« 首都高C2(新宿~池袋) | トップページ | 期待が膨らむオフシーズンテスト »

2008/01/16

第7回 エイトリアンカップ

2008年最初のモータースポーツイベント参加は、RX-8だけの走行会「エイトリアンカップ 2008 New Year!」(2008年1月12日 筑波サーキット2000)。私はRX-8 Grandprix(レースクラス)にエントリーした。

(長文で~す)

1月12日の天気予報はずっと雨。
最近の週間天気予報は、2~3日前まではコロコロ変わるので話半分に見ていたが、一向に回復の気配なし。
結局前日でも80%程度の雨予報のままなので、さすがにあきらめて、前日はウェットレースを前提にセッティングおよび戦略検討を行って早めに就寝。

朝、というか深夜2:00起床、3:00出発。(カミさんがスタッフのため集合時間が早い)

出発時の東京は雨こそ降っていないものの、この時期・時間にしては異常に気温が高い(RX-8の外気温計で8℃)。これは厚い雲が上空にあるとしか考えられず、雨が降るのは時間の問題と覚悟する。

筑波サーキットに到着して、走行準備をしていると雨が降り始めた。
もうどうしようもないので腹をくくって、前日決定したセッティングを行う。

あ、いや、決して「これで今日は自分の筑波ラジアルベストを誰にも破られないぞ」とか思っていませんから・・・晴れたら自分がレコード更新するつもりでしたので。。。

短めのドラミも終わり、走行開始を待つ。

予選開始は9時。直前に雨が若干小降りになる。傘が不要なくらいに。
「お、これは・・・」と思ったが、とりあえず予選第1ヒートは完全なウェットであることには変わりはない。このまま止めば、第2ヒートは改善しているかも、という期待を抱きつつピットへ向かう。

午前9時、コースイン。
最初の1周はペースカーが入って先導走行。
コースコンディションの確認とタイヤのウォームアップを行う。
コースコンディションは当然ウェット。かなりすべる。

そしてペースカーがピットロードに入り、予選がスタート。
前車とは約100mの間隔を空け、最終コーナーを立ち上がる。早めのブレーキ、立ち上がりでは向きが変わるのをジっと我慢、という1周目。ブレーキング時は邪魔にならない程度に1オフのDSCが介入している(私はウェットではDSC1オフです・・・)状況。しかしそのラップ中にバックストレートで前車に追いついてしまい、どうしようか悩んだが最終コーナーでインに入って抜くことに(譲ってもらった)。

これにより、2台とも1周目(最終コーナーの通過速度&ラインに制約)と2周目(最終の立ち上がり速度低下)を犠牲にしたことになる。前は随分空いていたので、コースコンディションを確かめながらそれなりに飛ばし、次のラップに備えて最終コーナーを立ち上がり重視でクリアすると・・・チェッカーフラッグが・・・予選は8分なので3周は計測可能とシミュレーションしていたのだけど・・・計測2周で終わってしまった。。。クリアで攻めたラップがないまま予選第1ヒートが終わってしまい、不本意な順位に。

こうなると予選第2ヒートで挽回するしかない。

2時間弱のインターバルがあって、迎えた予選第2ヒート。
明らかに第1ヒートよりも雨量が多い。視界も悪い。
しかし、やるしかないので限界を探りながらアタック。
第2ヒートは、計測3周ともクリアで走れた。第1ヒートのタイムも上回った。0.5秒ほど更新。
コントロールタワーを見ると、このヒートは私がトップ。さて、あとは第1ヒートとの関係がどうか・・・ダメ。結局予選5位(GP-1クラスでは2位)と沈んでしまった。

決勝までは数十分。前の4台を見ながらレースのシミュレーション。
車両の性能差は?
レース経験は?
連続周回の安定性は?

参加者のうち、ほぼ全員が知り合いというエイトリアンカップのレースクラスだから、かなり精度の高いシミュレーションが可能だ(と思っている)。1位になるシミュレーションまでは描けなかったが(爆)、とにかくベストを尽くすしかない。。。

グリッドについて決勝スタートを待つ。
巫女さん姿のレースクイーンが遠い。。。徐々に遠くなっているな・・・

5秒前・・・レッドシグナル・・・消灯!
クラッチミートのタイミングと回転数はイメージ通り、それに機械式LSD、8分山のR1R(リア)が功を奏し、前車(3位)との差が見る見る縮まる。一旦真ん中に振ったところ3位もそちらに寄って来たので一気にイン側を目指す。コンクリートウォールと前車との間に車両を滑り込ませ、R Magic3速クロスの加速で1コーナーまでに並べた。

そのまま(私は)インベタで、サイドバイサイドのまま1コーナーを通過し、立ち上がりでテールスライドしないように気をつけながら立ち上がる。。。あれ、加速しない?!

・・・2速にシフトダウンするの忘れた(爆)
周囲との位置関係とブレーキング、ラインキープに気をとられすぎてました。。。
2位の車両は見る見る離れていき、横にいた車両には先行されかけ・・・しかしそこが3速へのシフトアップポイント。相手がシフトアップするタイミングで横に並ぶ。そのままS字へ進入。単独なら乗らない縁石も使って1ヘアへ。。。先行できました(これで3位に浮上)。繰り返しになりますが、3速の加速はR Magicクロスのおかげでアドバンテージがありますので。しかし、なぜか4速にシフトアップしています。やはり動揺していたようです・・・

次は2位を追いかけます。
今度は車両差があまりないので、お互いの得手不得手を認識した上でパッシングポイントを決めなくてはなりません。。。

とりあえず真後ろを走ると水しぶきがすごくて、ちょっとズレて走ることに。
ラインを変更したので、鋭角に2ヘアを立ち上がると・・・あれぇぇぇぇ・・・

そっちじゃない・・・オレが行きたいのは~~~

何とか立て直せました。熱くなってアクセルオンが早すぎました。
本日の一番アブナイところでした。
このミスで順位を落とさなかったことがラッキーでした。

気を取り直して再度2位を追いかけます。
徐々に差が詰まっていき、よしプレッシャーをかけるぞ!というバックストレート。
どうせ抜けないけど、先行車のサイドミラーに映るようにラインを右へ変更した瞬間、NOSパワーで一気に・・・ではなく、普通に車両1つ分前に出ました。シフトポイントだったので、きっとシフトミスだろうと思って、そのまま右側キープでインベタで最終コーナーへ。パッシング成功。これで2位浮上。

さて1位は・・・と、遠い。

あとはミスをしないように一途に追いかけ、徐々に差がつまるも、プレッシャーをかけるまでの距離には届かず、12周が終わりました。途中エアコンを入れたり切ったり(曇り止め)、ちょっとしたミスをしたりしていますが、まああまり見所のない周回です。本日の自己ベストは、9周目(後半の3周目)の1分15秒757でした。

RX-8 Grandprix 前半(LAP01-LAP06)

RX-8 Grandprix 後半(LAP07-LAP12)


RX-8 Grandprix 決勝全LAP
LAP01 1'24.283
LAP02 1'16.740
LAP03 1'16.586
LAP04 1'16.164
LAP05 1'16.203
LAP06 1'16.528
LAP07 1'16.158
LAP08 1'16.226
LAP09 1'15.757
LAP10 1'16.365
LAP11 1'16.089
LAP12 1'16.032

これを見て思うのは、エアコンを切った周回は明らかに速い、ということ。
勝負のためには助手席の窓全開でエアコンを切るべきだったか・・・(笑)

GP-1クラス優勝ですが、事実上の2位です。チューニングレベルの低いクラスに負けました。予選5位からはよくやったとは思いますが、かなり悔しいです。最初から1位の方とバトルできていれば、抜けなくても経験値が上がっただろうに・・・

しかし、1つ大きな収穫がありました。
それは・・・「トップチェッカーの受け方」(木亥火暴)
そうか、ああすればカッコイイのか。今まではパッシングくらいしか思いつかなかった。う~ん。次はアレやろう。

ま、初めてのウェットレースを事故もなく乗り切り、決勝中に3台抜き、「優勝」の盾をもらえたのでヨシとしよう。

主催者代表のエイトリアンさん。いつもながらお疲れさまでした。私の活躍は見ていておもしろくないでしょうが(笑)、今回も楽しませていただきました。

スタッフの皆様。寒い雨の中、お疲れさまでした。皆様の献身的な仕事ぶりは本当にいつもいつも頭がさがります。

RTE女子部の皆様。巫女姿の方もそうでなかった方も寒い中お疲れさまでした。いつも以上に走りに集中していて気難しいオーラが漂っていたと思います。すみません。お見送りやパドックでの立ち振る舞いで元気になれたことは間違いありません。次もがんばってください。

参加者の皆様。雨なのに大事故もなくイベントを終了できたことはすばらしいと思います。自己ベスト更新を狙っていた方(私も含む)にとってはあいにくの天気でしたが、天気ばかりはどうしようもないので次に期待しましょう。

次のエイトリアンカップは3月。それまでにさらなる進化を遂げて、次こそ総合優勝を狙いたいと思います。

|

« 首都高C2(新宿~池袋) | トップページ | 期待が膨らむオフシーズンテスト »

コメント

お疲れ様でした&おめでとうございました。
E-CUP連勝中ですね。
私もウェットレースは良い経験になりました。

しかし、機械式LSD+3速クロスは強力ですね。
UDEが互角(と思いたいw)な現状のままでは私が勝てることはなさそうですが、パーティーレースに出たときにはなんとかしますので、是非(笑

投稿: かねぴー | 2008/01/16 08:12

雨はリスキーだから、思いっきりは行けないよネ。帰りも自走だから、壊せないし・・・。

ラップも安定していて良いじゃないですか!
私も以前は、考えて考えて向上心を高めていましたが、今ではオジサンモードです・・・。
年をとるとイカンイカン。

エイトリアンカップのレポート見ると、みなさんの活気が伝わってきますよ。
元気があれば何でも出来る!
1,2,3,・・・7,8だぁーーー!

投稿: かんべぇ | 2008/01/16 09:07

おちかれさま&おめれとうございます
やはり、ココまで逝かないと15秒なんて出せないのかぁ
年頭でクラッシュは昨年で懲り懲りだったので、自分はチョー安全圏ドライブw
最終戦くらいはレースのほうで参加したいです

投稿: てきどん | 2008/01/16 12:01

お疲れ様です&おめでとう御座います!

前見えない…
これでトラブル無しって、やっぱ参加者のレベルはめっちゃ高いですね(汗

投稿: よた | 2008/01/16 23:42

かねぴーさん>

ありがとうございます。
機械式LSDと言ってもマツスピなので、それほどでもないですよ(ドライだとサッパリ効きがわからず・・・雨だとかろうじてわかる)。ほんのチョビっとのアドバンテージです。

それより、かねぴーさんのD1シーンは?(私は1周目の2ヘア) レコードラインに対する角度で勝負決めましょ。

かんべぇさん>

1周目の2ヘア立ち上がりで目が覚めました。
そこでレースが終わらなくてよかったです。
不本意ながらクラス1位で走っていたので、そのポジションを失わない走りの中で前を追いかけてました・・・

てきどんさん>

ありがとうございます。
いや、これでかなり緩い走りですよ。
特にダンロップと80Rは全くアクセル踏めてません。予選第2ヒートはもっとリスク削ってましたが、コンディションが悪くタイムは出ませんでした。。。

よたさん>

ありがとうございます。
まあ、これはカメラですからね。実際はもうちょっとは視界よかったです。
でもエアコン入れないとダメでした。

投稿: さわじぃ | 2008/01/17 01:13

おつかれさまでした&おめでとうございます!

車載とレース解説、参考になります。
予選は外で聞いていても、「あれ?もう終了?」というくらい短かったですが、やはり大変なのですね...

「トップチェッカーの受け方」はピット上で生で見ていて、そのカッコよさにビックリ!!

次回、さわじぃさんのアクションを期待しています!

投稿: Delvecchio | 2008/01/17 09:30

優勝おめでとうございます!!
本当に勝ちっぱなしのさわじぃさんですね。

いつも走りへの探究心を持ち自己分析を欠かさず、上を目指すその姿勢に心打たれます。
私も現在の自分に甘んじず、上を目指していきたいと思わせてくださる背中はやっぱり素敵です。
RTE女子部のスターと呼ばせていただきますww

投稿: mini | 2008/01/17 23:30

おめでとうございます!

レースのことは良くわかりませんけど、実際に走ってるのを見て感激しました!

これからもガムばって下さい。

投稿: 円卓の愉快な仲間達 | 2008/01/18 12:16

Delveccioさん>

ありがとうございます。
次回はトップチェッカーを受けられるようにがんばります!

miniさん>

ありがとうございます。miniさんも寒い中お疲れさまでした。

次回からはもっと厳しいバトルになると思うので、さらに気合をいれてがんばります。

> ・・・呼ばせていただきますww

あ、そこ笑うとこじゃないです。(; ;)

円卓の方>

最近円卓にいないじゃないですか・・・
それはさておき、見てくださってありがとうございます。レース的には2007年8月の方が見事があるので、よろしければそちらも是非。http://black8.way-nifty.com/monologue/2007/08/rx8_grandprix_16a5.html#more

次もがんばります。

投稿: さわじぃ | 2008/01/18 12:37

スターとかいい気になりやがって・・(笑

ということで乙でした

なんか参加できない率が高くなってきてしまってつまらないので、次はちゃんとやっつけます。

むきー!

投稿: エイトリアン | 2008/01/19 00:28

エイトリアンさん>

さわじぃ号もチューニングの最終段階に入りつつあるので、次も負けられません。

しかしSタイヤのタイムを何とかしないとな・・・タイム出す機会がない・・・

投稿: さわじぃ | 2008/01/19 11:31

優勝おめでとうございます。
抜かれた2位の車です。ご推察の通りシフトをミスりました。車を左右に振って「や」車のごときプレッシャーをかけてきたと思っておりましたが、水しぶきよけだったのですか・・・・。まんまとプレッシャーに負けました。その後は抜かれてかえって気が楽になりましたが・・・。

ファステストの秘密はリアが新品の265だったのです。やはり接地面積と排水性の差は大きかったのかも。
無理がたたったかファステストの次の周2ヘアでブレーキがきかずグラベルに出てしまいました。

もう少しバトルっぽく一緒に走りたかったです。また、よろしくお願いします。

投稿: KOO(くー) | 2008/01/20 00:40

KOO(くー)さん>

ありがとうございます。
新品の265でしたか・・・また思い切ったことを・・・

でも、私もリアは1時間程度しかスポーツ走行に使用していない255でしたので、そんなに差はないかな、という気もしますね。

今回は私自身も初のウェットレース、ということでいろいろと勉強になりました。今後に活かしますので、またよろしくお願いします。

投稿: さわじぃ | 2008/01/20 09:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/17710540

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回 エイトリアンカップ:

« 首都高C2(新宿~池袋) | トップページ | 期待が膨らむオフシーズンテスト »