« SUGO 耐久レースラップタイム(概算) | トップページ | RX-7ミーティング2007春 »

2007/03/25

JRSCC LTA 第2戦

R1RでSタイヤに挑むには絶好のウェットコンディション。
ドライだと1位の可能性は限りなく低いがヘビーウェットなら逆転の可能性もある!

・・・と期待して臨んだ第2戦でした。

準優勝でした。
そもそもドライコンディションなら、これがベストポジションだったはず。だからこれで納得するしか・・・しかし。

第1ヒートはヘビーウェットで、苦戦しながらもクラス1位をキープ。明らかにSタイヤよりラジアルに有利。ライバルエイトリアンさんは僅差で4位に沈んでいる。このまま終わってくれれば・・・シリーズポイントでは大逆転!

しかし、第2ヒートを前に空が明るくなり、雨は上がる。
第2ヒート勝負は間違いないので、気合い入れなおす。運良くコースインも3台めと好ポジション。さてがんばるぞ・・・

コースインすると、路面は依然ウェットなものの、水溜りや川は第1ヒートに比べて激減。計測1周目から第1ヒートのベストを1秒以上上回るタイム(手元で14秒76)。

計測2周目で1分14秒422。(手元で14秒43)
(最終的にこれが本日のベストラップとなった)

このラップを終えて、「まだまだいけるな」と思い、さらにラインを修正して臨む。S字の1つめの縁石も今日初めて使う。80Rも外側まで使ってRを大きく取る。自分でも乗れている!今日一番のラップ!という気がした。。。
タイムは手元計測で14秒45。なぜか。
それは車載を見てください。1分14秒45のラップ

優勝まではベストからコンマ3秒あればよかった。これを見ると悔しさがこみ上げてくる。

タイムトライアルはクリアを取るのも競技の一部。だから他人を攻めることはできないし、攻めるつもりもない。
ドライならクリアを取るためにうまく調整して・・・というのは慣れたものだが、ウェットだと「どこまでできる?」を探りながら全ラップをアタックすることになる。だから、これは運が悪かったと考えるしかない。

このラップをちゃんと走りきれなかったこと、第2ヒートで天候が回復したこと(スケジュールは約20分遅れだったことも響く)、勝者のとあるミスがお咎めなしだったこと、全てがついていなかった。今日の勝利の女神はエイトリアンさんについていたのだろう。。。

車載を見て「アブネ~~~~」とちょっとくらいはアセッてくれ。>エイトリアン
今日のところはそれで許してやるw

勝手にシリーズランキングw(第2戦終了時点)
1位 24 RTE エイトリアン
2位 20 RTE さわじぃ
3位 14 RTE naomisan
4位 13 RTE asapet
5位 10 Quest RX-8 2号
6位 9 RTE みつ
7位 8 RTE re_arai
(以下、略=5ポイントの方)
※間違いがあったので修正しました(2007/3/25 20:34)

|

« SUGO 耐久レースラップタイム(概算) | トップページ | RX-7ミーティング2007春 »

コメント

こりゃ残念。

投稿: jaway | 2007/03/25 22:00

ロナウジーニョもびっくりの黄旗ノールック・パスが出たとか?w

投稿: ちゃぼ | 2007/03/25 23:36

jawayさん>
走っている最中は、「ま、次がんばればいっか」くらいにしか思っていなかったのですが、この後にはアタックのチャンスはありませんでした。

ちゃぼさん>
さ~、ど~かな~。先週のSUGOに引き続き、これも本人の自白に期待しましょう(恐らくオフライン限定だろう)。

投稿: さわじぃ | 2007/03/26 06:14

なんのことでしょうか?

投稿: エイトリアン | 2007/03/26 09:21

ダンロップ出口からずいぶん踏めてますね。 ここで大きな差が出てます。 向きの変え方かな。  

ホント残念なめぐり合わせでしたね。 "タイムトライアルはクリアを取るのも競技の一部"、かっこいい。 これができないんですよね。 猪突猛進で。

投稿: naomisan | 2007/03/26 19:57

あ、そういえばRX-8オーナーズマニュアルご出演おめでとうございます。

投稿: naomisan | 2007/03/26 20:00

なんとか2人の間に入り込まなければ・・・
 週末も宜しくです。

投稿: re_arai | 2007/03/26 20:39

エイトリアンさん>
そうか。じゃ、今度は意図的にトラップしかけるのでよろしくネ。
・・・これでタイムアタック中前走するオレが変なスローダウンしたら反射的にアクセルオフするようになるだろう・・・ウッシッシ

naomisan>
いや、ウェットでのダンロップ~80Rは本当に危険ゾーン&オーバースピードでミスったら取り返しがつかないので、かなり抑えて走ってますよ~。とにかく横Gをかけないように、かけようにで走ってました。

re_araiさん>
え?間でいいんですか?本気でやるからには頂点目指さないと・・・

投稿: さわじぃ | 2007/03/26 22:15

2位、残念でしたね。
しかし、苦手と言っていた(ような気がする)ウェットでこの結果が出たのですから、それなりの成果を得られたと思いますよ。
ウェットはドライとはまた違ったテクニック&経験が必要なので、また面白いところでもあります。

>とにかく横Gをかけないように、かけようにで走って・
これでタイムが出せるライン、走り方が出来るようになると、安全に速く走れます。
(あなたにそれが言えるのか?・・・っと突っ込まないこと)

投稿: Den8 | 2007/03/26 22:41

Den8さん>

確かにウェットは苦手意識がありました。タイム(もちろん相対的な意味で)が全然出せなかったので。。。これだけのフルウェットは昨年6月のJRSCC以来かな・・・

前回から今回まで大きく変わったことのがダウンフォースです。前も後ろもつきました。その結果、以前よりは明らかにアクセルを開けられるようになったような気がします。やはり、昨年前期型のさわじぃ号では雨はシンドかったのかも?と思う今日この頃です。

今回はフルウェットの第1ヒートで1位だったので、苦手意識はもうなくなりました。。。でも、アップした車載を改めて見ると、ちょっと怖いかも(笑)

投稿: さわじぃ | 2007/03/27 12:49

 ダウンフォースはマツスピエアロでついたって言うことですか?特にフロントって、やっぱりマツスピノーズの効果結構あるのでしょうか?空気抵抗はノーマルが上って言う話も聞いたことあるので、今はめんどくさいのでそのままノーマルなのですが。マツスピは壊して修理中(1年越し(^_^;))です。はやくなおそっかなー。

投稿: KOO(くー) | 2007/03/29 21:12

 連続2位おめでとうございます。←遅いよ(^_^;)

投稿: KOO(くー) | 2007/03/29 21:14

KOOさん>

ダウンフォースはリアはマツスピリアウイングですが、フロントは純正バンパー+R Magicベンチュリーアンダーパネル(加工取付)です。

マツスピのフロントバンスポはつけたことがないのでわかりません・・・以前R Magicのフロントバンスポつけていたときもありますが、事情があって今は純正。街乗りを考えると純正が一番気を使わなくていい(今の車高だと純正じゃないと入れないところが沢山できてしまう)ということ、見た目はなるべくノーマルにしておきたい、ということから純正なんです。

投稿: さわじぃ | 2007/03/30 00:03

どうもマツスピノーズはドラッグが大きいと噂されていますね。
去年のパーティーレースシリーズチャンピオンもノーマルに戻したくらいですし。
ダウンフォースは知りませんが、見た目からノーマルよりは良さそうな気がします。
違いの分からない男でした。

投稿: かねぴー | 2007/03/30 23:30

かねぴーさんが純正に戻さないのは、やはり外見重視wだからですか?

投稿: さわじぃ | 2007/04/01 09:12

Yes. そのとおりです。
ノーマルよりMSノーズの方が格好いいから。
普段乗りのほうが圧倒的に多いので格好重視です。足りない分はUDEでカバーw

投稿: かねぴー | 2007/04/01 12:25

私は実用性重視wで今の姿です。

サーキット走らないなら、R Magicフルエアロですね。特にフロントバンスポとリアスポは私のセンスにバッチリです。。。

投稿: さわじぃ | 2007/04/01 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/14400354

この記事へのトラックバック一覧です: JRSCC LTA 第2戦:

« SUGO 耐久レースラップタイム(概算) | トップページ | RX-7ミーティング2007春 »