« 期待が膨らむオフシーズンテスト | トップページ | エンジンルームに・・・ »

2008/01/28

ガソリン国会

誰か教えてください。
回答できるのは政治家か官僚か。

問1
ガソリン税の暫定税率が本来の税率に戻ると、作れなくなる道路、整備できなくなる設備は具体的にどこなんでしょう。別にガソリン税の税収がが0になるわけじゃなくて、53.8円/Lが28.7円/Lになる(47%減)のであるから、優先順位の高いものから予算が割り当てられ、下位47%が予算不足で執行できない、と考えるが筋。では、優先順位をつけて並べたら何が可能で何が不可能になるのか。暫定税率維持論者の主張は何を見ても、25.1円が取れないと、何もできない、みたいな議論ばかり。そんなはずはないのだが。ずばり圏央道や外環は下位47%なのか。まず第一にそれを教えて欲しい。

問2
そんなに必要な税金なら、なぜ「暫定」税率なのか。本当に必要な税収なら本則の税率を変更するべく法改正しなければいけないのではないか。それをしないのはやはり増税すると選挙で不利だからか。もうここまでくると、問1に回答せずに暫定税率を維持されると、私個人的には無駄な(何に使っているか分からない)税金を増税されたというのと何ら変わらない評価になってしまうのですが。

あと、ガソリン税に消費税がかかっているのも問題のはずなんだけど、今回はあまり議論にならないな。。。所詮3円/Lという額の話だが、道路特定財源じゃないから族議員には関係ないってことか・・・

もうウンザリ。

|

« 期待が膨らむオフシーズンテスト | トップページ | エンジンルームに・・・ »

コメント

重量税の暫定税率もこの際なしで。
こっちも話題にならないのはなぜでしょう?
もう、取らないことになったのかな?

投稿: ぱらら | 2008/01/29 02:38

答えにはなっていませんが。

日経BPのSAFTYのコラムに
道路特定財源は道路にしか使えないが、一般財源を道路に使ってはいけないという決まりはない。
一般財源への移譲をしてしまうと道路には全く振り向けられないみたいに言っているけど本当に必要なら予算に盛り込めば回せるはず。
暫定税率を廃止しても本当に必要なら一般財源から支出して作ればいいじゃないのかという指摘がありました。
本来税金の使い道は国民に選ばれた議員で構成される国会で決めるのが民主主義の原則のはずなのに特定財源は省庁が使い道を決めてしまう、これは憲法的にも違憲なのではという指摘もあるし確かにそういわれればそうだと思います。
暫定税率は30年以上前の本当に道路財源が足りなかった時の特別措置だったのにずっと続いている間にあって当然みたいな感覚になってしまったのが問題なのかも。
東名はIMFから資金を一部融資してもらって6年で完成したそうな、そう考えると時代が変わったというのもあるけど圏央道などわざと時間とお金をかけて作っているのではと勘ぐりたくなります。

投稿: くりのぶ | 2008/01/29 07:45

お久しぶりです。

さわじぃ様と同感です。
これをキッチリ回答してもらいたいですね!

投稿: CU-MS | 2008/01/29 22:33

ぱららさん>

5月が車検なので気になりますが・・・暫定税率維持でしょうね・・・
ただ、自賠責は保険料下がるんですよね、確か。

くりのぶさん>

特定財源・特別会計はすぐに撤廃。全て一般会計で予算に盛り込め、という立場です、私。何をやっているのかわからないことが多すぎるので何も信じられません。。。

CU-MSさん>

ありがとうございます。
もちろん期待なんてしていませんが、ちゃんとした説明は一切なく、無理やり「つなぎ法案」が通ってしまいそうですね。。。

投稿: さわじぃ | 2008/01/30 00:40

いいかげん本気で国民が怒らないと、うやむやなまま
やりたい放題ですよね。
ネット上でも抗議メールでも何でも良い。
出来る範囲で声は上げていかないとホントに
日本の将来は取り返しがつかなくなる気がします。

>ずばり圏央道や外環は下位47%なのか
何かの記事で読んだことがありますが
整備計画上位にはズラリとド田舎の路線が並ぶ中
それでもさすがに圏央道や外環はかなり上位に
入っていた・・・はずです。

投稿: kamekichi | 2008/01/30 03:28

kamekichiさん>

・・・あれ? オチがない・・・マジメなコメント・・・ですか?(笑)

冗談はさておき、なんだかんだ言ってこの春に暫定税率が全面廃止されることはなく(一部廃止は妥協の産物としてありえるかな)、一般財源化されることもないでしょうけど、その後、民主党がこの問題をどう扱うか、ですね。

放置プレイなら「ああ、単に政局にしたかっただけなのね」ですが、分裂覚悟で選挙のときまで争点にするのであれば(進んで一般財源化&道路整備計画の聖域なしの見直し)、見直すのだが・・・

期待しないでおきます・・・

投稿: さわじぃ | 2008/01/30 19:24

ガソリン税(暫定税率)
そもそも論として、本来の信じられない税率を、消費税率まで戻さなければならないです。
でもって、暫定税率はどうなの!?ってなるのが本筋ですかね。
昨日、石原君と、菅君がテレビでこうしらたどうよって提案していました。
しごく賛成でした。
一般財源で必要に応じて、加減すれば良いと言う提案でした。
つまり、一般財源化するが、このうち必要な費用は、道路財源にする。
しかし、必要ないものは、福祉なり、減税に回すことが良いと・・。
管氏言っておりました、誠大橋「古賀誠氏お膝元に作った橋」(約65億円)は一日20台しか通行しない!!。
和歌山県も同じ、費用対効果がどうよ・って。

投稿: 風来坊 | 2008/01/31 21:54

風来坊さん>

ガソリン税が廃止されたら、他の税金ができるでしょうね・・・環境保全目的の目的税・・・とはならないでしょうけど・・・

道路はさすがに100%費用対効果で判断するわけにはいかないでしょうが(赤字でも必要な道路はあるとは思います・・・例えば日本全国どこにいても救急車が○分以内に到着できるように・・・とか)、特定の政治家の利権のために税金が投入されるのは許せないなぁ。あと、規格の問題か。単価が高すぎるってのも問題ですね。

とにかく、政治家には説明責任を果たしてもらいたいし、それができない政治家・政党には選挙で痛い目にあってほしいですね。

投稿: さわじぃ | 2008/02/01 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/17878193

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン国会:

« 期待が膨らむオフシーズンテスト | トップページ | エンジンルームに・・・ »