« FISCOライセンス走行(2回目) | トップページ | エイトリアンカップ2008冬(プロの技編) »

2008/12/26

エイトリアンカップ2008冬(さわじぃ走行編)

Sany06672008年12月21日に筑波サーキットで開催されたRX-8だけのサーキットイベント、エイトリアンカップ2008Winter&RX-RACEのレースクラス(RX-8 GrandPrix シリーズ第4戦)に参加し、予選4位、決勝3位、かろうじて表彰台でシャンパンファイトをすることができました。8月の第3戦で既に決まっていたGP-1クラスのシリーズ表彰も行われ、見事RX-8 GrandPrix GP-1クラス初代シリーズチャンピオンの栄冠に輝くことができました(写真はシリーズ優勝の金メダル)。

このイベントはRX-8に乗っているサーキット愛好者がもっとも注目するイベント。走行会もレースも募集後すぐにキャンセル待ちとなる盛況ぶり。ここで優勝して1年を締めくくりたいと思い、いつものとおり、前日から筑波入りしました。

前日のライセンス走行では、アタックシーズンの週末ということもあり当然にクリアラップは期待できないので、ブレーキングと高速コーナーのスピード感の確認をメインに走りこみます。左フロントタイヤが心もとないので、そのグリップも確認しながら走りました。

で・・・タイヤ・・・ヤバいかも。
10月の練習会の時ほどではないが、R1R本来のグリップはない・・・ような。
しかし、タレる前の状態はそれほど悪くない感じなので予選は持つ、かな。まさに一発勝負のタイヤ状態。

こんなことならタイヤ交換しておけばよかった・・・読み間違い。自分のミスです。
しかし、以前に6秒0を出したときよりは溝はあるんだけどな・・・なぜだ・・・

と、ここであることに気づきました。
「あ、あのときはTOYO R1Rだ。もしかして、PROXESになってコンパウンド変わって特性が変わった???」
だとすると、9月~10月の「まだ使えるはずなんだけどな・・・」というのも説明がつく。

また、ここで一つお利口さんになったみたいです。
この経験を次につなげます。

さて、そんなこんなで当日を迎えます。
カミさんをスタッフ集合時間(5時@Aパドック)に連れて行かなければならないので、3時半起床、4時半ホテル出発です。途中、コンビニで朝メシゲットしているところに、某氏からTEL。「ブォォォォ~~~~」という爆音でよく聞こえなかったのですがw、なにやら今首都高を走っているとのこと。時間は4時55分。集合は5時ですけど・・・まあ、優秀なスタッフが揃っているから大丈夫でしょう。また、イジりネタが増えました。

筑波に到着しても真っ暗(当たり前)。
時折やってくるレースクラス参加者の誘導をしながら、懐中電灯を頼りにできることからやっていきます。オイル交換とか助手席外しとか。

日が昇り濃霧が筑波を覆いますが、定刻通り8時には走行がスタート。予選は9時頃からなので、ドラミ後少しノンビリ出来ました。

さて、予選です。
コースインは変則タイム順。筑波2000の持ちタイム順・・・のはずですが、主催者RTE代表のエイトリアン氏と私の順位が逆です。ゼッケン1はオレのはずだが。。。まあ、コースイン15台ならクリアが取れないということもないので、ヨシとしましょう。

アウトラップでタイヤをあたため、いざアタック。
今回は筑波の電光掲示板が工事中で稼動していないため、セッション中は自分の順位が分かりません。なのでベストを尽くすのみ。

Lap1 1'06.901
Lap2 1'06.701

う~ん、イマイチ。このタイムじゃポールは無理だろうな・・・と思いながら、クーリングを入れてアタックを継続

バックストレートまでミスなし!というラップがありましたが、前方にはアタック中と思われる車両が・・・でももうこれがラストチャンスだと思われたため、そのまま全開走行を続け・・・徐々に先行車と差が詰まり・・・最終コーナー立ち上がりで追いついてしまいました。ギリギリ大丈夫かなとそのままレコードラインを進むと更に差が詰まり・・・結局アクセルを抜かざるを得ませんでした。。。

Lap6 1'06.579

結局このタイムが予選タイムとなりました。。。4位です。僅差でした。

1位 1'06.444 Moto+さん
2位 1'06.478 K林さん
3位 1'06.549 エイトリアンさん
4位 1'06.579 さわじぃ

パフォーマンスボックスのログを見ると、コントロールライン10mほど手前で速度が落ち始め、コントロールラインでは他のアタックラップとの差は7km/hほどの差になっていました。残念無念。

今回予選は結構タイムがばらついていて、きちんと走れていれば(Lap6に限らず)、ポールポジションも取れたかもしれないと思うと悔しいですが、自分のミスなので仕方なし・・・決勝に向けて頭を切り替えることとします。

さて、決勝です。
グリッドスタート・・・私にとっては鬼門でした。

昨年8月にはみつさんに1コーナーまでに抜かれ、今年の8月も同じようにBKC Racingさんに同じように抜かれ・・・このままではマズイ、ということで、カシオペアカップや、その他走行会の模擬レースで練習を重ねてきました。自分なりに「これだ」というモノを手に入れ(たつもり)、さあ、本番です。少なくとも3位のエイトリアンさんの前には出たいところ。

レッドシグナル消灯、クラッチミート。完璧とは言わないまでも中々のトラクション感覚。すぐに3位のエイトリアンさんに並び、前に出た状態で1コーナーへ・・・スタート成功です。

その後は1・2位争いに絡みたくても絡めずに、徐々に引き離され、後ろにはピッタリエイトリアンさんがいる状態。「左フロントタイヤ、ヤバイんだよな・・・連続周回だと・・・」と思いつつ、ターンイン時にアンダーステアだけは出してはならないので、丁寧に走り続けます。後ろからもっとグイグイ攻められるのかと思ったらそんなことはなく、つかず離れずの展開でレースが進みます。1回だけ、1コーナーでアウト側に並ばれかけましたが、そこからそのラインでは絶対に抜けないので、落ち着いてキッチリ立ち上がり、前へ。

結局そのまま、3位でチェッカーでした。
予選から順位を1つ上げられたことはすばらしいリザルトですが、「絶対優勝」と思っていたのに優勝争いに全く絡めなかったのがとても悔しいレースでした。

表彰は今回のレースのほか、RX-8 GrandPrixのシリーズ表彰も行われました。シリーズ戦の優勝は、2006年のJRSCCラップタイムアタック(A-2クラス)以来、2年ぶり2度目。RX-8 GrandPrixがシリーズ戦となった初年度のチャンピオン(GP-1クラス)ということになりました。尻すぼみのリザルト(1位、1位、3位、3位)で、ちょっと自分的には納得行かない面もありますが、車両も人も万全でなければシリーズ優勝を遂げることは不可能なので、その意味では最大のトラブルであるエンジン交換のタイミングもシリーズに影響を与えず、最高の1年だったのかもしれません。

さて、来年こそは・・・という状況ですが、2月1日のエイトリアンカップは欠席の予定です。どうしても都合がつきません・・・

いつもながらイベントを運営してくださっているスタッフのみなさま、応援してくださっているみなさま、程よい緊張感と充実感のあるレースを作り上げている参加者のみなさま、本当にありがとうございました。また、ご一緒できるときを楽しみにしております。

|

« FISCOライセンス走行(2回目) | トップページ | エイトリアンカップ2008冬(プロの技編) »

コメント

俺の電話、ちゃんと聞こえてたじゃん!!爆音なんて嘘、いけないなぁ・・(笑

ということで、シリーズチャンピオンおめでとうございます。

メダル、ちとうれしくないですか?あれ、超デカくて重くて質感高くてデザインも良くて、個人的にもすげー気に入ってるんです!!

投稿: エイトリアン | 2008/12/26 05:45

シリーズチャンピオンおめでとうございます。
さわじぃさんのcleverな走りのファンです。また来年も表彰台に上り続けてください。

2月のエイトリアンカップに出場されないのは残念。

投稿: リョーケン | 2008/12/26 06:55

シリーズチャンピオンおめでとうございます。

トップ4人は誰がポール取ってもおかしくない予選で多目的室のモニター見ていてもシビレました。

R1RはPROXESになってから疑惑は聞きますよね、どうなんでしょうか?

投稿: 「もと」 | 2008/12/26 18:04

シリーズチャンピオンおめでとうございます
来年は初戦欠場と言う事ですが、連続チャンプ&魅せるレースを期待してますw

R1Rは個人的には確かにトランピオ時代の方が良かったような気がします
初めて使ったときの おぉ!すげええええ!! って言う感覚が無かったです

投稿: take0426 | 2008/12/26 20:17

シリーズチャンピオン、おめでとうございます。
「初代チャンプ」というのは、特別ですよね。
「尻すぼみ」とのことですが、ライバルがあってこそ、また前進する意欲が沸いてさらなるレベルアップにつながるので、良いことだと思います。
「ブッチギリのチャンプ」もまたカッコいいですけどね。

それから、先日はいろいろと有難うございました。
当日のアドバイスもそうですが、ホイール購入に始まって、タイヤ選択のアドバイス等々。
今回、私の成績は自分で満足していますが、さわじぃさんによるところが大きいと思います。

また、来年も宜しくお願いします。

投稿: Den8 | 2008/12/26 21:52

エイトリアンさん>

メダル、サイコーです。
JRSCCとかMSCTのJAFメダルよりも嬉しいです。

リョーケンさん>

なんと声をかければよいのか・・・でも復活への道筋はもうついているのですよね。またよろしくお願いします。

「もと」さん>

Secベストをつなぎ合わせるとポールタイムを超えられたので残念でした・・・R1RはPROXESになったライフが伸びたとか言われていましたが、それはウソだろ・・・と思っています。

take0426さん>

確かにTRAMPIOの頃の方がよかったような気も・・・するようなしないような・・・

Den8さん>

お買い上げ、ありがとうございました。
これで我が家も年を越せそうですwww
私のアドバイスなんてありふれたものですから、リザルトはDen8さんの実力ですよ。

投稿: さわじぃ | 2008/12/27 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/43530795

この記事へのトラックバック一覧です: エイトリアンカップ2008冬(さわじぃ走行編):

« FISCOライセンス走行(2回目) | トップページ | エイトリアンカップ2008冬(プロの技編) »