・』
我が家の稟議書に添付させていただきます(笑)

投稿: ル~パァン☆ | 2006/08/16 09:06

ル~パァン☆さん>

ついにハイグリップラジアルですか。。。楽しみですね。。。

でも、新たな問題がありますよ。
タイヤをハイグリップに替えると、純正足回りだと、今までとは比較にならないくらいロールするようになります。。。で、今度は足が欲しくなるんですね~。。。で、足を入れると今度は横Gに対して身体が支えられなくなって・・・シートが必要ですね。。。ま、ここまでは一連の流れです。止まりません。ハイ。

投稿: さわじぃ | 2006/08/17 12:37

・・・ハイ。

投稿: かねぴー | 2006/08/17 13:39

カンケーないとこで質問です。
ボンネットの中の内張り剥がすと
熱、下がります?
すでに結構うるさいんで、遮音性が… とかは
気にしないんですけど。
レギュレーションによく書いてある
「内張りは剥がしちゃいけない」みたいなのは
室内だけのはなしですよね。。。

投稿: てきどん | 2006/08/17 17:04

てきどんさん>

うーん、分かりません。熱が下がるかどうかも、レギュレーションの話も。純正ボンネットで小細工するよりも、穴の開いているエアロボンネットにした方が熱対策上は効果あるような気もしますが・・・

投稿: さわじぃ | 2006/08/18 05:42

STYLEの掲示板に、ボンネット後端のウェザストリップを外すと空気が抜けやすくなる、という書き込みがあったので、穴あきボンネットにすればだいぶ効果があるかも知れませんね。
今度、ドリル持っていきましょうか?(笑

投稿: かねぴー | 2006/08/18 11:03

>ボンネット後端のウェザストリップを外すと…
MSCTにて既に試しましたが、効果は「焼け石に水」w

考えてみましたが、
「水温を下げれば油温も下がる」よりも、
「油温が上がれば水温も上がる」のほうが勝っているようなので、
なんとか油温自体を下げていく方向で考えていきたいと思います。

投稿: てきどん | 2006/08/18 17:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/11420690

この記事へのトラックバック一覧です: JRSCC LTA 第4戦:

« 2ヶ月ぶり | トップページ | JRSCC LTA 第4戦(番外編) »