« Dテクニック走行会でTC1000ベスト更新! | トップページ | RX-8 GrandPrix(2008/3/9) 車載 »

2008/03/11

RX-8 GrandPrix 2連勝!

筑波1000・2000ハシゴの週末の2日め(3月9日)は、RX-8だけの走行会、2008 Spring エイトリアンカップ、レースクラス(RX-8 Grandprix)へ参加しました。

今回のRX-8 Grandprixは2008年シリーズの第二戦。

雨のレースとなった第一戦は予選2位からクラス優勝でしたので、今回も優勝を決めてシリーズチャンピオンに王手をかけたいのと、ラジアルレコードホルダーの意地をかけてポールポジションを取ることを目標にしていました。

【予選(15分)】
既に3月なので、15分連続アタックをしても後半にベストが出ることはありえないため、最初から3周アタック、ピットイン(空気圧調整)、2周アタック、と決めていました。
また、最初にペースカーが入ることも聞いていたので、計測1周めに本気アタックするのは不可能(タイヤを暖めきれない&最終コーナーへの進入速度が足りない)と考え、計測1周めはエンジンに負担をかけないことと、ブレーキとタイヤの感触を確認することに使い、計測2周目からアタックすることにしました。(先頭でしたのでペースコントロールしてしまいました、計測1周目から本気アタックするつもりだった方、すみません)

計測2周目(アタック1周め)。
イメージ通りに走り、最終コーナーへの進入。
なんと3速に入れ損ねてしまいました。。。
ここでミスすることなんてほとんどないのに・・・
ニュートラルのまま最終コーナーを半分くらい走り、正気に戻ってクラッチを踏みなおして3速へ・・・これで計測1周めはもちろんのこと、2周めも初速が乗らないためにベストは出せない。。。

しかし、後半赤旗等でセッションがなくなる可能性も否定できないことから、それなりのタイムを出しておかないとリスクが高い、と考え、そのままアタックを続けました。
痛恨のミスをした計測2周めは手元で1分7秒28(公式記録は7秒283)。計測3周めの途中でタワーをチラ見したところ、さすがにトップタイムではありません(確か4位)。

計測3周めで1分7秒044。タワーの表示では一応トップとなりました。
予定ではここでピットインすることになっていましたが、焦っていたためにもう1周してしまいました。想定通り、タイムは伸びず7秒364。

ピットインして空気圧を調整し、コースイン。
再度アタックするもベスト更新できずにチェッカー(自分の周回計算がピッタリだったことにちょっと感動)。このとき、既にタワーのトップには「4」(私のカーナンバーは「1」)がありました。ポールポジションを逃したことは確定。クーリングをしながら、何度もタワーをチラ見(チラ見とは言わない?)。バックストレートで見たときも順位変動がなかったので、予選2位を確信。

悔しさ一杯でパドックに戻り、ポールゲッターのみつさんのところへ・・・
手元タイムを聞くと、100分の2秒差!
悔しさ倍増・・・
しかし結局は自分のミスがもたらした結果。悔しさをこらえつつ、決勝のことを考える。

決勝までの間に、他の走行枠のとある方が最終コーナーでコースアウト(単にグラベルにハマっただけ)しました。

経験も実績もある方なのでいきなりオーバースピードで飛び込むはずもなく、タイヤマネージメントのミスとも考えにくく、どうしたのかと思い、パドックに戻ってきたところを直撃インタビュー。結果「前のヒートと違う路面状況でスライドを止められなかった」とのこと。風が運ぶ砂の影響か、走行車両がもたらすタイヤカスやオイルなどが原因か、理由は分からないが、とにかく路面コンディションが刻一刻と変わっている、というのは間違いない。予選から決勝までの間に3時間近くあるので、このような情報は非常に重要。決勝1周めは特に注意。自分だけでなく、自分の近くにいる誰かが足元をすくわれる可能性がある。。。

予定よりも15分くらいのディレイで決勝開始。

【スタート】
順位を上げるための最大のチャンスでもあるスタート。
昨年の8月のレースは大きくミスして順位後退。その時に抜かれたのは今日のポールのみつさんだ。あの時の車載の見る限り、自分のミスもさることながら、みつさんのスタートは完璧で、さらにもう1台抜きそうな勢いがあった。今回もそのようなロケットスタートを決めるのだろうか・・・
イチかバチかにかけるか・・・しかし、今回は失敗した場合に失うものも大きそうだ。

私が選択したのは・・・抜かれないスタート。つまり「無難」なスタート。
みつさんがスタートでミスしない限り、スタートで前に出ることはできないだろうが、今回もみつさんがロケットスタートを決める可能性もある。とすれば、うまくいっても抜けないかもしれない、失敗したら順位を落とす、としたらあえてリスクを取ることはないと考えた。

結果、今回もみつさんはロケットスタートを決め、もし私が完璧なスタートを決めたとしても1コーナーまでに前に出ることは難しかったと思う。そして予定通り、2位のポジションをキープしたまま1コーナーへ。

【Lap1~Lap5】
序盤は、先行車と自分の得手不得手を見極めること・・・
のつもりでしたが、かなりマジに走らないと置いていかれそう。全く余裕なし。
流石だな・・・と感心している場合ではないので、一生懸命ついていく。
Lap2、ほぼ全開アタックのつもりで追いかけると、S字でドンドン差が詰まっていく。1へア進入のブレーキングで思わずおっとっと・・・と、このレース一番の危ない場面。ミスなのか、車両の差なのか・・・次の周で確認。。。よく分からず(爆)

しかし、周回を重ねると差が詰まるところと開くところが同じような気がしてきた。

同じRX-8でもここまで違うものか・・・私もみつさんも駆動系チューニングをしている。タイムアップを目指して、異なるショップが異なるアプローチで出した答えがこれなのか・・・かなり興味深い。

しかし、抜けない。
やはり筑波は抜くところがない。というか、抜けるほどの差がない、というべきか。
抜けそうな機会は何度もある。しかし、飛び込むのは「無謀」と言う状況ばかり。

Lap4のバックストレートでスリップに入れたのか見る見る差が縮まる。最終コーナー進入で飛び込むのは無理そうだったのでこのままの差をキープしながら1コーナーでの逆転を狙う・・・つもりが最終コーナー立ち上がりで離される。。。ホームストレートでシフトアップしようと手を伸ばすと・・・なんと、4速のままだった。位置関係を気にしすぎてシフトダウン忘れた・・・痛恨のミスでチャンスを失う。

その後も3位以降とは若干差が開いてきているので、タイヤのことは二の次でプレッシャーをかけ続ける。

【Lap6】
転機がやってきたのはLap6。
2ヘアの立ち上がりでみつさんが失速。追突しそうになるが、間一髪横に出る。
シフトミス・・・だろう(レース後に確認、そのとおり)。
同じミスをしないように、気をつけながらバックストレートを走る。
イン側最終コーナーに飛び込む。ここの飛び込みは私に分があることはここまでの周回で明らかだったので、自信をもって走る。しかし、最終コーナーのクリップ後の加速はみつさんに分があることはこれまた明らかだったので、ホームストレートで抜き返されないようにラインを取る。

【Lap7~Lap12】
あとはブレーキングとシフトチェンジでミスをしないようにレコードラインを走るだけ。
前に出てからも序盤で感じていた傾向は顕著。気をつけなければいけないのは1コーナーと2へアの進入。並ばれないように注意しながら、ミスをしない限界のペース(90%くらい)で走る。

Lap9の1へア進入で痛恨のシフトミス。4速に入らない!
そのまま惰性で走って2速へ入れて立ち上がる。
追突されずに良かった。焦らせてすみません>みつさん。
わざとじゃないので許してください。

その後も離し、迫られを繰り返しながら、最終ラップ(サインボードを出す人がいなくてもこれが分かるのも手元の計測器のおかげ)。最終ラップを立ち上がり、フラッグタワーのオフィシャルがチェッカーを持っているのを確認してから、イン側へライン変更。

・・・これをやりたかった!・・・(笑)
(1月のレースで総合優勝した方のパクリです)

コース上の表彰式でシャンパンを暴発させてしまうなどのミスもありましたが、何とか無事に優勝を勝ち取ることができました。

よかった。
本当によかった。

今回は、今までのエイトリアンカップのレースの中で、一番余裕のないレースでした。
最後の最後まで、2位と争っていた(振り切れなかった)のは初めてでした。
だからこそ、勝利の喜びは大きい、とも言えます。

エイトリアンカップ内での開催レース(2007年1月・8月、2008年1月・3月)は全勝(2008年1月はクラス優勝)というステータスも維持。

次は、しっかりとポールポジションを取って、スタートの練習もして、ポールtoウインを決めたいと思います。


【最後に】
レースクラス以外のことは全く書いていませんが、今回の「2008 Spring エイトリアンカップ」は、RX-8だけの走行会枠(46台)、初心者向けのアドバイス付走行枠、ショップデモカー(もちろんRX-8のみ)の同乗走行とタイムアタック、ショップパーツの特別セール、コスプレしたレースクイーン、プロのレースアナウンサーによる実況やMCなどがある、RX-8をテーマとしたビッグイベントでした。

主催のレーシングチームエイトリアン(RTE)代表のエイトリアンさん、スタッフの皆様、いつも通りのすばらしいイベント運営、お疲れさまでした。ありがとうございました。

そしてレース中やパドックで応援、お話をしてくださった皆様もありがとうございました。お会いするのが初めての方に「ブログ見てます」と言われると、ちょっと恥ずかしいのですが、それ以上に大変嬉しいです。レース前とかは怖い顔をしていることも多いかと思いますが(爆)、これからもよろしくお願いします。

|

« Dテクニック走行会でTC1000ベスト更新! | トップページ | RX-8 GrandPrix(2008/3/9) 車載 »

コメント

お疲れ様でした。
優勝おめでとうございます。

逃げてる時も追いかけている時も非常に面白く、良い経験になりました。

1ヘア進入もシフトミスかなと。
マージン取り過ぎてブレーキも早かったのかもしれません。
2ヘアの時も失速で焦らせてしまってすみませんでした。

それにしても、場所によってかなりの違いがあるなという感じでした。
これがあったから余計に面白かったのかなと感じてます。

また、次回以降よろしくお願いします。

投稿: みつ | 2008/03/11 00:42

ツーン

く、悔しくなんて、ないんだからねッッッッ!!

投稿: エイトリアン | 2008/03/11 06:23

お疲れ様でした&優勝おめでとうございます。

常勝のさわじぃさんでもシフトミスするんだなと、ちょっとホッとしたり・・・

裏ストレートからタワーの表示見えるんですね、知りませんでしたというか、表示番号見えるって凄い視力ですね。

投稿: 「もと」 | 2008/03/11 07:52

優勝おめでとうございま~す。
いつもながらの分析レポート、楽しく読ませてもらいました。
さわじぃさんがチンコで勝負できない領域に行ってしまった、という感じです(泣
まぁ、そのうちに逆転しますので待っててください(RTE

投稿: かねぴー | 2008/03/11 08:40

優勝おめでとうございます。

前の2台は別次元の速さでした。牽制しあっているときは離されなかったけど、あとはじわじわ離れて行っちゃいました。

さわじぃさんもミスをしていたのですね。もっと完璧な走りをしているのかと思っていました。

予選からレースまでのコースコンディションの変化にもすごく気を遣っていたとか・・・・。あんまり考えてなかったなぁ、メモメモφ( ̄ー ̄ )。

次は絡める程度にはなりたいと思います。

投稿: KOO(くー) | 2008/03/11 11:37

おっ!絵文字が使えるようになっとる・・・dog

さわじぃさん、優勝おめでとうございましたsign03

さすがの走りで、1ヘアに陣取って観戦していたせがれくんも大興奮しておりましたpunch

「もと」さんも仰っていますが、さわじぃさんやみつさんでもシフトミスするんですねぇ・・・

私も1コーナー、1ヘア、2ヘアでしょっちゅうなので、コレを直していきたいかな・・・と

今回前日にさわじぃさんの車載を繰り返し見てイメトレをして臨んだ結果、ベストを更新することが出来ました!

また車載のアップを期待しておりますcoldsweats01

例によってトラバさせて頂きますねhappy01

投稿: DEEP | 2008/03/11 11:50

おめでとうございます!

さすがですね!

レースは一回のシフトミスが命取りになりますよね。
それが逆に緊張感があっていいのかも知れませんが(笑)
しかしPPとの差が0.02秒はきつかったですね。

スタートも無難なスタートなんてあるのですね。
私はいつも同じです(笑)。。。(模擬レースなどで)

私も先日の筑波2000レース(GTCC)でいろいろと成長したかなぁと思っています。
なので6月のGTCCもでようかなと思っています。

またさわじぃさんに対抗して、
無限戦のシリーズチャンプ2連覇を目指してみます!

投稿: CU-MS | 2008/03/11 22:27

お疲れ様です&優勝おめでとうございます!
…本当に無敵ですね(汗

コレだけ速いさわじぃさんでもシフトミスがあるって事でちょっと安心しました:-)

投稿: よた | 2008/03/11 23:21

優勝おめでとうございます。いつもながら綿密な計算の元に作戦を立てられ、それを実践できる技量は凄いですね。でも、文を読んで実はミスもしていると知り、少し安心しました。
路面状況、ガセネタだったかもしれませんが、優勝できたので大目に見てください。

投稿: ミセガワ | 2008/03/11 23:37

初めまして。

連覇おめでとうございます!
みつさんとのトップ争い、見てる方もワクワクしました。
抜いた時には鳥肌が立ちました!
お立ち台でのコメントも最高でした(笑)

これからも連勝を続けられるように頑張って下さい!

投稿: やまと | 2008/03/11 23:58

みつさん>

私もとても楽しかったし、勉強になりました。
コース2000でこれだけのバトルは初めてでしたし、車載を見返すと、「絶対に抜けるわけないのに何やってんだ、オレ」という場面が両手で数えきれないくらいあって、無駄にタイヤを消耗させてしまっており、要反省です。やはりレースは熱くなってしまうとダメですね。

それにしても私も「随分と得手不得手があるなぁ」と思いました。分析のし甲斐があります(笑)

エイトリアンさん>

レース中、近くに見当たらなかったので、忙しくて決勝レースはキャンセルしたのかと思ってました(RTE

「もと」さん>

余裕なく走っているとミスはどうしてもしてしまいますね。致命的なミスだけはしないように注意するだけで精一杯でした。

タワーの掲示は、
1)バックストレート
2)1コーナー立ち上がり
3)1ヘア立ち上がり
4)ホームストレート
と、確認の難易度(危険度)が上がりますが、確認できますよ。

かねぴーさん>

R1Rの履きこなし、なんでしょうね。
レース経験ではかないませんから・・・

KOOさん>

私もミスしますよ・・・
特に今回は予選でやらかしちゃったので、致命傷のミスでした。。。決勝でリカバリできたので結果オーライですが・・・猛省です。

DEEPさん>

応援ありがとうございました。
車載はすぐアップします。

私の車載、役に立ちました?
255のR1Rの最終飛び込み・・・マネしちゃってます? RE-11でも同じことができるのかな・・・これは貴重な情報かも・・・

CU-MSさん>

今回は予選は激戦でした。1位~5位が0.232秒の中にいましたから・・・

CU-MSさんもがんばってください。

よたさん>

私も人間なので、ミスはしますよ・・・
サイボーグと呼ばれたシューマッハ兄と、理論は高橋涼介を目指しているので、まだまだです。

ミセガワさん>

いや、でも最終コーナーのアウト側は絶対に使わないという判断は適切だったと今でも思っていますので、有効な情報でしたよ。

やまとさん>

ありがとうございます。
次も勝てるようがんばります。
やまとさんはそろそろレースクラスでは?(笑)

投稿: さわじぃ | 2008/03/12 00:02

おつおめぇ~happy01
しょ、勝負は12月だ。。。

投稿: てきどん | 2008/03/12 18:42

遅くなりましたが…優勝おめでとうございます!!

記事を読んでいたら、レースの様子がリアルに伝わってきて、思わず手に汗握ってしまいました。

クルマや路面の状況を常に把握したり、バトルの相手の走りの特徴を分析したり…さすが師匠、凄いです!!

これからも、頑張ってください!!!

投稿: yu-pa | 2008/03/13 14:13

てきどんさん>

12月は消化試合だと思いますが(RTE、手は抜きませんのでよろしくお願いします。

yu-paさん>

ありがとうございます。
今回も何とか勝つことができました。自分は立ち止まっているのに、他の方のレベルアップが著しくて困ります・・・

投稿: さわじぃ | 2008/03/14 12:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/40455615

この記事へのトラックバック一覧です: RX-8 GrandPrix 2連勝!:

» 2008エイトリアンカップスプリング [Deepblue]
どもっ{/ee_2/} DEEPです{/kaeru_rain/} 昨日は筑波サーキット2000コースでエイトリアンカップでした!!{/hiyo_en2/}{/hiyo_do/} 朝7時過ぎに家族と家を出て守谷SAでKONさんと合流・・・・(以下省略{/face_ase2/}) 車両準備とドラミを終えて、いよいよ1回目の走行です{/v/}{/face_ang/}{/goo/} 体験走行だった1回目のエイトリアンカップは数に数えないとして、きんぴか走行会、そして昨年12月のエ... [続きを読む]

受信: 2008/03/11 11:52

« Dテクニック走行会でTC1000ベスト更新! | トップページ | RX-8 GrandPrix(2008/3/9) 車載 »