« YRSプラクティス車載 | トップページ | RX-8 GrandPrix 2連勝! »

2008/03/09

Dテクニック走行会でTC1000ベスト更新!

筑波1000・2000ハシゴの週末の1日目(2008年3月8日)、Dテクニックの走行会へ参加しました。

Dテクニックの出来さん、加藤さんには、モータースポーツイベントで夫婦ともども良くしてもらっていて、お店に行っても、イベント終了後のファミレスなどでも非常に勉強になるお話を聞かせてもらっています。

今回も、いい環境での走行機会をアレンジしていただいただけでなく、いいお話もたくさん聞くことができました。ありがとうございました>出来さん、加藤さん

さて、今回の走行の目標は、昨年10月に記録した筑波サーキットコース1000での自己ベスト(42秒24)を更新すること、でした。今の仕様での真冬アタックをしていないので、ベスト更新は当然できるものとして、41秒台を出すことを自分に課しました。データが豊富なコース2000から、気温のインパクトは0.5秒程度はあると思っていました(コース2000で1.5秒程度のインパクト、ラップタイムは3分の2くらい、全開時間が少ないことを踏まえて、そんなもんかと)。

天気予報では雨の心配はなし。
気温は3月中旬だし、あまり期待していませんでしたが・・・朝起きると結構寒い。筑波に向かう道中も一面霜が降りている。走行準備中も結構寒い。これは朝一のヒートはかなりいけるかも・・・期待が膨らむ。

第一ヒートは9時から。
第一ヒートのみ慣熟走行あり。読者の皆様の期待通り、「いつも通り」先頭に並ぶ。エイトリアンカップと違って、参加者の皆さんはオトナで、先頭争いは全く激しくない。。。ま、周囲のことは関係ない。一番いい状態でクリアラップを取るためには先頭で走り始めるのが一番。

ドラミでは、慣熟走行後は全車ピットイン、ということだったと思うので、先導車に続いてピットインすると信じられないことに大半のクルマがそのままホームストレートを全開で通過。。。え?ドラミでの件は私の聞き間違い?(真相は不明)

これで、タイヤもエンジンもおいしい時期の連続クリアラップの夢はなくなった。
しかし、もうどうしようもないので現状を受け入れてアタック開始。

計測1周め、タイヤの温まり具合、ブレーキのフィーリングを確認しながらのラップ。
なんと41秒3?!
目を疑いました。まさかここまで気温のインパクトがあるとは・・・
これなら40秒台もいけるかも?
と思いながら、コース上の空きを探しながら時々アタック。
マジアタック2回めで41秒15(公式記録は41秒144)を記録。それ以降はタイヤもブレーキもピークを過ぎた感があって、タイムを削ることができず。

第二ヒート以降は、春らしい陽射しで気温があがり、最高速も数パーセント落ち込み、41秒5前後のタイムは出るものの、40秒台は全く見えない。。。翌日のエイトリアンカップに向けて、クルマを壊すのだけは回避しなければならないし、タイヤを痛めつけるのもよろしくない、ということで無理はせずに走行終了。

結局、朝一のヒートで出した41秒144が本日のベスト。なんと自己ベストを1秒以上更新です(10月に出したタイムでしたが)。目標設定が甘かったとしていいようがありませんが、ともかく41秒台を出せてよかった、というのが率直な感想です。

走行会終了後は、石下のCOCOSでクルマ談義に花を咲かせ、4時間後に散会しました(21時30分頃)。

宿泊は水海道スカイホテル。
チェックインして、軽くネットサーフィンして(無線LAN完備)、就寝。

筑波1000・2000ハシゴの週末の2日目のエイトリアンカップについては、日を改めて書きます。

|

« YRSプラクティス車載 | トップページ | RX-8 GrandPrix 2連勝! »

コメント

さわじぃさん、41秒すごいですね。
☆・・ベスト更新おめでとうございます。
次のシ~ズンになったら、40秒切りとかありそうですよね。
わたし、どのコースを一番多く走ってるかだと、TC1000が一番走っているのですが、41秒、40秒のタイムって、S2000とかFDとかしか見たことないから(あとは車種分からず)、はあ・・、ホントにすごいタイムですの、と思いました。

投稿: めい | 2008/03/10 22:17

投稿: めい | 2008/03/10 22:18

ベスト更新おめでとうございます!!
さすがですね!


先日私もEP3シビックで41秒3を出しましたが、
あっけなくさわじぃさんに抜かれてしまいましたね。

私も朝イチのヒートは最高のコンディションでした。
その後は41秒4、41秒5は連発するもここまで。
って感じでした。

エイトリアンカップの報告も楽しみにしてます。

投稿: CU-MS | 2008/03/10 22:57

めいさん>

自分でも驚きました。41秒台とはいっても、よくて41秒5くらいかと思っていましたので。40秒切りはR1Rではシンドイでしょうね。Sタイヤならイケルかもしれませんが・・・

CU-MSさん>

ありがとうございます。
気温等のコンディションって大きいですね。改めて考えさせられました。。。
こんなタイムが出るなら助手席外せばよかった、と思いました。。。

投稿: さわじぃ | 2008/03/11 00:26

いやーもの凄いタイムですね。43秒台で喜んでいる私から見れば夢のようなタイムです。

狙ってしっかりタイムを出せるのは、スキルの高さや経験ですよね。

今後も参考にさせていただきます。

投稿: family仕様 | 2008/03/14 15:32

family仕様さん>

私自身もこんなタイムが出るとは思っていませんでしたね。TC1000はあまり走る機会がなかった、というのもありますが、私の中では42秒台への壁(43秒切り)がものすごく大きかったです。

ブレイクスルーは、どこかで見た、大井さんの同乗走行映像でした(もちろんRX-8)。自分で「これだ」と思っていた操作といくつか大きく違うところがあって、それを真似してみたらあっさり、8月なのに42秒台が出て、そのまま3月にアタックしたら41秒、という感じです。

やはりプロはすごいなぁ、と思う次第です。

投稿: さわじぃ | 2008/03/15 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/40444705

この記事へのトラックバック一覧です: Dテクニック走行会でTC1000ベスト更新!:

« YRSプラクティス車載 | トップページ | RX-8 GrandPrix 2連勝! »