« MSCT 筑波 ウインターカップ(速報) | トップページ | 2007 JRSCC LTA 第6戦 »

2007/11/23

MSCT 筑波ウィンターカップ(詳報)

Winnercup
マツダスピードカップサーキットトライアル(MSCT)筑波ウィンターカップに出場し、RX-8 MOREクラス優勝を成し遂げることができた。念願の同イベント初優勝である。

このイベントでは、最大クラス6位までが入賞でトロフィーをもらえるのだが、優勝トロフィーのみに台座(白い部分)がついている。この台座つきトロフィーをやっと手に入れることができたことは、非常に嬉しく誇りに思う。

本当に長文ですので、覚悟してください(笑)。

マツダ車の祭典であるこのイベントは、継続的に参加しているモータースポーツイベントの中でも特殊な存在だと思っている。私は、このイベント(岡山を含む)には、2003年11月(サーキットデビュー)から7回出場しているが、4位以下3回、3位1回、2位3回とどうしても優勝することができなかった。(初回のみLIGHTクラス)

今年は年初からMSCTで優勝することを意識しながら、練習し、クルマを仕上げてきた。
7月のMSCT、絶対に優勝するつもりで望みながら、エイトリアンさんに大差をつけられての2位(既報)。これはかなりショックだった。なぜ負けたのか。10月の岡山、11月の筑波に向けて、何ができるのか、を考え続けた。

8月9月はいいことも悪いこともあったが、やはり10月の岡山での成功(RX-8総合2位だが、NAでは1位)は、精神的には非常にプラスだった。そのいい状態で3週間後の、2007年MSCT最終戦を迎えた。

岡山遠征以来、仕事やその他の事情によりサーキットをしばらく走れなかった。
本番前日のライセンス走行は予約したものの、前日でうまく調整できなかったら? 車両に不具合が見つかったら?と思うと不安でたまらなかったので、無理やり午前中のみ仕事を休んで、11/14の朝8時から30分だけライセンス走行を行った。

同時走行台数は多いセッションだったが、非常に走りやすく、気温もあまりあがらなかった(10℃くらい?)ので、6秒8を記録。今シーズン初のR1Rでの6秒台。もうちょっといけるかなと思っていたが、まあ納得できる練習であった。しかし、走行後の片付け時に、やけにブレーキローターのヒートクラックが進行していることに気づく。。。ブレーキの鳴きもいつも以上にヒドイ。アタリが悪いのか。。。

不安を抱えながら本番を迎えるのはどう考えてもよろしくないので、土曜日朝一でディーラーで点検してもらうことに・・・(ローターはいずれ交換が必要なため予め手配)。結果、まだ「ちょっとは」大丈夫という診断だったが、土曜日・日曜日と連続走行を行うため、交換を決意。

そしてそのまま前日練習のため筑波入り。

15:30からの走行であったが、余裕をもって13時頃到着。
想像通り、たくさんのRX-8仲間も翌日のための練習走行をしている。
いつも通り走行準備を整え、徐々に気温が低くなってきて、走行時間を迎える。

前日にやることは、あくまで最終チェック。ここで新しいラインとか新しい走り方を試して、クルマを壊すようなことがあってはならない。ピットアウト後3周でピットインして空気圧をチェックし、計測1周目の空気圧をシミュレーションするためのデータを取る。その後はブレーキングポイントとアクセルオンタイミングの微調整。淡々とやるべきことをこなしていく。。。ガソリン量の調整もこの日の重要な仕事。予定していた周回には若干足りなかったが(赤旗が出たため)、ほぼ計画していたことをやりきって走行終了。

タイムは関係ないんだ・・・と思っても一本くらいはクリアラップで走りたかった。しかし、状況がそれを許してくれなかった。まさに土曜日のファミリーライセンス走行枠の典型例(台数が多く、かつタイム差が激しい)。全くクリアラップが取れずに終了。ベストは7秒9。中途半端にクリアラップらしきものがあって、一喜一憂するよりは開き直れてよかったのかもしれない。

その後、仲間と夕食を食べて、ガソリンを適量(翌日の移動での消費を考慮して第1ヒートで最適量となるように)入れて、カミさんと近くのホテルへチェックイン。
部屋で車載を確認したが、やはり参考になるようなところはなく、変なイメージを持ちたくなかったのですぐにやめる。景気づけに缶ビールを1缶飲んで寝る。

zzz

4:30起床、5:30ホテル発。
駐車場にはローダーに載った赤いランティスが。。。同じホテルだったんですね。

ホテルの駐車場で暖機運転をしていると、本当に寒い。
これは11月のタイムアタックとしては絶好のコンディションだ。

受付~パドックへの移動~車両準備~車検~ドラミ
全ていつも同じように難なくこなす(車検はいつもと違ったようだが)。

そしてコースイン。
パレードラン時は控えめに(ホントか?)、競技開始後は真剣にタイヤを温める。私はついこの前までウェービングは否定派(基本加減速でタイヤを暖める)だったが、最近肯定派に変えた。なぜか・・・自分よりも速い人がやっているからだ(笑)。

というわけで念入りにタイヤをあたため、いざ計測ラップスタート。
晴天の初冬の朝、気温は徐々に上がっていく。ベストの走りをすれば、計測1周目が最も好いコンディションであることは間違いない。その1周に全てを賭ける。

アウトラップの2ヘアのブレーキングでタイヤのグリップ感を確認し、バックストレートで軽く蛇行していざ計測ラップへ。

さすがに1コーナーは安全に入るが、そこでタイヤのグリップ感を十分だと感じた後は100%のアタックモードでコーナーを処理していく。100mほど前方を走るエイトリアンさんとの差はコントロールライン通過時とほぼ変わらないままバックストレートを加速していく。。。

すると、最終コーナーのポストで黄旗が振られ始める。
計測中車両の先頭集団のはずなのに・・・しかも、このラップが今日一番のコンディションであることは明らか。アクセルを緩めたくない・・・しかし、さすがにいつもと同じ安全マージンで最終コーナーに入っていくわけにもいかない。最悪の場合は黄旗区間でクラッシュ・・・ちょっとだけブレーキ強めで最終コーナーへ入り・・・最終コーナーに誰もいないことを確認しながらアクセルを踏み込み、ホームストレート上のスピン車両を確認して走行ラインを決定した上で全開に・・・

このとき思ったことは(スピン車両の位置がヤバそうなところだったので)、「コントロールライン通過まで赤旗にならないで・・・」であった。既にエイトリアンさんはコントロールラインを通過済み(計測タイムあり)。私がコントロールライン通過前に赤旗が出ると、私の計測タイムはなし、となる(はず)。それは圧倒的に不利だ。結局私が1ヘアを立ち上がったところで赤旗となり、競技中断。

手元計測では6秒88。もちろん気になるのはエイトリアンさんのタイム。赤旗ピットインのために減速したバックストレートでコントロールタワーを確認。「2番(私)が上」!ヨッシャ。とりあえず計測1周めは勝ち。

結局スピン車両は自走可能で、思っていたよりも早く競技再開。しかし、そのあとは何度アタックしてもベスト更新できず。コース上17台、タイム差10秒以下だとクリアラップ取り放題・・・最高に走りやすい環境ではあった。

第1ヒートの後半、エイトリアンさんはずっとピットに止まっている。
それでも私が走り続けたのは、LIGHTクラスの本山さんがキメてくると思ったから。
このタイムではきっと抜かれる・・・と思っていたのだが、それが現実になってしまった。本山さんは第1ヒートで6秒7を記録。LIGHTクラス車両に抜かれた・・・UDEの差も経験の差もあるというのはこういうことなのか・・・ショックは受けたが、まだ逆転できる可能性があるタイム差であったため、第2ヒートに向けてさらに気合を入れる。

で第2ヒート。
先頭でコースイン、しっかりとタイヤを温めてアタック。第1ヒートよりも気温が上がっている第2ヒートの場合、計測1周目の重要さは第1ヒート以上だ。これといったミスもなく2ヘアを立ち上がり、バックストレートを加速し、最終コーナーへの進入・・・ブレーキ・・・あ、3速に入れ損ねた・・・滝汗・・・何とか3速に入れるもそれまでの間ブレーキが残っていたことと、それにより旋回スピードが遅いことなどにより、大失敗のラップとなってしまった。しかし、それでもこのラップが第2ヒートのベスト。ミスがなければ・・・あぁ、反省。しかし、このタイムも第2ヒート中破られることもなく、終了。

ペナルティ等での順位変動もなく、このまま順位が確定。

準優勝は、最大のライバルであり、仲間でもあるエイトリアンさん。その差0.067秒。110km/h換算で、たったの2mだ。(計算間違いしていたので修正しました)

2045mのコースをそれぞれが思うようにアクセルを踏み、ブレーキを踏み、ステアを切り、戻し・・・クルマの状態も決して同じではないし、それぞれが反省すべきようなミスを犯しながらもそれをカバーしながら走った、その結果がたったの0.067秒差。日常生活では決して取り上げられない時間だが、それで勝負は決まるのがこの世界なのだ。このような非日常の争いを、しかも優勝争いというポジションでできることは非常に光栄なことだし、かつ今回はそれに勝利できたということは、本当に、本当に嬉しい。

今回のMSCTは「優勝」という最大の目標を成し遂げることができた点で満足しているが、やり残したことが2つある。1つはRX-8最速タイムをマークできなかったこと。LIGHTクラスの本山さんに絶対的なタイムで負けてしまった。車両差を考えると負けてはならない立場であったが、ドライビングスキルの差で逆転を許してしまった。来年、本山さんはMOREクラスへの移行を表明している。彼に勝たなければ次の優勝はない。現時点では別次元の人であるが、バトルができるよう、来年までの間、しっかり練習しようと思う。

もう1つは、コースレコードを記録できなかったこと。2005年12月に記録されたMSCTのコースレコードまで0.032秒であった。ミスさえなければ記録できたはずだし、RX-8最速タイムを出せば、それで十分であった。コースレコードへの挑戦は、コンディションも大きく影響するので、次のチャンスがいつ訪れるかは分からないが、再度、コースレコード更新も目指していきたい。

最後にご挨拶とお礼。

私が好きなのか、アンチ○○トリアンなのか問わず(笑)、応援してくださった方、ありがとうございました。今後も精進していきますので引き続きよろしくお願いします。

Dテクニックの出来さん、いつも現地でいろいろとお気遣いいただいてありがとうございます。

KONさん、写真、いつもありがとうございます。

参加者の皆様、お疲れさまでした。現地ではピリピリしていたので近寄りがたい雰囲気があったと思います。普段はそんなことないので、ファミラ等で見かけたらお気軽に声をかけてください。

RTEの皆様。MOREクラスでは9位までを独占するという快挙を成し遂げるなど、RTEは着実に存在感が増してきました。今後ともがんばりましょう。1位の座は譲りませんが(RTE

そして今回ガチンコ勝負をさせてもらったエイトリアンさん。最速の8乗り(それを名乗っていられるのも時間の問題ですよw)であるエイトリアンさんと今回のような僅差のバトルをすることができて光栄です。お互い、さらに上のステージを目指して切磋琢磨していきましょう。1位の座は譲りませんが(再掲)(RTE

|

« MSCT 筑波 ウインターカップ(速報) | トップページ | 2007 JRSCC LTA 第6戦 »

コメント

改めて優勝おめでとうございます。

こうして文章見ていると、私の考えのヌルイ事に気がつきます。
やっぱり皆さん真剣に考えて走っているのだなぁ~~とつくづく・・・。

私はスポーツ走行はじめてから2年目になりますが、ボチボチ本能で走る事をやめなくちゃいけませんねww


>ウェービングは否定派
私今現在そ~ですが・・・やっぱ有効??

投稿: がく | 2007/11/23 21:42

がくさん>

ありがとうございます。岡山も気分的には優勝したつもりだったのですが、事実としては2位でしたから、MSCT初優勝は本当に嬉しいです。

取り組み姿勢とかはやはり周囲の影響が大きいですね。クルマはもちろんのこと、メンタルな面も調整しないと勝てないような、そんな雰囲気になってきました。

ウェービングについては・・・私に聞かないでください。必要かどうかはわかりませんが、赤い最速のクルマがやっているから私も真似しているだけですので・・・前回岡山からやるようにしたのですが、結果が出てますね・・・(笑)

投稿: さわじぃ | 2007/11/24 01:11

改めて優勝おめでとうございます。
私もさわじぃさんとこうやって勝負ができるのはすごく光栄です。

RTEの趣旨通り、仲間同士で切磋琢磨してお互いのスキルが高まっていく、というのが実践できているというのも嬉しいです。

ただ、そうそう勝たせてばかりでもつまらないので、次は俺がもらいますヨ。たまたま勝ったからっていい気になってんなチクショー!!(笑

投稿: エイトリアン | 2007/11/24 06:40

優勝おめでとうございます。
いつもながら、2秒近いタイム差以上に、勝負に臨む姿勢に差を感じます。

当事者ながら、上位の優勝争いは毎度見ごたえがあります。 次回も素敵なバトルを期待しております。

投稿: naomisan | 2007/11/24 09:03

優勝おめでとうございます。トップ集団の人はみんな色々と思いを巡らせながら戦っている事が良く解る文章でした。私も色々考えて戦っていますが、まだまだ修行が足りませんね。しかし明日はSタイヤ勝負なのでノウハウに一日の長が有るという事で、2強のうちの一人だけでも喰えたらなと思っています。どっちを喰えるかがまた問題ですが(笑

投稿: ミセガワ | 2007/11/24 09:19

念願の優勝、おめでとうございます。
お疲れ様でした。

来年から本山さんのMORE移行もあり、
より厳しくなりますが、こういう経験は日常ではなかなかできないので、いいですね。

台座付きトロフィーがうらやましい・・。

投稿: みつ | 2007/11/24 10:04

エイトリアンさん>

ありがとうございます。
ワンミスが命取りの争いは充実していますが疲れますね。Sタイヤで最速タイムを出して、完全勝利を目指します。

とりあえず明日は5秒台だな。

naomisan>

ありがとうございます。
Neovaで練習しまくって、来年からR1Rで上位争いですね。待ってますよ。

ミセガワさん>

ありがとうございます。
明日は恐らく人生で最初で最後になると思われる、新品A048で、タイヤに頼ってタイムを出しに行きます。初めてのタイヤサイズなのでどうなるのかさっぱり分かりませんが、是非、打ち負かすのはE氏でお願いします。

みつさん>

ありがとうございます。
前日はちょっとは期待させてしまい、すみませんでした。私が走れずにみつさんが走っていたら、結果は変わっていたかもしれませんね。

みつさんが導入した兵器の分析をこれから1月までに行います。タイムアタックだと何もできませんが、レースだと長所短所の分析は有効ですからね・・・

投稿: さわじぃ | 2007/11/24 17:03

優勝おめでとうございます!
わたしゃ修行し直してきます。。。
来年は2強(motoさんが来ると3強か)の対決に割って入りますよ~(RTE

投稿: ken_rx8 | 2007/11/24 17:24

遅ればせながら優勝おめでとうございます。
さわじぃさんとは姿勢、意識、UDE、すべてにおいて天と地の差がある私ですので
大変タメになります。
ザコキャラ脱出に向けて頑張りまーす。

投稿: モッツ | 2007/11/24 21:52

おめでとうございます!
さすがですね!
さわじぃ様の走りに対する意識、姿勢には脱帽です。

実は今日(11/24)筑波2000のライセンス走行に行ったのですが、ぶつけちゃいました(涙)
TC2000でスピンしたのは初めてです。
クリアラップ全然とれなかったのが悔しかったです。

来週日曜は無限アタック最終戦なのに何だか後味悪かったですよ~。

投稿: CU-MS | 2007/11/25 00:35

優勝おめでとうございます!
結果を出すには日々の努力が大事なんですね。

投稿: あーきん | 2007/11/25 01:19

ken_rx8さん>

ありがとうございます。
私とその他の方の間に割って入ってくださいw
もちろん私が1番です。。。

モッツさん>

ありがとうございます。私とモッツさんの間にそんなに違いはないですよ。この二人の差が天と地だったら、私とMシューの差は・・・<比較するなw

考えて走る。。。それも継続して・・・
それだけでドンドン速くなりますよ。私も今のレベルにとどまるつもりはないので、お互いがんばりましょう。

CU-MSさん>

ありがとうございます。
クラッシュですか・・・
来週の競技には影響ないレベルなんですかね。それなら、まだよかった、と考えるしかないですね。最近のファミリーライセンス走行、特に週末はもう全然ダメですね。ストレスたまりまくりです。。。

あーきんさん>

ありがとうございます。
RTEのせい?おかげ?で、あらゆる面において仕上げておかないと勝てないので、必然的にこうなっちゃうんですよ・・・ね・・・

投稿: さわじぃ | 2007/11/25 19:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/17161402

この記事へのトラックバック一覧です: MSCT 筑波ウィンターカップ(詳報):

« MSCT 筑波 ウインターカップ(速報) | トップページ | 2007 JRSCC LTA 第6戦 »