« 欲しい! | トップページ | JRSCC LTA終了 »

2008/06/30

カシオペアカップに参加

エンジン慣らしの最終段階(レッドゾーン直前の全開)を兼ねて、カシオペアカップに参加してきました。

まずは、エンジン慣らしを仕上げるための練習枠(20分)。

さすがに、いくら高速道路でも9000rpmまで回してシフトアップを続けて行うことはできませんので、サーキットを最後のステージに選びました。本当は富士スピードウェイレーシングコースの1.5kmストレートが2速→3速→4速の全開が出来て、適当にクーリングをはさんでまた全開、という最適なコースなのですが、天気や都合がうまく合わずに、筑波となりました。

梅雨の真っ只中にもかかわらず、雨の心配がない予報。
早朝は比較的涼しかったのですが、走行開始の12時には、気温28℃、路面温度37℃というそれなりの状況に・・・

パドックの駐車順の関係で、本気アタックするつもりがないのに先頭に並んでしまう・・・

とりあえず、軽く流して、エンジンを全開にしたり、ブレーキの感覚を確かめたり(ちなみにパッドも新品です)。スポーツ走行は3ヶ月ぶりなので、特にフルブレーキの感覚を念入りに取り戻す努力をします。

14秒台で数周走って、ちょっとマジメに走ってみるかと思って出したタイムが1分10秒067。もうちょっといいタイムで走れないもんかね・・・と思ってがんばっても10秒をやっと切れる程度(9秒867)で1枠め終了。

昨年の同時期のタイムから割り出した目標は7秒台だったのですが・・・ヤバス。

3ヶ月ぶりとは言え、このタイムどうなの?
いくら暑いからと言っても・・・
確かに最高速は真冬よりも10km/hも遅い。。。あれ?新品エンジンなのに・・・実はあまり速くないのか???

ま、とにかくこれで慣らしは終わり。
なので、オイル交換しました。一応ね。

1時間ちょいで、予選ヒート開始。

同一クラスでライバルになりそうなのは、R1Rを履いたシビックタイプR(FD2)。あと、Z1スタースペックを履いたAE86がいて、これが未知数。ドライバーのUDEがあったら、すげぇ速いってこともありうる。あとのRX-8、NCは顔見知りだし、タイヤがR1Rでないので、車両ハンデがあり、という状況・・・

真夏のアタックは、とにかく計測1周目。ここでミスったら、タイム出ないのは明らか。ということで、集中します。コースインは2台目。同時コースインは14台なので、基本ガラガラのはず。しかも先頭はR1Rシビック。ちょっと離れていればすぐに追いつくこともないだろうと思って、アウトラップのバックストレートで間隔空けるためにアクセル抜いたらAE86に抜かれた・・・黄旗なのに。。。

ま、気を取り直して、AE86とも100mくらい間隔を空けて計測ラップ突入。

タイヤの差か、ブレーキングポイントが全然違うけど、なぜかあまり差が変わらず1周終了。手元計測で7秒91(ポンダー計測で7秒916)。なんだ、ちゃんとタイム出せるじゃない。。。よかった、よかった。ほぼ想定通りのタイムを出せましたが、まだクリアラップを取れそうなのでアタック継続。特にミスをしたつもりもないのだが、2周めは8秒5・・・クーリングを入れてアタックしても、8秒台に入れるのがやっと、という感じなので、早々に退散。1ヒート目のタイムも気温なのね・・・という結論でした。

この予選タイム、結果として、このコンディションでは針の穴を通したような完璧なラップでした。

Sec1 27.992
Sec2 28.036
Sec3 11.888

は、どれも予選ヒートの圧倒的ベスト、エンジンも熱ダレ前のためか、最高速もベスト(149km/h・・・しかし150km/hも出ないとは・・・)。ここでキッチリ決めなかったらボロボロの予選になるところでした。。。

結果、グリッドは総合6位、クラス2位。
クラス1位は7秒3で、AE86。速すぎです。。。いくら軽いからって・・・
クラス3位は8秒1で、R1Rシビック。予選ヒート、1周目失敗していたら完敗でした。。。アブナイアブナイ。

というわけで、16時前から決勝ヒートです。

個人的には鬼門のスタート。今日も貴重な練習の機会です。
直前はAE86(総合5位はクラス違いのFDがいたので)。
斜め後ろにシビック。

5秒前・・・赤点灯・・・消灯!

自分は会心のスタートを決めた(つもり)!
AE86動かない?
なので、あわてて回避。1コーナーまでに真横に並ぶもうまく前に出られず後退。
第1ヘアピンでも、AE86は前のFDに詰まってか、超早いブレーキランプ点灯。
ひょっとしたら・・・に期待してアウトに振ってサイドバイサイド。
でもやっぱり無理。後退。
このとき、シビックに並ばれているので、ダンロップはインベタで。
80Rまでに前に出られたのでラインを回復。

さて、今日の鬼門のバックストレート。

前のAE86。速っ。なぜ、グイグイ離される?
何かの間違いでは???
こっちは最新型のNAロータリーだぜ?!(笑)
重いから?
いや、そんな理由じゃない・・・よなぁ。。。

で、真後ろのシビック。
そりゃ、直線じゃ勝てません。こっちはシフトミスもなくちゃんと全開加速しているのに、最終コーナーエンドで並ばれます。経験上、2000ccのVTECエンジンとは、ポンダー最高速で10km/hくらい違うんだよな・・・この状況は想定通り。でも、最終コーナーのブレーキングとコーナリングスピードはこっちに分があるはず(じゃなきゃタイムで勝てないし)。というわけでブレーキングで前に出て、ラインを塞いで・・・と。

最終コーナーのマージンがあるので、1コーナーは大丈夫。
やはりFFは回り込むコーナーは苦手のようで1ヘアも安心。80Rまでは余裕だけど2ヘアまでで差が縮まる。2ヘア立ち上がりでちょっと差が開くけど、ストレートで・・・の繰り返し。

前のAE86もタイヤ差からか、ブレーキングポイントはこっちの方が全然奥なんだけど、ストレートで離されるので徐々に差が開く。。。という展開。AE86とのバトルでこの展開はありえねぇ。あんなのAE86じゃない・・・

AE86にはついていけないのでw、シビックに集中することに。
ヤバイのはバックストレートエンドのみなので、イン側を走ってみたり(最終コーナーはインベタ)したけど、あまり状況は変わらず。

数周はがんばってみたものの、大事なバックストレートでシフトミス、シビックに前に出られ、最終コーナー、次の1コーナーまで粘ってみるものの、シビックもミスしないので先行を許します。

その後は、ストレートでグイグイ話され(3速の加速が絶望的に異なる)、再度バトルするチャンスもないまま終了しました。。。クラス3位でした。

車載はこちら。

普段は、レースと言えばRX-8ワンメイクが多いので、異種格闘技は新鮮でおもしろかったです。そして勉強になりました。直線が速い車とどうバトルするのか、今回出来なかったことは次回に活かそうと思います。

|

« 欲しい! | トップページ | JRSCC LTA終了 »

コメント

やはりこの時期では8秒切るのは大変なんですね。
でもさわじぃさんはまだ余力有りですよね?

自分は5/2でやっと7.9秒でしたから7/29は厳しい現実に打ちのめされそうです。(>_<)

投稿: 「もと」 | 2008/06/30 17:08

やっぱり暑い時期は最初に1周目が総てなんですね。私も29℃の日に9秒台しか出なくて焦りましたが、良いデータを示してもらえました。とは言え一発で決めないと死ぬという事なので、むしろプレッシャーが大きくなります。また鬼門の最終コーナーで飛び出そう(涙。

投稿: ミセガワ | 2008/06/30 21:02

お疲れ様でした!
TypeRは上手いし速いっすねぇ(汗

にしても、あのコンディションで7秒台…
流石っす!

投稿: よた | 2008/06/30 21:36

「もと」さん>

いや、今回のタイムは一杯一杯です。あとできることはガソリン量を15Lくらい減らすことですかね・・・

ミセガワさん>

最初のヒートはRX-8は私しか走らなかったので、9秒8がどれくらいのポジションのタイムなのか分からず、かなり焦りました。7秒台は奇跡的なラップだったかもしれません。

よたさん>

シビックタイプRはミスらしいミスは全くしませんでしたね。。。私がシフトミスをしなくても、うまくタイミングを合わせられて抜かれていたことでしょう。

投稿: さわじぃ | 2008/07/01 01:21

Cカップ連続表彰台おめでとうございます!
86の方のタイヤってZ1なんですか???すごいですね・・・

投稿: さとし | 2008/07/01 12:14

さとしさん>

ありがとうございます。
そうなんです、Z1スタースペックです。思わず、「(スタースペックになってそんなに違うのかな、)オレも履いてみようかな?」とか思っちゃいました(笑)

前回は一人旅だったので、今回はいろいろ勉強になりました・・・

投稿: さわじぃ | 2008/07/01 23:10

その節は黄旗追い越しにエビスタートと、ご迷惑を掛け申し訳ありませんでした(笑)

投稿: Eight_Under | 2008/07/02 04:14

Eight_Underさん>

いらっしゃいませ・・・

黄旗の件は結果的には先に行ってもらってよかったです。記事にも書きましたが、RX-8はこの時期は最初のラップ以外タイムは出ないので(コンピュータ補正のため。最初のラップも真冬ベストより遥かに遅いのですが)、アタック中に後ろから86に突付かれ・・・

「うちのチームのクルマじゃないな」
「何者だ?」
「上等じゃねーか」
「コーナー2コも抜けりゃバックミラーから消して見せるぜ」
「ふりきれない」
「悪い夢でも見てんのかァ」
「ハチロクに追っかけまわされてるだとォ」
「ジョーダンじゃねぇっくそったれがァ」
「オレはRTEのナンバー1だぞォ」
(言いたかったのはこのセリフ。前振り長すぎw)

と、高橋啓介並にパニクってボロボロのラップになったでしょうから・・・

投稿: さわじぃ | 2008/07/02 06:48

まぁ高橋啓介はナンバーワンだと思い込んでいながら、やっぱり最後のオイシイトコロ(本当のNo.1)は拓海にもっていかれますしね。
しかも高橋涼介の方が上だったりして、実質ナンバー3では・・・・。

投稿: エイトリアン | 2008/07/02 07:26

エイトリアンさん>

イニD読んでいないと思うので念のため。

原文は、赤城レッドサンズのナンバー2、です。私に合わせて最後のセリフのみ修正しました。

投稿: さわじぃ | 2008/07/02 07:50

なんと・・ソイツは知りませんでした・・
まぁどちらにしても、啓介なさわじぃさん。
とってもステキな涼介なエイトリアン。
そんな構図でいいじゃないですか:-)

なお、一応コッソリ仁Dもサラリと読んでいますヨ・・。

ただ

 心が震えるのは

  湾岸Midnightだけなんだ――――――

投稿: エイトリアン | 2008/07/02 11:33

エイトリアンさんが高橋涼介???

どっちかって言うと啓介でしょう・・・
涼介はワタシ・・・

投稿: さわじぃ | 2008/07/02 19:20

ってことはオレが巧海だな。

投稿: かねぴー | 2008/07/03 17:07

かねぴーさん>

どこの雑魚キャラですか?

拓海なら主人公ですが。

投稿: さわじぃ | 2008/07/03 20:55

ん~、そういうのならオレは中里くらい?

投稿: てきどん | 2008/07/04 00:31

いよう、イツキ君。

投稿: エイトリアン | 2008/07/04 01:44

てきどんさん>

次はGT-Rですか・・・

エイトリアンさん>

アナタの世界一速いエイトと、私の街乗り仕様のエイトでは、確かにドライサンプ4A-Gの86と、85(ポン付けターボ前)くらい違いますわ。。。

投稿: さわじぃ | 2008/07/05 07:52

> どこの雑魚キャラですか?

やっちまったぜ・・・orz

投稿: かねぴー | 2008/07/08 11:54

ああ、合コンやりまくっている、ニセプロジェクトDの方ですね。

今度ボクも誘ってください!

投稿: さわじぃ | 2008/07/08 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/41689926

この記事へのトラックバック一覧です: カシオペアカップに参加:

« 欲しい! | トップページ | JRSCC LTA終了 »