« らーめんでっせ レポw | トップページ | JRSCC LTA 第1戦 »

2007/02/10

お年玉つき年賀ハガキ

みなさん、当選チェックされましたか。

私は今チェックしました。今年は切手シート1枚だけでした。これは私が記憶している限り、ワーストタイの結果です。(大体切手シート2~3枚はあたる)

・・・なぜか。宝くじは宣伝効果を狙って、1位の当選金額を大きくし、当選本数を増やす一方で、2位以下の当選金額を大幅に下げていることは周知の事実だと思いますが、お年玉つき年賀ハガキでも同様のことが行われていることが、このほど確認されました(笑)。

2005年1月22日の記事で書いていますが、私は以前にお年玉つき年賀ハガキの当選チェックをするプログラムをエクセルVBAで作りました。もちろん、当選番号は毎年更新しなければならないので、それを更新していくと・・・

【2005年の当選番号】
1等 120767
1等 470873
2等 40135
3等 4970
3等 8165
4等 16
4等 34
4等 64

【2007年の当選番号】
1等 157788
1等 457190
2等 5161
2等 7093
2等 7485
2等 9614
3等 64
3等 79

・・・そうです。下2桁で当選する切手シートの当選番号が減り、下4桁がそろわないと当選にならない2等(2005年は3等)が増えているんです。確率論から言って、切手シートの当選枚数が減るのは当然の帰結。

この事実、意外と気づいている人は少ないんじゃないかな。大体、以前の当選番号表と比べる機会なんてないからなぁ。ちょっと頭に来た(<心が狭いな、オレ)ので記事にしてみました。

ちなみに、2007年版の当選番号チェックVBAはこちら。エクセルがインストールされていなければ動作しません。MACで動作するかは知りません(以前にダメと言われた記憶あり)。

|

« らーめんでっせ レポw | トップページ | JRSCC LTA 第1戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/13854759

この記事へのトラックバック一覧です: お年玉つき年賀ハガキ:

« らーめんでっせ レポw | トップページ | JRSCC LTA 第1戦 »