« JRSCC LTA 第4戦 | トップページ | 富士スピードウェイ ショートコース初走行 »

2006/08/14

JRSCC LTA 第4戦(番外編)

運営について。
最悪の運営でした。第1戦とどちらがヒドかったかな。う~ん。

まず車検。何度もクルマの周りをグルグル。コレじゃ時間かかるわな。見るところなんて決まっているんだから、完全にマニュアル化して効率を上げるべき。あれなら半分の時間でもっとキッチリできるはず。

そして、ドラミ。もともとタイスケでは、ドラミ終了後20分でコースインとなっていた。VIPルームから歩いてクルマまで戻って5分。全車両がパドックへ移動に10分。ということはクルマに戻ってからの準備はほとんど時間がない、ということ。ホントに大丈夫か?と思っていたら、ドラミはVIPルームじゃなくて、売店前で青空ミーティングでした。こんなの初めてだ。

しかもなかなか始まらない。拡声器で叫んでもコース上を走るクルマの音にかき消されてあまり聞こえない。やっと始まったと思ったらコースはクリアに、場内アナウンスでは「ラップタイムアタック A組のコースインです」とか言っている(私A組です)。そんなの完全無視でフラッグの説明(イエローがなくて取りに行くとか手際悪い)、質問も受け付けたり(あの状況ならば、質問がある人は残ってください、でいいと思うのだが)、自分たちがコース占有時間を無駄に使っていることを意識しているんだかしていないんだか分からず、ダラダラ。

当初はA組は最後に移動だったのに、時間がないから最初の移動に変更。それがパドック側に伝わっていなくて、そのままピットロードへ行くはずが、パドックに整列させられそうになる。<このくらいはお約束か。

で、今回一番の問題の慣熟走行。今回は帰省渋滞を見越して早めに出たら、到着1番で結果、ペースカーの直後を走ることになりました。あの時間のないドラミで「慣熟走行のペースカーは筑波のレコードラインを通りますので、全員がそのラインをトレースできるように皆さん協力してください」と言っていたにもかかわらず・・・レコードラインとはかけ離れた、ただコース上を走っているだけ、という先導でした。車載があるので確認しながら、具体的に書くと、

【1コーナー】
イン・イン・イン(アウトラップなのでこれは正解)
【S字左】
無視(爆1)。1コーナーをインで立ち上がったままアウト・ミドル・ミドル。
【S字右】
イン側の縁石まで車両1台分以上あるイン寄りミドルで通過。(爆2)
【1ヘア】
車載にちゃんと写っていないが、感覚的にはコース幅のど真ん中あたりを走行。立ち上がりは完全にミドル。(核爆)
【ダンロップ】
そのままコースど真ん中を走ってダンロップ進入。ダンロップのイン側縁石まで1m以上、立ち上がりはミドル。(核爆x10)
【80R】
ダンロップの立ち上がりからそのままミドル・ミドル・ちょいアウトよりミドル。そのままコースのど真ん中を走って2へア進入。(地球破壊爆)

1度でも走ったことがある人なら、コレがレコードラインではないことは明らか。相当ヒドイ、というか時間の無駄以外何者でもない。それなら、この時間アタックさせろ、という感じ。筑波のルールで慣熟走行しなけりゃいけないからやりました、というのが事実だろう。

クレームでもするか。「証拠は挙がってんだ、認めちまいな、ラクになるぜ」だ。<意味不明

そして第1ヒート。走りづらい。台数はそんなに多くないはずなのに、走りづらい。
第2ヒート。同上。ま、こりゃ仕方ない。Aライ講習でアタック目的でない参加者がいるから。各走行枠で4~5台はそのようなクルマがいた。C組とかはトップとのタイム差でかくて返って危険だと思うが・・・あと、Aライ講習目的の参加者だと思うが、トライアル中黒旗無視してましたが・・・彼はAライ取得できたのだろうか・・・(失格だと競技参加記録がないからダメなはずだが・・・リザルトにタイム出ているからOKか)

表彰式は、いつもと同じく、「片づけが終わった方からVIPルームへ」と言い始めてから30分以上は始まらない。というか、参加者はほとんど集まっているのにスタッフは誰一人来ない。これでいいのか?

サーキットトライアルのJAF公式シリーズ戦という、非常に位置づけ的には魅力的なイベントなので、今後の改善に期待したい、という気持ちで書きました。。。イヤ、ホントに。昨年の第1戦はキッチリ運営していたと思うんだけどな~。

|

« JRSCC LTA 第4戦 | トップページ | 富士スピードウェイ ショートコース初走行 »

コメント

>場内アナウンスでは「ラップタイムアタック
>A組のコースインです」とか言っている

 これ、もしかしてA組の走行時間が削られてるってことですか……?

投稿: RTE深海 | 2006/08/15 11:08

いやいや、10分押しくらいでその後進行していきました。走行時間が削られたら、暴動が起きるでしょう。(正確にはオレが起こすのか)

投稿: さわじぃ | 2006/08/15 12:20

あれ?風来坊さん情報によれば、5分くらい削られたらしいですよ。
20分慣熟込みの予定が、15分慣熟込みになったとか。

俺は意識してなかったし、どうせ途中で退出したので関係ありませんでしたが・・。

投稿: RTEエイトリアン | 2006/08/15 15:37

いや、計測ラップが私で23周、最多で24周あるので、70秒平均ラップ+アウトラップx2と考えると、慣熟抜きのピットロードシグナルグリーンからチェッカーまでの時間は合計30分はあったと思いますよ。

20分慣熟込み=15分トライアル+慣熟+待ち時間だと思えば、いつもそんなもんかと。

投稿: さわじぃ | 2006/08/15 16:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/11429679

この記事へのトラックバック一覧です: JRSCC LTA 第4戦(番外編):

« JRSCC LTA 第4戦 | トップページ | 富士スピードウェイ ショートコース初走行 »