« MSCTレギュレーション変更 | トップページ | ついに正式発表 »

2008/04/12

線路を歩いた

通学・通勤で15年くらい乗り続けてきたJR中央線。
人身事故で止まることは多いが、雨・風・雪には強さを見せる路線だと思っている。

今日もいつも通り、出勤のため最寄り駅始発の快速東京行きへ乗り込んだ。

いつもと違うことは・・・今考えるとないわけではなかった。
いつも乗車する始発電車の次の始発電車が「運行上の都合により、本日に限り運休」とアナウンスされていた。自分には関係ないので、あまり考えずにいつもの電車に乗車。

途中、なんとなくペースが遅い。他の路線からの直通電車の遅れの影響を受けて5分遅れ、という車内アナウンス。しかし、これもよくあること。あまり気にしない。

いつも通り、新聞を一通り読み終え、最近読んでいる本を手にして10分くらいしたときだろうか、駅間で電車が止まる。

「停止信号です。少々お待ちください。まもなく国分寺です」

これも通勤時間にはよくある。しかし、数十秒後、次の車掌のアナウンスで車内がざわつく。

「国分寺駅に停車中の電車から火災が発生しているとの情報が入りました」

え・・・火災ですか。こりゃ、ちょっと時間かかりそうだな。。。
数分後だろうか、車内の電源が落ちる。(非常灯としての蛍光灯のみ点灯。空調は止まる)

「先ほどの車両火災という情報は誤りで、国分寺駅近くの変電所で火災が発生しており、その結果、この電車への送電が停止されております。雨が降っておりますが、窓を開けて換気をして車内の温度を調整してください」

・・・て、停電?!
数分後。

「現在、状況を確認しております。新しい情報が入りましたらお知らせいたします」

しばらくして・・・

「送電復旧の目処はたっておりません。場合によってはお客様には国分寺駅まで歩いていただく可能性がございます」

ああ、やはりそうですか。。。
この時点で上司へメール・・・を打っていたら、

「お客様には歩いて国分寺駅まで移動していただくことになりました。現在、誘導の駅員が準備をしております」

と。
そこからが長い。20分くらいは待っただろうか。
ドアが手動で開かれ、ハシゴがかけられる。
Ladder
本当にハシゴで、両側に駅員が補助する形で、一人ずつ降りていく。

換気目的か、ハシゴがないのに開いているドアがあり、そこから飛び降りる人もいる。。。着地に失敗して転ぶ人もいる。こんなところでケガをするのはバカバカしいので、ハシゴの順番を待つ。そこでも10分くらい待っただろうか。やっと地上へ。「さわじぃ大地に立つ」です。

外は雨。
国分寺駅までは、どれくらいかな・・・と駅方面を見た時の印象は。
「明治神宮の初詣@雨」Crowd

人が面で停滞している。
そりゃそうだ。地上からホームへ上がる手段は細い階段しかなく、そこで人が止まっている。
雨の中、傘をさしながら人混みをジョロジョロと動くのはイヤなので、立体交差部分(上は道路)で雨宿りをすることに。Heli

上空にはヘリコプター。報道機関の取材ヘリだな。


電車に目をやると、傘も差さずにハシゴのところで降りてくる人の援助をしている高校生がいた。

Highsc・・・エライよ、キミたち。


悪くない駅員に怒鳴り散らすオヤジとは大違いだ。
これからの日本も捨てたもんじゃないな、と思った。

ホームへ昇る人が減ってきたので国分寺駅まで線路脇を歩く。
Walking

500mくらいかな。これくらいなら、歩くこと自体は全然苦ではない。

駅構内は当然のことながら大混雑。
ホームや駅構内の時計は、6時半くらいで止まっている(電車が止まったのは8時前なのに)。上述の「運行上の都合による運休」もそうだが、この日は朝から、何かの異常をJRは感じていたのだろう、と推測できる。

とりあえず、トイレ・・・当然のことながら男性用も長蛇の列。
用を足して、さあ、どうするか。

一応土地勘はあるので、どのようなルートがあるのかはすぐわかる。

バスで京王線へ。。。無理。バス停はどの路線も何百mも並んでいる。

西武線を乗り継いで高田馬場へ。。。西武線は線路を移動する人が減るまでは止まっていたが、既に運転再開しているようだったので、このルートを選択。JRと並んでいる改札は大混雑だったが、その反対側はガラガラ。正面改札にいたらまだ改札を通過できていないな・・・と思いつつ、ホームへ。すぐに東村山行きが発車。。。東村山で乗り換えて・・・あっという間(とはいえ40分くらいはかかっているが)に高田馬場に。それにしても西武新宿線、いつ以来だろう(高校は西武線新宿線沿線でしたので、電車から見る光景がなつかしい)。高田馬場のJR乗り換え口が全く変わっていて驚いた。

そのまま山手線で勤務先の最寄り駅へ。2時間半遅れで出社。すぐ昼飯だ。。。調子狂うな。

正午頃運転再開見込みだった中央線は、14時頃再開見込みに変更。。。
今日、オレ、帰れるのか???
と、台風とかと違って、職場でも一人でビクビクしていたが、15時に運転再開した。

帰りも中央線は間引いて運転していて、混雑した中帰りました・・・

ニュースを検索していたら、今回のトラブルで、駅間に停止したのは5編成のみ、2万人が線路を移動した、とある。かなり貴重な体験だった模様。最初の「5分遅れ」がなかったら、国分寺のホームで停車した可能性が高いので、いろいろなめぐり合わせだったんだろうな、と思う。転んでケガをした人はいたみたいだが、人命にかかわるようなこともなかったようで、個人的にはいい経験になりました。

|

« MSCTレギュレーション変更 | トップページ | ついに正式発表 »

コメント

お疲れさまでした。
あの日、私は10時から阿佐ヶ谷で打ち合わせがあったのですが、30分ほど遅れて開始となりました。
阿佐ヶ谷は総武線もあるので良かったです。

とは言うものの、打ち合わせ場所までの経路がすべてトラブってました。
全部、変電所火災の影響ですかね。

投稿: かねぴー | 2008/04/12 08:52

線路を歩くことは仕事で深夜、または日中も時折ありましたが、結構歩き辛いんですよね。

砕石も大きい上、足場も安定してなくて…。
なかなか歩く機会もないでしょうから、貴重な経験だったでしょうね。


保守用車から飛び降りても、かなり足場が悪いんで転倒しちゃって怪我、なんてことも多いんで、ほんと、線路に降り立つ時は気をつけましょう。
(って線路に降り立つ機会がないか… 笑)

投稿: 緑の彗星(?) | 2008/04/12 10:35

報道を知った時、すぐにさわじぃさんを思い浮かべましたが、直撃でしたか。大変でしたね。
高校生、偉いですね。どこから変わってってしまうんでしょう?
いや、きっとこういう子たちは、このままの大人になっていってくれるのでしょうね。

投稿: Den8 | 2008/04/12 11:43

歩く距離が短くて良かったですね。
ピンヒール履いた女性なんかは、さぞかし大変だったんだろうと思います。

どうしようもない高校生が多い中、こういった高校生は輝いて見えますね!

投稿: ウッシー | 2008/04/12 12:55

それはそれは貴重な経験をされましたね。

私も、Den8さん同様中央線と聞いて師匠を思い出していましたが、まさにその現場にいらっしゃったとは…大変だったとは思いますが、怪我などがなかったようで何よりです!

しかしその高校生たち…偉いなぁ…ウチの子どもたちも、そんな風に育ってくれると良いのですが…

…お疲れさまでした!!

投稿: yu-pa | 2008/04/12 14:13

雨だし、寒かったし、大変でしたね。
お疲れ様でした。
池袋構内でさえ、人でごった返して、
すさまじい状況だったのに、現場(国分寺駅近辺)は・・、殺気立ってそう。

でも、わたしも、線路の上歩いてみたい。
お天気のよい日、山手線1周歩くとか、楽しそう。

投稿: めい | 2008/04/12 18:31

かねぴーさん>

停電した電車に閉じ込められている時、中央線を使っている会社の同僚にメールしたら、もう四谷だとかで、問題なし・・・私みたいに完璧に巻き込まれたのは私の勤務先では少数派だったみたいです・・・

緑の彗星(?)さん>

確かに線路は歩きにくくて危ないなと思ったので、実際には、なるべく線路脇に側溝(ケーブルが埋まっている?)のフタの上を歩きました。

Den8さん>

最初、紺のブレザーだったのでJR社員かと思ったのですが、ノーネクタイだし、あれ?と思ったら高校生でした。

地震とか、列車事故とか、非常時の行動指針みたいなもの(学校にはこなくていいから、現場でできることを見つけて人助けをせよ、みたいな)が、道徳(ってまだ言うのかな)の時間とかに徹底的に叩き込まれていて、その結果だとしたら、ゆとり教育って実は間違ってなかったんじゃないかと思う次第です。

・・・そうじゃなくて、彼らの親御さんの教育の賜物である可能性の方が高いと思いますが。。。

ウッシーさん>

女性でも、ハシゴのないドアから線路へ飛び降りる勇者もいました。。。ちなみに私がみた飛び降りて転んでいたのは、オヤジでした。。。

yu-paさん>

私がみた5~6人は、制服はバラバラでしたがお互い声を掛け合いながら手伝っていましたので、出身中学が同じだった友達同士って感じでした。この場合って、その中のリーダー格が、「手伝おうぜ」と言えば、全員がその方向に動くと思うんですよね。

彼らが遅刻した当日、周囲の大人たちから評価されているといいのですが・・・

めいさん>

殺気立っていましたね。
私は誰にも聞かなくても代替ルートの候補は全て把握していたし、打ち合わせの予定も午前中はなかったので、無理して急ぐ必要がなかったので平静を保てましたけど・・・

車内では、出張予定なのに予定の便(空)に間に合わない、遅れても行くべきか、日を改めるべきか電話をかけまくって調整する人とかいて、大変だなぁ・・・と思ってました。

投稿: さわじぃ | 2008/04/13 08:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/40854128

この記事へのトラックバック一覧です: 線路を歩いた:

« MSCTレギュレーション変更 | トップページ | ついに正式発表 »