« MSCT筑波、今回も4位・・・ | トップページ | エイトリアンカップ2008冬(さわじぃ走行編) »

2008/12/08

FISCOライセンス走行(2回目)

約1年前にEZ Challengeで富士スピードウェイのスポーツ走行ライセンスを取得しましたが、結局走行したのは1月の1枠だけ・・・(エンジン交換とかで沈黙していた期間もありましたし、岡山遠征したりしてたので・・・ね)

で、更新のお知らせが届き、午前中FISCO TRIAL、午後にライセンス走行枠のある12月6日に富士スピードウェイに行ってきました。

午前中のFISCO TRIALには知り合いのRX-8乗りが参加するとの情報を得ていたので、それも見て1日富士で・・・と思っていましたが、やはり自分が走行しないとなると、布団から出るのが遅くなり、結局家を出たのは9時過ぎ、到着は11時過ぎでした・・・

で、TRIAL参加者の方々を視察wし、情報収集。

表彰式の時間と、走行券の販売時間が重なるので、表彰式にも行かず、パドック待機。チラチラチェックしていましたが、行列ができるわけでもなさそうなので、5分前にコントロールタワー前に行くと10~15人くらい並んでいる程度でした。後ろにも同じくらい後から人が来ました。そんなもんです。

実は最近の富士スピードウェイのライセンス走行枠(土日)は売り切れる、という話もあったのですが、12月6日はそうでもないかな?と考えていました。

理由1:ヘビーユーザーはTRIALに参加するだろうから、そのまま午後は走らないだろう
理由2:翌日(12/7日曜日)には朝一の枠があり、コンディション的には昼間~夕方よりもそちらの方が魅力的。さすがに富士を2日連続で走る人はあまりいないだろう

実際はどうだったのかよくわかりませんが・・・

無事にチケットを購入でき、メシ食ったり、まったりと走行時間を待っていると、アナウンスが・・・

タイムスケジュール変更、NS-4 Aは14:45~が15:25~に、NS-4 Bは16:00~が16:35~に。NS-4 Bは日没後になります・・・と。しかし理由の説明は一切なし。なんで? 少なくとも走行券発売後なんだから、説明責任はあるだろう・・・しかも2枠めは日没後?ま、2枠めを走るかどうかは後に決めるとして、40分間さらにだらだらと過ごす。

とそこに、風来坊さん現る。
ひとりぼっちで寂しいところにお相手登場で嬉しい限り。

さて、やっとのことで走行時間。

さすがに、レーシングコースの走行は3回目&11ヶ月ぶりなので、計測2周目に照準を合わせて・・・なんてことはしません。Performance Boxの設定もしなきゃいけないし。

最初の1周で、セクション区切りの目安を決め、2周めに区切り位置設定。
設定がうまくいっているのかよく分からないけど、そのまま数周、フルブレーキのブレーキングポイントの確認や、高速コーナーの進入速度の確認などをしてピットイン。空気圧(これもデータなんてほとんどないのでデータ取り)を調整して、いざアタック!

でも、コース上はやっぱり混んでいて、1周クリアなんてものは全くなく、コカコーラとか、100Rとか、1コーナーとかで他車とからんでしまい、まともなラップはなく終了。ベストは2分10秒台・・・初めて走ったときと同じじゃないか・・・

さすがにこんなタイムは納得できないので、日没・ライトオン上等!ということでNS-4 B枠の走行も決める。走行券開始時間はとうに過ぎているが余裕で買える。購入時に「走行開始時から日が暮れ始め、最後は真っ暗になります」と説明を受ける。

で・・・待つ。

16時15分、日没。思っていたよりちょっと早いな、と思いながらも、徐々に暗くなっていく中、16時35分の開始時刻到来。

ピットロード入るときにライトをつけろと合図される。マジだな、これは。
コントロールラインの電光掲示板にも「LIGHT ON」の文字が。カッコイイ・・・こんな中走っている自分がwww

コース上は暗くはなってきているが、まだコースをはっきりと確認できるレベル。逆に全車ライトオンなので、ミラーをチラ見すれば他車がいるのかいなのかはすぐ分かるので安心。とはいえ、前後誰もいない、という状況がデフォルトでした。風来坊さんによると、16台しか走行していなかった・・・と。

気温も落ちてきているし、これはタイムは出るのでは?と思って攻めるも、前半に2分7秒8が1回でただけで、あとはどんなにがんばっても8秒前半をうろうろ。うーん。何が悪いのだろう?これ、まさにFISCO初走行のEZ Challengeの時とほぼ同じ記録だ・・・1年前に逆戻りか。。。orz
やっぱり、走らないとダメだよなぁ・・・

最後(17時5分)はホントに真っ暗でした・・・

走行後の空気圧を見ると思ったより上がっていなかったので、もしかして気温が下がったのはプラス材料としても、日没で路面温度が急激に下がり、タイヤに熱が入らずグリップが落ちたことがタイムが伸びなかった原因かな?と思いました。

風来坊さん、最後までお付き合いくださりありがとうございました。

|

« MSCT筑波、今回も4位・・・ | トップページ | エイトリアンカップ2008冬(さわじぃ走行編) »

コメント

2年前の10月末、もてぎで~16:50の走行枠を
走りましたがダメダメでした。
コースもライン取りもイメージできてるはずなのに
コーナー出口アウト側が見づらかったりとか
ポストのフラッグが確認しづらいだけでも
全然リスクを犯せなくなってしまいました。
「あ、俺・・・今リアルタイムでヘタレてるんだ・・・」
↑これ、痛感しました。。。

もてぎコース上のトンネル内だけは照明があるので
走行中でも異様にホッとさせられたりとか
前方車両のブレーキがオレンジ色に発光しているのが
見えたりとか、特別なステージを走ってる感は
ものすご~くありましたが、1回走ったらもういいです。笑

投稿: kamekichi | 2008/12/08 12:02

路面温度の話し、多分正解だと思います。あの日は1日を通して路面温度が低めで、私のGSでも朝一の枠は「殆ど溶けて無いじゃん」状態でした。だからリアG/2SのK林さんがタイム出せたと自分に言い聞かせています(涙。
冗談はさておき、MコンのYU2さんはアタックの相当後半でタイム出していたし、路温の低さは間違いないと思います。

あと、富士は頑張れば頑張るほど上手く行かないいやらしさがあるので、そこもまた難しいところだと思います。

投稿: ミセガワ | 2008/12/08 20:50

kamekichiさん>

その車載映像、見た気がします。たぶん、もてぎ初走行前だったので、何十回も・・・ホームコースにしているヤツには負けへんぞぉって感じで。

私はタイム出るなら、暗闇もありかな、と思いました。空いてるし。でもタイムでないなら走らないですね。

ミセガワさん>

正解ですか。それはよかった。高橋涼介に少しは近づいたかなw

これからは富士ではテキトーに走ることにします。

投稿: さわじぃ | 2008/12/09 06:39

ちょっとだけホッとしている俺がいます:-)

あんまりタイム・・更新しないでくださいね・・・

FISCOはあんまり行けていないので、今回のK林さんのタイムでも泣いている俺なんですから・・・

投稿: エイトリアン | 2008/12/09 21:24

エイトリアンさん>

3回目のサーキットでタイム更新できないって、(2回めである程度攻略できたと)喜んでいいのか、(進歩がないと)悲しんでいいのか複雑です。

R1Rであと1秒くらい(2分5秒台)は短縮できると思っているのですが・・・

投稿: さわじぃ | 2008/12/10 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/43352468

この記事へのトラックバック一覧です: FISCOライセンス走行(2回目):

« MSCT筑波、今回も4位・・・ | トップページ | エイトリアンカップ2008冬(さわじぃ走行編) »