« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/21

Danke Michael

『BMWザウバーF1』、シューマッハに謝意

粋だね~。

BMW(というクルマ)、あんまり好きじゃなかったんだけど、ちょっとポイントアップ。
ま、一生買うことはないと思うけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/10/14

代理母出産子の出生届

話題になってから少し時間が経ってしまいましたが、ちょっと考えてみました。

法律論、一般論を抜きにして、心情的に考えると、生物学上は父子関係・母子関係ともに「実子」なのであるから、代理母出産で生まれた子供を実子として扱ってもいいじゃないか、という気もします。

しかし、法律的にどうか(裁判では、特に最高裁では具体的事件に対する法律解釈ですから)、と言われると、現時点では実子としての出生届は認めるべきではない、と思います。

なぜ認めるべきでないか。理由は以下のような問題発生の危険があり、法整備が全くなされていないだけでなく、社会通念がどのように形成されていくのか、その方向性すら今の段階では見えないからです。

そして、最も重視すべきことは「代理母出産」で生まれてくることを自らの意思と全く関係ないところで決められた「子の幸福」であり、それが「実子」でなく「養子」としたことでどれだけ侵害されるのか、という点であり、法律的な親子関係(相続や扶養義務など)においては実子と養子は何も変わらないので、問題となるのは、「養子」ということで差別されたり、就職や結婚で不当な扱いを受けないか、ということだと思います。これから形成されていく社会通念によるところが大きいですが、代理母出産を理由とする「養子」であれば、問題ないように思います。(というか不当な扱いをすること自体がナンセンスだ、という社会通念が形成されなければならない)

以下、「実子」と区別できない出生届・戸籍記載を認めた場合の問題点のうち、思いついたものです。

(1) 代理母出産の手段化のおそれ
向井さんのように病気でやむを得ず代理母出産を選択するのではなく、仕事を休みたくないとか、妊婦として制約のある生活を送るのがイヤだからとかで、代理母出産を利用する人が出てくるのではないか。

(2) 金銭授受の可能性
1とも関係しますが、お金で回避できるなら支払う、という人と、お金をもらえるなら代理母を引き受ける、という人がでてくるのではないか。絶妙なタイミングで臓器提供に金銭が絡んだ問題が発覚していますが、出産についても同様の問題が出てくる可能性は高いのではないか。

(3) 法が想定していない
現在は、母子関係の成立は「分娩」によります(判例)。父子関係は分娩のような明らかな事実がないため、民法772条によって推定され、一定期間否認の主張がなされないことによって確定します(774条、777条)。つまり、制約ありますが父親は子との関係を否定する手段がありますが、母親は否定する手段がありません(「分娩」以外の方法で子が生まれることが想定されていない)。
ということは、もし、自分が提供した卵子(と夫が提供した精子)を用いて代理母出産をしてもらい、それを実子として出生届をしてしまうと、母親が「おかしいな」と思ったときに母子関係を否定することができません。父子関係の規定を類推適用するのは、子の福祉のために、親子関係を安定させるために様々な制約を課している民法(親族法)の趣旨に反し、認めるべきではありません。

ちょっと法律をかじった程度の私でさえ、問題が次々と思いつくのですから、もっともっと「実子としての出生届」を認めた場合の問題はあると思います。

あまりじっくり考えたわけではないので、おかしな点も多々があると思いますが、ご容赦ください。どなたかに、ズバっと切られたら意見が変わるかもしれません。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/10/08

F1 日本GP 決勝

最悪の結果だ。<チャンピオンシップの話
相当ヤバイ。
車検違反で失格とかにならないだろうか・・・ならないだろうな。

琢磨選手はできる限りの中でがんばったと思う。惜しいのは第一スティントのタイムが伸びなかったこと。第一スティントで前の車と離されなければ、もうちょっと前にいられたかも?でもよくやったと思う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/10/07

F1 日本GP 予選

終わりました。

う~ん。結局スーパーアグリは、Q2進出ならず。マシンの限界っぽいですね。左近の方は。。。ブラジルGPを前にして解雇の可能性あるなぁ・・・

Q2ではライコネンが・・・デラロサもパっとしなかったことを考えると、これもマシンの限界?
Q2のシューマッハ(兄)のタイムはすごいですね。やはりズバ抜けていますね。鈴鹿を知り尽くしているというか。

Q3はキレイにチーム毎に並びましたが・・・2列目にトヨタ2台が来るとは想定の範囲外。中国GPではあんなにヒドかったのに、なぜ?一方ホンダはパッとせず。。。最後の鈴鹿なのに・・・

明日の決勝、アロンソがどこまで挽回するか。仲が良くないとされている兄弟がスタート直後の1コーナーで絡むとか・・・いかん、いかん、そんな縁起でもないこと考えたら。でも、セナ・プロ以来の名場面にはなると思うけど。

明日も目が離せません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/03

5年契約?

今日(厳密には昨日だが)の日経に、「富士スピードウェイでの日本GP開催契約は5年契約」という記事が出ていました。

マジ?

5年も鈴鹿での開催がないこと確定?
コース的に富士でのF1レースに見所があるとは思えないんですけど・・・
淡々と進むレースになりそうな予感。。。

サーキット関連施設はキレイで立派みたいだけど、周辺施設、交通アクセスの面でFIAからダメ出しくらって・・・というシナリオにならないだろうか・・・それか、トヨタがどうしても勝てなくてF1あきらめるとか・・・

とにかく、金と政治力使って契約にこぎつけたトヨタ。。。反感買うぞ、絶対。
トヨタの招待客でスタンドは埋まるだろうが、コアなファンはすぐ飽きそうだ。

さて、どうなることやら。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/10/01

F1 中国GP

さすが。

2回目のアウトラップ(ハーフウェット&ドライタイヤ)の切れっぷり。アレにつきる。
本当にすばらしい。うんうん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »