« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/23

2006年 スポーツ走行 回顧

誰かに抜かれる前に気持ちよく今年を振り返る(笑)。

■コース別回数(前年比)
・筑波サーキット2000 17回(+6) - 504LAPS(+135)
・富士スピードウェイ ショート 2回 - 108LAPS (初)
・岡山国際サーキット 2回 - 31LAPS(初)
・ツインリンクもてぎ ロードコース 1回 - 11LAPS(初)

筑波2000以外はいずれも今年初めて走りました。初走行のサーキットへの心構えと準備の大切さを知った1年でした。筑波1000を一度も走っていない、というのはちょっと驚き。来年は都合のよいタイミングでEZ Challengeがあれば、富士スピードウェイ本コースを走ってみようと思います。


■筑波サーキット コース2000のタイム
 1'07.451 (2005/12/04) → 1'06.51 (2006/12/20)

ついに6秒台に突入。R Magicさんの協力の下、クルマを仕上げながら、ライバルであり、仲間である方々と切磋琢磨してきた成果です。2006年12月20日時点で、把握している限りで、素人ドライブのラジアルRX-8で頂点に立てたことは、この上ない幸せです。このポジションをキープできるよう、さらにがんばります。


■入賞
Trophy2006
・JRSCCラップタイムアタック A-2クラス シリーズチャンピオン
 優勝3回(第1戦、第2戦、第5戦)
 準優勝2回(第3戦、第4戦)
・RX-7 Meeting 2006SPRING RX-8Rクラス 優勝
・第3回エイトリアンカップ 3位
・YRSスプリント2006第5戦 準優勝


3月のJRSCC第1戦で、JAF公式戦初優勝を飾ったことを皮切りに、若干の取りこぼし、スランプ(突っ込み禁止)はあったものの、概ね満足の行く結果。しかしながら、マツダスピードカップ(筑波オータムカップ)に出場できなかったことは後悔してもしきれない。来年は今年取り損ねたマツダスピードカップの優勝カップを狙います。

また、筑波2000ではウェットコンディションでドライほどの強さがないことを痛感。意識して練習することはできないが、苦手意識が出てくる前に克服したいところ。


■その他
Racing Team EIGHTLIEN(RTE)の発足に伴い入信w
この中でトップを目指すことは、素人RX-8使いのトップを目指すことと同義だと思っています。
私のモチベーションの源はRTEにあり。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/12/20

2006年走り納め・・・でついにラジアルの頂点へ

今年の走り納めは空いている平日のファミリー走行で、自己ベストを出して気持ちよく、という計画でした。ところが・・・平日のくせに台数多かったです。前日予約で、Y1は△、Y2は×、Y3は△。私はY1とY3を予約していました。

Y1枠 9:30~
先頭で並ぶ。やる気マンマン。セッティングは基本的にはTSR LTAと同じ。空気圧のみ先日のデータを生かして微調整。本日の最初の走行枠なので路面も汚れていそうだし、タイヤも念入りに暖めようとしていると、やはり台数が多くてなかなかいい場所が見つからない。仕方ないからちょっとつまりそうだけど、アタック開始・・・

気持ちよく丁寧に走って7秒2が出た!
よりこれで某氏を悔しがらせることに成功。<今日の第一の目的

これでリラックスできたのか、その数周後に、何台かを抜きながらのラップで6秒51!Hks6651x

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とにかくこりゃ調子いいぞ、コンディションもいいぞ、ということでもう一度アタックするもタイヤのピークは過ぎていて・・・でも6秒88!

もしやスリップストリームでコンマ何秒か稼いだかも?のベストラップ車載:1分6秒51
昨年のエイトリアンカップ以上のガッツポーズ&雄叫びつき(笑)
車載を見て思い出したのですが、80Rの速度の乗りがいつもと全然違いました。いつもあそこまでアウトに膨らまないのですが、このラップはあのラインが小回りの限界でした。
2ヘアと最終コーナーもパッシングでラインに制約があったので、うまくまとめれば5秒台は十分射程圏内だと思います。ビッグマウスでなくて、車載見れば皆さんまだまだいける、と思うでしょう。

いや、コリャマジ嬉しい。
一気にベストタイム1秒更新ですから・・・しかも当面の目標であった6秒5がアッサリと。。。
あ、ちなみにまだ秘密兵器を投入していない、06仕様さわじぃ号です。秘密兵器投入で、5秒台連発が視野に入ってきます・・・うむ。やったるぞ。今シーズン中に。

Y3枠 12:00~
さすがに気温も上がってきているし、台数もさっきよりも多い感じで、ベストを更新できそうにないので、無理せず流して、たまにアタック、というのを繰り返す。アタックラップでは7秒1が2回。よしよし、走りが安定してきたぞ~。こんな気持ちのいい日にクルマ壊したりトラブルが出たらイヤなので、その程度で終了。

と、いうわけで、最後の最後でR1Rのまず初めの目標タイムにほぼ到達。
もちろん、これ以上を狙わないわけではありませんが、今年はコレで充分です。岡山の屈辱も隅に追いやり、気持ちよく年を越せそうです。。。

何と言っても、権威ある(RTEポイントGET)エイトリアンBBSランキング@筑波本コースでラジアル1位の座を仕留めたのですから。いや、ホントに感激。JRSCCのシリーズチャンピオンよりこっちの方が意味がある。。。

だからお願いです。12/24のファミラとかで記録を塗り替えようと大人げなくアタックするのはやめてください>ALL
今年くらい、そっとしておいて。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006/12/18

TSR ラップタイムアタック第3戦 -走行編-

Team Stardust Racingのラップタイムアタックに初参加してきました。
12月16日開催、11/29の段階でエントリー13台、走りやすそう、と思ってエントリーしたのですが、結局30台フルエントリー。これなら申し込まないよ・・・今後は直前エントリーを意識しようと心に誓いました。

気を取り直して、マツスピリアウイングのシェイクダウン、ターボ車とのコーナー勝負と思って走ることに。。。

【第1ヒート】
やはり混んでいる。抜いたり抜かれたり・・・で、クリアラップなんか取れず。
ベストは1分8秒083。しかもタイヤはタレ気味の10周め。
これって、R1Rシェイクダウン(9月)に出したタイムと同じくらいじゃないか。。。

【第2ヒート】
あきらめ半分でピロロンピロロンを聞いたのだが、第1ヒートよりも何か台数が少ない気が。
後から聞いたら、諸事情で第1ヒートで終了された方が何台かいらっしゃったようです。

連続アタックは無理でしたが、途中からアタック→クーリングを繰り返すことができました。

LAP 5 1'07.493
LAP 6 1'17.117
LAP 7 1'07.438(本日のベスト:車載つき)
LAP 8 1'27.881
LAP 9 1'07.464
LAP 10 1'27.146
LAP 11 1'07.682

自分でもエクセレントなアタックの仕方だと思いました。ハイ。
ちなみに、最もタイヤがおいしいところ、である計測2~3周めは、某4WD車(普段FR)とバトルしていました。だってね、こんなにクリア取れると思ってなかったし。クリア取れると分かっていたらタイヤ温存しましたよ。。。

【第3ヒート】
再び走りづらい感じで、アタックラップは7秒中盤~後半。
先ほどの4WD車とまた遭遇したので今度は私が前で遊んでみました。先ほどはバックストレートで譲って「早くいなくなってくれ~」と思いながら突いていた(2ヘアで飛び込んで立ち上がりの数十mは前にいましたよ)のですが、今度は「抜けるもんなら抜いてみろ」と譲らずコーナー勝負。。。半周ほど遊んでバックストレートでバイバイしました。パワー欲しー。
※ちなみに青旗は出てませんので。念のため。ベスト5秒台のクルマなので、普通に走ってくれればどんどん離されていくはずですが・・・向こうも遊んでくれてたのかも。

【結果】
CA-Iクラス(1600cc以下)、2位でした。
ええ、優勝できませんでしたよ。すんげー速いカプチーノがいたんですわ。
加速負け、コーナリングスピード負け、ブレーキング負け。ベストは1分5秒098ですって。パドックに見当たらなかったので、近くで見られてないのですが、Sタイヤだよな~さすがに。JRSCCもあんなのが同じクラスに来る可能性があるのか・・・恐ろし。

|

2006/12/10

社会人としての常識を疑う

過去の記事をつなぎ合わせれば、何のことだか一目瞭然だと思いますが。

11月に、グループ会社社員向けの某キャンペーンがあったので、自社(グループ企業)の某サービスを申し込んだ。申込みは、一般の方々と同様、街の店舗に出向いて、普通に契約する(その際に特定の書類を提出する)ことになっていた。

自社サービスとはいえ、自分に損な契約をする気のない私は、目を皿のようにして自社サービスのサービス提供条件を読み込み(これがまた分かりにくい)、理解し、「少なくとも損にはならない」という計算結果を基に申し込むことを決めた。

申込の際、店舗スタッフが1つの特典について全く言及しないので、聞いてみた。
「・・・という特典はないのですか?」
「それは■■■を使って新規契約をされるお客様に関する特典です」
「(そんなこと書いてあったかな?読み落としたかな?グループ社員であることはバレているし、ここで揉めても覆らないだろうし、いっか)・・・あ、そうでしたっけ。分かりました」

帰宅後、手持ちのパンフレットやウェブサイトを見た。
どう見ても、店舗スタッフが言ったような条件がついているようには読めない。

後日、グループ社員であるため、担当者に事情を説明した。(社内メール)
「・・・という説明を店舗で受けたが、販促物を見る限りそのような説明になっているとは思えない。店舗スタッフの説明が正しいのであるとすれば、そのような条件は明記しないとマズいのではないか。」

その後2週間経つがメールの送信先(複数指定)からは何の音沙汰もない。
が、ウェブ上の説明文は条件が付加されていた(数日前に気づいた)。パンフレットは最新版を持っていないので不明。→パンフレットも変更されていました(12月13日確認)

変更前:
「これまで他社○○をご利用だったお客様は、キャンペーン期間中に××にご加入いただければ・・・」
変更後
「これまで他社○○をご利用だったお客様は、キャンペーン期間中に■■■で××にご加入いただければ・・・」

私のメールがキッカケになったのか、以前から問題となっていたのをたまたまこのタイミングで修正したのかは分かりません。でも、普通は、一言、メールへの返信はあるだろうと。少なくとも、一般消費者向けの対応を最優先したため、社員への返信なんて後回しでいいとしても、修正後に一言入れるのが常識ではないか。

「このたびは、貴重なご意見ありがとうございました」
「他の方からも同様のご指摘を多数いただいており、既に修正することが決まっております」
「○月×日に修正いたしました」

この程度のメールなら、1分もかからないで可能だと思うし、グループ社員向けならこの程度で十分だと思う。(一般ユーザー向けなら、お詫びを追加すべき、という意味)

こんなこともできない人たちが企画部門として働いている会社って・・・DQNとしかいいようがない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/12/09

ウイルス対策ソフト

私は、ノートンのユーザーインターフェースにどうも馴染めないので、ウイルスバスターを使っているのですが、ちょっと前に、「更新料無料」のソフトが出たじゃないですか。

ま、売り出し方としてはアリだと思うが、セキュリティソフトという性質上、それで本当に大丈夫か?と最初に思った。だって、ウイルスは日々新しいものが世に出回り、パターン定義ファイルは常に更新していかないと意味がないじゃないですか。

いかに新しいウイルスに対応するかって、クルマで言うところのノーマル状態で筑波を何秒で走れるのか?というくらい重要なことだと思うんですよ。。。え?

新しいウイルスに即座に対応するためには、監視体制、ウイルス解析、定義ファイルの開発にどれだけのリソースを投じるか、でしょう。

更新料を取るビジネスモデルであれば、その原資を毎年得られるわけだし、ソフトに価値がないと判断されればユーザーは離れるので、毎日毎日必死でがんばると思うんですよ。他のソフトよりもいい状態を維持することで、翌年の更新料に響くし、新しいユーザーも増える。

でも、更新料無料モデルだと、定義ファイルの更新にお金をかけてもかけなくても一度買ってしまったユーザーからの収入は一定。万が一シェア100%になってしまったら、それ以降の収入はゼロになり、それでも毎日毎日新しいウイルスと戦わなくてはならない(極端な話ね)。。。そんなマジメな企業なんてあるんだろうか?企業は利益を出すことを要求されているわけで、コストは削る方向にインセンティブが働く。ということは定義ファイル更新に費やすコストはどうしても削られるのではないか。

と思っていたら、やっぱり。。。こんな記事

いいのか、ここまで他と差があって・・・

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/12/07

レノボ

この前、新聞広告を見て・・・引いた。

たぶん、初めてだと思う。日本のThinkPadの新聞広告でUSキーボードの写真が使われたのは。
世界共通の広告背景なんだろうな、きっと。

レノボのお客様センターに「ThinkPadのキーボードには変換キーがないんですか?ENTERキーが横長なのはなぜですか?」という問い合わせが殺到していたら笑えるのだが。。。

ユーザー指向のマーケティングが薄れていく事件第一弾。
私的には結構一大事件でした。
やっぱレノボThinkPadはダメそうだな。今使っているPCの次は何にしようかな(しばらくThinkPad以外買ってない)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/12/05

ENDLESSのブレーキパッド

ふと気がつけば・・・1万円くらい値上がりしていません?1台分で。

そろそろ予備パッドでも、と思って確認したら気がついた。
ちなみにプロミューもマツスピもほとんど変わっていない。。。
HC+とCC-Rgの差、1台分で1万円以上。。。

躊躇した。が、やはりENDLESSにしてしまった。。。

今回初めてBOMBを使ってみた。某タイヤ屋よりも、反応は120倍速く(さわじぃ調べ、1時間vs5日)、価格も安かった。デフォルト通販ショップ、変更だな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »