« 第6回 エイトリアンカップ | トップページ | サーキット走行における自己責任の範囲 »

2007/12/18

EZ Challenge 車載

ある出来事のあとの計測1周目。それまでのベストは10秒フラット。一気に2秒以上更新。
怒り、開き直り、意地、渾身のラップ。

まず一番大事なアタック前の最終コーナーでエリーゼ(エクシージ?区別できない)につまって、アクセルONが遅れる。。。おかげでベストラップの最高速は他のラップよりも3km/hくらい遅い。。。でもアタック。

1コーナーはまだ縦横のグリップのバランスがうまく使えないので、ブレーキをほとんど終えてからターンイン。

コカコーラはGT4で練習したイメージほぼそのまま。
100Rは直前のプロ同乗走行で目から鱗の走り方を体験してしまったので、それを真似する。

ヘアピンはテキトー。
ダンロップまでは全開。
ダンロップはステアを切るのが早すぎ(ブレーキ早すぎ)、乗りたくない縁石に乗ってしまう。

ウネウネエリア最初の右はGT4のイメージ通り。
ネッツコーナー上りでコースが見えないので、ステアの舵角をバチっと決められないで探りながら・・・
最終コーナーは立ち上がり重視で・・・

前にFDがいたのでスリップ使えないかな~と・・・無理。あっという間に置いていかれました。

で、2分7秒663。
初めてにしては上出来のラップ。
失敗点を修正すれば、R1Rで5秒台まではいけそうな気がしています。。。

それにしても全体を通してレブリミットなんてあったっけ?というまわしすぎです。
やはり平常心ではなかった模様。
これからは、もうこんなにクルマを痛めつけないようにしよう。。。

|

« 第6回 エイトリアンカップ | トップページ | サーキット走行における自己責任の範囲 »

コメント

参考になりました。筑波以上にとあるものの効果が大きいと感じました。僕も買おうかな・・・・。

投稿: ミセガワ | 2007/12/18 23:04

ミセガワさん>

クロスミッションかな?

投稿: さわじぃ | 2007/12/19 13:03

正解!!

投稿: ミセガワ | 2007/12/19 21:22

2速でレブ→3速でレブ→4速
という状況が3回(筑波は1回)あるので、2→3シフトアップ時に回転の落ちが少ない、というのは有効でしょうね。

まだつめ切れていない段階で、車載の通りですので、本当はもうちょっとハイギアードの方がいいのかと思っています。。。

投稿: さわじぃ | 2007/12/20 12:08

さわじぃさんは
キレると速くなるタイプですか?w

投稿: てきどん | 2008/01/01 00:15

てきどんさん>

恐らく、経験・データが少なくて、メンタル面でのリミッターの精度が甘い間にいくつかの壁を越えたものだと思います。。。岡山も富士も。

タイム出せたのは、自分を納得させるための意地ですかね・・・

投稿: さわじぃ | 2008/01/02 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/17399823

この記事へのトラックバック一覧です: EZ Challenge 車載:

« 第6回 エイトリアンカップ | トップページ | サーキット走行における自己責任の範囲 »