« レノボ | トップページ | 社会人としての常識を疑う »

2006/12/09

ウイルス対策ソフト

私は、ノートンのユーザーインターフェースにどうも馴染めないので、ウイルスバスターを使っているのですが、ちょっと前に、「更新料無料」のソフトが出たじゃないですか。

ま、売り出し方としてはアリだと思うが、セキュリティソフトという性質上、それで本当に大丈夫か?と最初に思った。だって、ウイルスは日々新しいものが世に出回り、パターン定義ファイルは常に更新していかないと意味がないじゃないですか。

いかに新しいウイルスに対応するかって、クルマで言うところのノーマル状態で筑波を何秒で走れるのか?というくらい重要なことだと思うんですよ。。。え?

新しいウイルスに即座に対応するためには、監視体制、ウイルス解析、定義ファイルの開発にどれだけのリソースを投じるか、でしょう。

更新料を取るビジネスモデルであれば、その原資を毎年得られるわけだし、ソフトに価値がないと判断されればユーザーは離れるので、毎日毎日必死でがんばると思うんですよ。他のソフトよりもいい状態を維持することで、翌年の更新料に響くし、新しいユーザーも増える。

でも、更新料無料モデルだと、定義ファイルの更新にお金をかけてもかけなくても一度買ってしまったユーザーからの収入は一定。万が一シェア100%になってしまったら、それ以降の収入はゼロになり、それでも毎日毎日新しいウイルスと戦わなくてはならない(極端な話ね)。。。そんなマジメな企業なんてあるんだろうか?企業は利益を出すことを要求されているわけで、コストは削る方向にインセンティブが働く。ということは定義ファイル更新に費やすコストはどうしても削られるのではないか。

と思っていたら、やっぱり。。。こんな記事

いいのか、ここまで他と差があって・・・

|

« レノボ | トップページ | 社会人としての常識を疑う »

コメント

フリーソフトのアンチウイルスソフトでも検出能力が高いものもありますし、ソフトによって使い勝手や検出能力はいろいろです。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060905_antivirus/

現在、Kaspersky Internet Secirity 6.0とF-Secure インターネットセキュリティ2007が総合力が高くて評判いいですよ。

投稿: ライーザ | 2006/12/09 03:24

ライーザさん>

フリーソフトのビジネスモデルに興味があるんです。実用に耐えうるセキュリティを維持するためには相当のコストがかかると思うのですが、それをどこで回収しているのか・・・

投稿: さわじぃ | 2006/12/09 12:40

コンシュマー向けのウイルススキャナでは、ウイルスパターンがフリーなのはシェア拡大のためっていうのが多いと思う。

トレンドマイクロ、シマンテック、マカフィーで市場シェアの9割を占めている現状、新規参入する場合には値段を売りしにしないと食い込んでいきようがないので。

ClamAVなどのサーバ向けのフリーのウイルススキャナでは、企業向けの商用サポートでお金を儲けようとしてる場合が多いと思う。

投稿: トシ | 2006/12/09 15:24

いやいや、シェア拡大という目的は分かっています。

フリーでどうやってクオリティを維持するのだろうと。

セキュリティ分野だとコストを下げたら、「安かろう悪かろう」にならないのかな、とか。シェア拡大後、「有料にします」とは言えないだろうし、無料のまま、更新有料のソフトと同等の収入の目処がないのであれば、持続できないのじゃないんだろうか?というのが私の疑問です。

投稿: さわじぃ | 2006/12/09 20:12

たとえばAVGやAvast!やAvira AntiVirでは個人用途フリーの製品以外にも有料の製品がいろいろあります。BitDefenderは現バージョンは10ですが、フリーなのは8のフリー版で、しかも機能制限がかかっています。

ウイルスパターンファイル自体は他の製品とほぼ共通ですから、フリー版があることによってコストが余計にかかるということはありません。

ソースネクストのウイルスセキュリティZEROの場合はフリーではなく製品で更新料が無料というモデルですからこれにあてはまらないのですが、http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20060822/118236/index.shtml
によれば、製品価格だけでなんとか成り立つ計算とのこと。

投稿: トシ | 2006/12/10 18:16

ということは、最新版(有料)のユーザーの大半が、「機能限定版の古くてもいいから無料の方がいい(裏返せば、アップグレードは有料だが現バージョン維持なら無料でパターンファイルも更新してもらえる、という選択肢を出されたときに後者選ぶ)」となったら、最新版を維持するコストを回収できず、前者のモデルは成り立たなくなりますよね。

ソースネクストの場合は、例えばシェア均衡状態、つまり新規で全く売れなくなった状態では、売上がゼロとなってしまうわけで(ウイルスソフトの独立採算を考えた場合)、それでどれだけ持ちこたえられるの?というところが疑問です。あと、新規売上が頭打ちになったときに釣った魚にえさはやらない(パターン更新時間が更新料有料ソフトと比べて著しく劣る=リソースが明らかに少ないなど)ということにはならない、という性善説の上に成り立っているような気がするのです。

更新手続きが煩雑とか面倒くさいとか、そういった初心者ユーザーの声を反映させて更新を不要・無料にし、おかげさまで好評です、というのが、パターンファイル更新の重要性(特に世界的に広がる新種のウイルスについては1分1秒を争う)についてよく分かっていない初心者をうまく取り込んでいます、というように聞こえるな、と。別にソースネクストに恨みがあるわけではないですが、個人的にはそんな気がしてならないのです。

投稿: さわじぃ | 2006/12/13 12:59

AVGやAvast!の場合は個人向けはいわば企業用製品の宣伝用途ですし、BitDefenderのフリー版はAVGやAvast!よりもさらに軽い存在で、いわば試用期間が明示されていないお試し版のようなもの。今すぐにでも切り捨てられてしまいそうな製品ですから、あまり深く収支を考える必要はないでしょう。

ソースネクストのウイルスセキュリティZERO場合、Vistaをサポートとは明示されていますが、Vistaの次のバージョンのWindowsや、さらにはVista SP1が出たときにどうなるのかはわかりません。そこでのバージョンアップを見込んでいるのかもしれません。

バージョンアップ版を売る際に商品の評判が悪ければ話にならないわけで、そこまで悪く考える事はないと思います。

あと、更新手続きは確かに初心者には敷居が高そうです。先日、深夜0:00過ぎに父から電話があり、なんだと思ったらウイルスパターン更新のお知らせ画面が出てきたけど、なんだかよくわからないというお話でした。結局、年始に帰省したときに私が手続きをする事に…

投稿: トシ | 2006/12/13 14:11

本当にたまたまなのですが、最近ソースネクストのあるアプリケーションを買いました。(ZEROではないです)決して検証しようと思って同社製品を買ったわけではありません(そこまでヒマじゃないですw)

で、インストールしたのに、うまく動かない。

質問しようと思ってユーザー登録した(サイト上登録済みになっている)のに質問ページに入れない(クリックしろというところがクリックできない)。
一般的な問い合わせのところで質問したのだが、24時間以上放置(サーバーの自動応答のみ)。あくまでざっとした症状しか書いていないので、1回でも開いて見ていれば「お使いのPCは?OSは?○○はインストールされていますか?」といった定型的な質問はすぐ出せるはずの第一歩の段階で止まっている。つまり、問い合わせメールを開いていない(開いているのに、この程度の段階で後回しにするようなサポートレベルだったら無いに等しい)

フリーウェアのサポートより劣悪という評価です。。。現時点では。

ネット上の情報を散々あたって、今年の8月くらいに結構頻発した症状らしく、あるソフトをアンインストールすれば直るらしい、ということまで分かりました。FAQなら数時間で返してくれ、と思うし、そもそも同社がターゲットとしている初心者はそんな情報収集能力はないはずなので、言っていることとやっていることが全然違うじゃないか、という憤りを感じる今日この頃です。

投稿: さわじぃ | 2006/12/15 13:14

サポート費用を圧縮するために、なるべく売りっぱなしにできるようにウイルスセキュリティZEROは更新料無料モデルを採用したと考えれば、その他のソフトのサポートも当然…

まあ、ネットでもソースネクストの製品自体の評判はいろいろありますが、サポートについては一様に悪評が高いですしね。

投稿: トシ | 2006/12/16 02:09

質問後、41時間経過時に届いた回答。

「ただいま問い合わせが集中しておりまして、順次対応させていただいておりますので、今しばらくお待ちください」(という趣旨)

あ、そう。

ちなみにFAQで探し当てた症状と完全に一致。結局とあるOS付属ソフトとの相性が悪いらしく、それをアンインストールするか(OSレベルでの不具合が発生しそうで怖い)、そのOS付属ソフトを使って目的を達成するか、という選択肢があるみたいです。(つまり自分で解決に至っています。ただ、そんな相性について一言も言及なく販売していることを追及するために・・・他に解決方法がないのかを確認するためにサポートとのやりとりは続けます)

このサポートレベルは過去に経験があるなぁ、と思って考えてみたら、PS2用某ステアリングコントローラの不具合クレームをした時と酷似していました。

「安かろう、悪かろう」とはまさに・・・それを分かった上で使うならいいのですが・・・大体そういうことは買って使ってみないと分からないし・・・

投稿: さわじぃ | 2006/12/16 05:57

ソースネクストの場合、他社が開発した旧製品を安く売り飛ばすことが多く、そうなると製品の数もやたらに多く、しかも製品のことを熟知しているわけではないのでサポートには期待出来ないとはいえ、ちょっと悲しすぎる状況ですね…

投稿: トシ | 2006/12/16 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/12989857

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルス対策ソフト:

« レノボ | トップページ | 社会人としての常識を疑う »