« JRSCC LTA 第1戦 | トップページ | 半年ぶりのSタイヤ@筑波 »

2007/02/17

バトルエボミ隊 走行会

筑波サーキットで行われた、バトルエボミ隊走行会に参加しました。

5日前くらいまでは雨予報だったし、昨今の春のような陽気のこともあり、「ベスト更新は無理かな」と半ばあきらめかけて当日を迎えました。。。が、朝、自宅から出発するとき・・・寒っ。そして天気は少なくとも午前中は問題ない感じ。これはいけるかな?と期待で胸を膨らませて、サーキットへ。

受付&ドラミは特筆すべきこともなく進行。JAF競技でなければ、こんなもんだろう、という感じ。車検もないし。

そう、今回は車検がない。で、初めてやってみました。助手席外し。ボルト4つ外して、コネクタ1個外すだけなのであっという間にできました。これで?kg軽量化。そういえば朝飯も食ってない・・・?g軽量化。

そうこうしているうちに走行時間となる。

コースインして、タイヤ温めて、いざアタック!・・・
が、できる状況ではない。やけにクルマが多い。これまでの経験上、2ヘアを立ち上がったとき、バックストレート半分くらいは誰もいない状況(できればバックストレートに誰もいない状況が望ましい)でないと、クリアラップにはなりにくい(前車とのタイム差がない場合を除く)。まずそんな状況にならない。う~ん、いるところが悪いのかな。

とりあえず、無理矢理前車との間を空けてアタックしてみる。
ローカルルールで、アタック中はライトオン、クーリング中はハザード、自分がアタック中でない時に後からライトオン車両が近づいてきたら、積極的に譲る、ということになっているので、大半のクルマはコース上に止まりそうなほどの減速をしてでもラインを譲ってくれる。なので、クルマが見えてもライトオンしてアタックしてしまえ!という作戦に変更。

チャンス到来、コースイン後の計測5ラップめ。
ミッションの調子も良好。
1ヘア立ち上がりでFDが視界に入るも、全くジャマにならないように避けてくれる(ホントに譲り方がうまい)。
2ヘア飛び込みでランエボが視界に入る。まだ距離があるし、どうせストレートでブッチギッテくれるんでしょ?という期待で2ヘアを立ち上がる。。。そこで見えた光景は・・・大渋滞。ハザード出す時はレコードラインあける約束だろ?と思いながら、ストレート左側でクーリングしている車両を抜きにかかるエボについていく。でも、これじゃ、最終コーナーでエボに詰まるな・・・と思っていたら、エボがアウト側へ、そして早めのブレーキング・・・避けてくれたの?何?何?と思いながらインベタラインで飛び込む。。。で苦しいながらも立ち上がる・・・手元のカウンターは・・・6秒08!

車載はこれ。

※ちなみにまたしてもスリップストリーム疑惑ありw
 っていうか、ストレートスピードは圧倒的に他のラップより高いです

今回はガッツポーズはありません。バックストレート~最終コーナーを普通に走れれば5秒台に入れたのに~、という気持ちの方が強かったので。

この後、何度かアタックしましたが、気温の上昇、ミッション(3速)の調子(やっぱり熱を持つと入りづらくなる)、ローカルルールを守らない人などに阻まれて(一度だけ非常に危ないことをされたので、スポーツマンシップに反する行動を思わずしてしまいました・・・m(_ _)m)、6秒2~3までしかでない。でも、アタックラップでまあ成功=6秒前半、コンディションその他諸々の条件がそろって5秒後半、というのが現仕様での限界か?という気持ちもあるので、5秒台には入れたかったものの、そのことが自分で確認できたので、その点は収穫でした。目標は適切なレベル、ということなので。

ちなみに最近、ベストラップ=区間ベストの合計、という職人技を続けてきたのですが、今日は区間ベストはバラバラでした。やはり6秒切りを目指そうとすると、まだ私のUDEでは安定した走りはできないってことでしょうね。

ベストラップの区間タイム
Sec1 27.019
Sec2 27.232
Sec3 11.833
Total 1'06.084 (Heat1 Lap5)

区間ベストの合計
Sec1 26.972(Heat2 Lap15)
Sec2 27.232(Heat1 Lap5)
Sec3 11.626(Heat1 Lap17)
Total 1'05.830

まさにこのあたりが目標タイムなんだな。今の仕様の。

今シーズン、もう1回くらいはいいコンディションで走りたいけど・・・機会がなさそうだなぁ。

|

« JRSCC LTA 第1戦 | トップページ | 半年ぶりのSタイヤ@筑波 »

コメント

おぉ凄い。
ベスト更新、おめでとうございます。
5秒台目前ですね。

車載見て思ったんですけど、クリアの取り方が上手ですね。
ドラテクは勿論のこと、こちらも見習わないと。

投稿: フォルテ | 2007/02/18 00:37

お疲れざまでした。
うむむぅ、きっちり2秒差。。。
タイヤの差を差し引いても1秒の開きです。
なかなかこの差が縮まりません。

投稿: てきどん | 2007/02/18 07:48

フォルテさん>
ありがとうございます。ベストをコンマ5秒も更新した割には喜びが少ないんですよ。5秒台にさえ入っていれば、前回同様のガッツポーズをしたと思うのですが・・・

クリアラップは、やはりターボ車との混走だとクーリングラップが極端に遅いので、バックストレートで誰もいないような状況でも1ヘア~ダンロップで遭遇しちゃったりするんですよね。RX-8しかいないと、クーリングと言ってもブレーキ&タイヤ&デフあたりのクーリングなので、ある程度の速度で風を当ててあげないといけないので、こんなことはないのでしょうね(タイヤは関係ないか)。

ただ、私のクリアの取り方規準だと、ヨシ!と思って最終立ち上がったときに、ピットアウトする車両が見えると、終わりなんですが・・・それは運ですね。。。

てきどんさん>
タイヤの差、よくわからなくなってきました。自分がNeovaに履き替えた時、本当に1秒落ちのタイムを出せるのか?というのはありますね。実際、一昨年、小林さんが01R(245)で6秒8を出しているので、出せなければいけないのですが。。。

投稿: さわじぃ | 2007/02/18 09:11

車載ビデオ拝見いたしました。最終コーナー残念でした。タラレバを言ってはいけないのがこの世界ですが、自責ではないので、なおさら残念ですよね。
区間タイムを公開してくれたので、自分とどこが違うのか、比べて見ましたが、簡単に言うとどのセクターでもエイトリアンカップの時の私より、0.2~0.3秒ずつ速い(トータル0.7秒差なのであたり前ですが、)事が判りました。どこかのセクターが致命的に遅いのではなく、全体的に私が遅いという事がわかっただけでも大収穫でした。つまり変な技や飛び道具は要らないということですね。やはりスムーズなブレーキングと見切りの良い、高い旋回速度が違いのようです。私はまだ旋回速度やブレーキングにバラツキが多いようです。まずは走りこまねば。
大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿: ミセガワ | 2007/02/18 09:44

く~ん、くやすぃ~ん

でも、絶対タイムではまだ負けてないも~ん。

と、ちょっとだけ負け惜しみを・・・。

投稿: エイトリアン | 2007/02/18 10:02

うわぁー、まじすか!
ランキング1位ぶっちぎり体勢ですねー。

車載見ました。
確かにあの最終コーナーは空いていればあと-コンマ1~2はいけそうな気がします。

投稿: ken_rx8 | 2007/02/18 11:47

おめでとう。
タイム更新まくってますね。
しかも、5秒台見えてるなんて、凄すぎ。

投稿: 風来坊 | 2007/02/18 12:57

 更なるベスト・最速おめでとうございます。
かなり、置いていかれてるなぁ~!
 こっちは先ずは、7秒台に入れないと・・・ヤバッ

投稿: re_arai | 2007/02/18 18:58

ミセガワさん>
今回、ブレーキングを今まで変えてみました。リアローターを大径化したところ、ABSの介入が増えたので、フロントにも仕事をさせるように・・・その結果、平均ラップタイムがコンマ2~3秒上がったようです。助手席はずしの効果も・・・あると思いますが。

エイトリアンさん>
そう言っていられるのも今のうちだけなので、ドンドン言っておいた方がいいですよ。(笑)

ken_rx8さん>
そうですね。セクターベストとの差がコンマ2秒なので、少なく見積もってもコンマ1秒は行けたでしょうね・・・そしたら5秒台だったのにぃ・・・

風来坊さん>
ありがとうございます。6秒5を出した後、リアローターを大径化した時に、まだまだこの仕様で行けると直感的に思っていたので、今シーズン中にもう一歩更新できてよかったです。。。でも、あとちょっとだったのに、という気持ちの方が強いですね。

re_araiさん>
ありがとうございます。
最近不運が続いているようなので、そのイヤな流れを断ち切って、走りこめば7秒も6秒も見えてくるでしょう。。。

投稿: さわじぃ | 2007/02/19 00:42

ベスト更新、おめでとうございます!

車載を拝見しましたが、「同じ「8」なの?」っていうくらいスムースで速いです…じっくりと研究して、私のステップアップに役立てようと思いますよ、師匠!

…それにしても、どんどん背中が遠くなっていくなぁ…はぁ~…笑

投稿: yu-pa | 2007/02/19 12:02

ベスト更新おめっとさんです。
昨日の勉強会では「はえ~」、「アクセル開けるポイントが早いね~」なんてコメントでした。
ネガティブチェックは・・・できませんでしたw

投稿: かねぴー | 2007/02/19 23:00

yu-paさん>
ありがとうございます。アップしたベストラップは安定している方ですね。今回は今シーズン最後のチャンスと思って、結構攻めて走っていたので、他のラップでは久しぶりに高速コーナーでチョイカウンターとか当てたりしてます。。。あまりにも久しぶりで、「ああ、オレもちゃんとカウンターあてられるじゃん」とか思ったり。。。

かねぴーさん>
ネガティブコメントがないと公開した甲斐があまりないなぁ。。。反面ちょっぴりホッとする気持ちもあるが。。。アクセル開けるのが早いのは機械式LSDが入っているから安心して踏んでいる、というのが大きいのでしょう。

投稿: さわじぃ | 2007/02/20 00:08

さわじぃさん、走るの簡単?
ものすご~く簡単そうに走ってるように感じる。
鼻歌、歌いながら、走ってそ。

もう、6秒、7秒は普通のタイムなのですね。
で、5秒狙いだもんね。すごいですね。

投稿: めい | 2007/02/20 01:13

めいさん>

慣れだと思いますね。ATしか乗らない人から見たら、MTの操作は街乗りでもとんでもなく煩雑に見えると思いますが、慣れちゃえば別にそんなことはない・・・というのと一緒だと思いますよ。

エイトリアンさんが自身のブログでも似たようなことを書かれていましたが、
イメージ(どこで何をする)

実走

結果(タイム)
という流れで出したタイムは、同じイメージで走ればいいので、何度でも出せ(コンディション等、諸条件さえ合えば、ですが)、気がつけば自分の「当たり前タイム」が上がっている、という感じですかね。

この2ヶ月の変化(イメージしたことがことごとくいい結果につながっているので)は自分でも驚いていますが・・・

投稿: さわじぃ | 2007/02/20 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/13945561

この記事へのトラックバック一覧です: バトルエボミ隊 走行会:

« JRSCC LTA 第1戦 | トップページ | 半年ぶりのSタイヤ@筑波 »