« 代理母出産子の出生届 | トップページ | 反省の弁 »

2006/10/21

Danke Michael

『BMWザウバーF1』、シューマッハに謝意

粋だね~。

BMW(というクルマ)、あんまり好きじゃなかったんだけど、ちょっとポイントアップ。
ま、一生買うことはないと思うけど。

|

« 代理母出産子の出生届 | トップページ | 反省の弁 »

コメント

BMW、粋ですねぇ。メルセデスじゃないところが色々想像できて面白いです。(^^)
ドロドロのF1界では珍しい心温まるニュースじゃないでしょうか。あ、シューが来年ザウバーのスタッフに入るなんてのはないですよね?(^^;

投稿: かとけん | 2006/10/21 22:57

今、ブラジルF1の決勝見ました。シューマッハ凄いですね。タイヤバーストで最下位から4位です。前車のパスは見ものでした。草レースでも参考になります。

投稿: RTEドコデモ8 | 2006/10/23 23:02

かとけんさん>

BMWのこの行為は「粋」って言葉がしっくりきますよね。で、これ英語ではどういうんだろう?という好奇心で英語のソースを調べたのですが、これに関する記事が見つからず、結局わからない。。。

ドコデモ8さん>

実はまだブラジルGPは見ていないんです。朝起きて奇跡が起こらなかったことだけ確認しました。ライコネンのパスシーンだけはニュースで見ました。う~ん。。。いなくなってしまう実感がわかないなぁ。

投稿: さわじぃ | 2006/10/24 12:26

サイトのレース。デビューしてから今までのこと全て見せてくれたように思います。ポディウムに立つよりすばらしい走りをしてくれましたね。

BMWザウバーのリアウィングが粉々になって宙を待ったとき、「まさか」と思いましたが、そのまさかが本当に起こってしまうとは思いもしませんでした。

レースでたら、もし論はタブーかも知れないけれど、もし、シューマッハの2回のスローダウンが無かったら、彼はポディウムに立っていたでしょうね。

最後のインタビューも無く、静かに去っていってしまいました。テレビでは流れてなかったですが、ピットに戻ったシューマッハはアロンソの肩を叩き、ひと言二言話をしていました。さて、彼らは何を話していたのでしょうか。

「ありがとう、楽しかったよ」とお互いはなしたのでしょうか。

投稿: もりた | 2006/10/26 00:27

もりたさん>

シューマッハにとって、セナはライバルというか目標だったでしょうし、本領を発揮し始めたときにセナはスランプに悩んでいて、そうこうしているうちに旅立ってしまった。

その後はフェラーリを再建しつつヒル、ビルヌーブ、ハッキネン、ライコネン、アロンソというライバルとチャンピオン争いをしてきたわけですが、今年のように勝てそうで勝てなかったのは初めてではないかと思っています。

私の最後の言葉の予測は、「おもしろくないレースさせて悪かったな。」です。(シューが1位を走行していたら、アロンソはリタイヤしたら終わりなわけで、その意味では最初から最後までアロンソにとってはラクなレースだったと。ワールドチャンピオン獲得レースを台無しにしてゴメン、という意味で)

投稿: さわじぃ | 2006/10/26 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/12360724

この記事へのトラックバック一覧です: Danke Michael:

« 代理母出産子の出生届 | トップページ | 反省の弁 »