« Danke Michael | トップページ | 2世ドライバー »

2006/11/02

反省の弁

意気込んで臨んだ岡山遠征でしたが、結果は惨敗でした。

書きたくないが結果。

10/27 前日練習
第1ヒート:2分00秒56 (DSC ON)
第2ヒート:1分58秒38 (DSC ON)
※いずれも手元計測(HKS)

10/28 本番
第1ヒート:1分59秒713 (DSC ON)
第2ヒート:1分59秒729 (DSC 1押しOFF)
RX-8 MOREクラス 13位 (ToT)

何が問題だったのか。今後のために自己分析。

(1) 自分を見失っていたこと
初めてサーキットということでビビりすぎ、ドライでは絶対に長押しOFFにするDSCをONで走行。最初のヒートはともかく、前日の第2ヒート以降は少なくとも1OFFにするべきだった。基本的にDSC OFFで走っている私はDSC ONでのタイムの出し方なんて知らない。DSC ONで56秒台を記録した人がいたりとか、ONのまま自分でも58秒台を出せたりしたので、「このままでそこそこ戦えるのか?」と勘違いしてしまった。最初からDSC OFFで徐々にコーナーリングスピードを上げていく、というのがいつもの自分。初遠征、初サーキットということでいつもと全然違うことをやってしまった。これが一番の敗因。

(2) イメトレ不足
初サーキットにもかかわらず、表彰台に上ったRTEの二人はゲームを相当やりこんでいた模様。私は、グランツーリスモ以外のゲームは意味がないと思って全然やらず、車載映像を自分の頭に叩き込んでイメージトレーニングしていた。でも、それでは全然役に立たないことがよくわかった。まずは自分で走ってみて(たとえゲームであっても)、それと他人のラインを比較してどうか、という検討をする必要があった。これもいつもやっていること。それを怠った。

(3) サーキット走行の勘
サーキット走行は1ヵ月半ぶりでした。前回は筑波オータムカップの前日の練習走行。それからなかなか走る機会がとれずに岡山遠征を迎えてしまった。走り慣れたサーキットなら数周でリカバーできるものだが、初めてサーキットだと、「スポーツ走行モード」に切り替わるのに時間がかかった。

(4) クルマ?
ほんの少しだがストレートエンドの速度が他人より遅かった。アトウッドの立ち上がりが下手なだけなのか、それとも何かの前兆なのか。とりあえず土曜日の筑波で分かる。

ま、そんなこんなで前日出したタイムにすら程遠いタイムで、初の岡山遠征本番を終えました。前日出したタイムを本番で出しても順位は11位なので、大して変わらないのですが、自分の中での達成感は全然違う。自分を出し切れなかったところが、悔しさの最大要因。

今後は、まずは筑波で感覚を取り戻した後、借り物車両でレース@筑波、その後初めてのツリンリンクもてぎ、という予定。もてぎはJRSCC ラップタイムアタックシリーズのシリーズチャンピオンがかかった大事な一戦。岡山の教訓を活かし、バッチリ対策を立てて臨みます。

|

« Danke Michael | トップページ | 2世ドライバー »

コメント

自分にプレッシャーをかけるのはある意味必要だと思ったりしますが、かけすぎると本来のさわじぃさんの走りを見失ってしまう気がしたり?
楽しく走る気持ちを忘れないでくらはいね。
頑張っちよ!さわじぃさん(^_-)-☆

投稿: ヨッピー | 2006/11/03 00:56

>、「このままでそこそこ戦えるのか?」
で、出たタイムはやはり「そこそこ」
気持ちで既に負けてますよぉ
さわじぃさんらしくないです。

19日はSタイヤコンビを食らうつもりでがんばる!
走る前の気持ちと目標は意味もなくでっかいですw

投稿: てきどん | 2006/11/03 09:44

ヨッピーさん>

今思い返せば、コーナリングスピードの限界とかブレーキングポイントを探る努力が足りなかったんだと思います。筑波ばかり走っていたので、初めて走るサーキットでやらなければならないことを忘れていた、というのが真実だと思います。筑波だと数周走れば、その日のコンディションに合わせた走りをある程度(あくまで「ある程度」です)できてしまうので、その後のギリギリを探る走りを残り時間でやればいいのですが、結局岡山では、その最後の調整段階にまで行けなかった。その準備をゲームでやっておくべきだった、というところです。

もてぎはGT4があるので、それで合わせます。

てきどんさん>

さすがに、1時間も自分なりに攻めて走って、その上でのベストタイムに2秒も差があると、ガチンコ勝負はできないでしょう。相手も初サーキットであることを考えると、「余裕を持って(安全を確信した走りで)」出したタイムでしょうから、それと戦おうと思って無理したら、クルマを壊すリスクが飛躍的に高まりますので、それはちょっと無理。順位ではなくて、DSC ONのまま、あと1秒縮められるかどうか、という意味で「そこそこ」と考えたわけです。

ま、でもこの岡山遠征で失敗したことは必ず次(初サーキット、滅多に練習できないサーキットへの挑戦)に活きると思っています。

まずはもてぎですね。

投稿: さわじぃ | 2006/11/03 11:39

う~ん、残念でした。
…やはり1ヵ月半というブランクは大きい「ハンデ」だったのではないでしょうか。

パーティーレースでは、是非師匠らしい走りを披露して下さい…レンタル車両というハンデはありますが…現地には行けませんが、遠方より応援しております!頑張ってくださいネ~!!

投稿: yu-pa | 2006/11/04 17:14

今日は乙でした。
グランツーリスモってやっぱり参考になるのかしら。
でも、ブレーキのタッチとかアクセルのタッチ、ステアリングからして、全然別物ですよね?
わたし、グランツーリスモの中で、エイトぼこぼこになってます。それでも、参考になるのかな~・・・

投稿: めい | 2006/11/05 01:07

どもども。
パティレお待ちしております。
白、赤・・当然ですが青には負けませんよ。
しかし、赤2台と白一台は、予選で前に行かないようにしないとね。
私は、赤2台の前に出たいと思います、白③を宜しくです。

投稿: 風来坊 | 2006/11/05 02:11

yu-paさん>

1ヵ月半のブランク、最近の生活サイクルだと年2回あるわけですが、ファミリー走行@平日(休日と平日は別物だと昨日認識)を2枠くらい走ると勘が戻ってくることが多かったので、そのつもり(1時間も走ればなんとかなる?)で岡山に臨んじゃいました。その甘さが敗因です。

めいさん>

他のゲームではライン(コース)を覚えるくらいにとどまるかもしれませんが、GT4だとブレーキングと立ち上がりの研究は十分できると思います。これから2週間、もてぎをやりこむ予定ですが、記憶によると、
・アーケードモード
・タイヤは下から2つ目
・パワーはノーマルの20%落ち
・ウエイト10kg
くらいで、筑波のベストラップが合ってくるので、このあたりでどうかと・・・ちょっとブレーキが効きすぎるかな、という感じはしますが。でも、これは数年前に感じたものなので、今やるとまた違うかも。あと、ハンドルコントローラでないと効果は半減かも。ステアの切る、戻す、のタイミングが重要なので。

風来坊さん>

レーサーのみなさんの胸を借りるつもりで挑戦します。自分のミスでチャンピオン争いを台無しにしないように、ただそれだけを考えて、走ります。
ブッチギリの独走で優勝すれば、そんな心配をしないで済むので(笑)
前日の練習会は行きますか?

投稿: さわじぃ | 2006/11/05 10:08

めいさん>

Power 10%落ち
ウエイト ±0kg
N3タイヤ=Sタイヤ、N2タイヤ=ハイグリップラジアル

に修正します。
Power20%落ちだと、バックストレートで4速まで入らない。。。これでタイムも現実と大差ない感じです。

投稿: さわじぃ | 2006/11/05 21:38

>前日の練習会は行きますか?
残念ながら、レース当日の日帰りの強行スケジュール予定です。
まあ、帰りの運転手居るから・・。
ミーティングは出来ないので、メールにて。

投稿: 風来坊 | 2006/11/06 23:36

風来坊さん>

筑波2日連続走行というのは何度もありますが、宿泊するのは初めてです。なので体調のリズムは狂うかも?

投稿: さわじぃ | 2006/11/10 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/12531281

この記事へのトラックバック一覧です: 反省の弁:

« Danke Michael | トップページ | 2世ドライバー »