« エイトリアンカップ2008冬(プロの技編) | トップページ | 2008年 スポーツ走行 回顧 »

2008/12/31

走り納めはなぜかもてぎ

2008年12月30日にツインリンクもてぎ(ロードコース)開催された、「丸山浩のサンデーレースやろうぜ!」に参加してきました。2008年の走り納めです。

既にディーラーは年末年始休み、お世話になっているR Magicも30日が仕事納め、と何かトラブルがあったらドコに持っていくのだ?というプレッシャーの中、走ってきました。

ツインリンクもてぎを走るのは、2006年11月のJRSCCラップタイムアタック以来、2年ぶり2回め。前回は、2ヒートはフルウェットになってしまったし(実際ドライで数周しか走っていない)、1ヒートめもベストな走りをしたラップは磁気センサーとポンダー計測位置の差のトラップにやられ、アクセルを抜いてしまうというミスを犯しました。タイヤも腐りきった2年落ちSタイヤの02Gでした。

なので、今回の目標は自己ベスト更新は当然の前提として、現在確認できている限り、もてぎの素人RX-8のレコードホルダーであるKOO(くー)さんのタイム(ラジアル:2分23秒637、Sタイヤ:2分22秒504)を抜き、2008年をもてぎロードコースのRX-8素人レコードホルダーとして締めくくることを目標にしました。タイムとしては前回の車載を見直し、前回からのチューニング内容(タイヤ含む)を加味して2分20秒台(21秒切り)と設定しました。

もてぎは・・・やはり遠かった(笑)。

7時30分集合に向けて、4時過ぎに自宅出発。常盤道水戸北スマートICが最もアクセスに便利な高速ICだというアドバイスもありましたが、水戸北ICも水戸ICも、ガソリン携行缶に給油するための24時間、非セルフGSがあることが確認できなかったので(ブランドはENEOSかエッソ・モービル・ゼネラル)、宇都宮上三川IC経由としました。途中、給油と朝食確保のコンビニへの立ち寄りを経て、到着はちょうど7時。3時間。筑波の2倍弱。。。ホームコースにはできません・・・

受付して、ドラミが終わり・・・走行時間まで1時間半待ち。今回は2輪3枠、4輪1枠なので、待ち時間が長い。日も昇り、気温も13℃と暖かくなってからコースイン。

【第1ヒート(11:00~11:20)】
先導車で慣熟走行2周(コントロールライン1回通過)。この機会にPerformance Boxのスタートライン登録。その後一旦ピットインして1台ずつコースイン。残り時間は15分くらい。とりあえず事前にシミュレーションしてきたブレーキングポイントが正しいかの確認をしてみる・・・と思ったが、コース上、いたるところでコースアウト車両やスピン車両がいて、イエローフラッグが出ていて攻められない。そんなこんなでクリアラップも全く取れず、計測5周で終了。自己ベストも更新できない2分25秒台。超不完全燃焼。

【第2ヒート(13:25~13:55)】
同時コースインは40数台だが、意外とクリアラップが取りにくいという反省、あと一番早い車両でも19秒台とそれほどタイム差がないことが分かったので、臆することなく先頭に並ぶ・・・つもりだったが、5台めくらいになってしまう。ま、いっか、とコースイン。先行車群はビュンビュン飛ばしていく。後ろからもドンドン来るので、それについて行く。前後、それなりの車間を開けていざアタック!と思ったら、ホームストレート上はまだコースインしてくる車両が連なっている!飛ばしすぎです。計測1周めでクリアなんて取れず、コース上の空きを見つけながら走行して・・・8周めでV字コーナー以外はクリア、というラップが取れ、自己ベスト更新、2分22秒956。しかし、このヒート、スタート時の気温はエイトの外気温計で19℃。気温だけでなくタイヤもブレーキもエンジンもタレ気味であることを考えると、あと1秒半は縮められると思いつつ、最後にヒートに向け備える。

その備えとは「クリアラップ」をいかに確保するか、という超一般的なもの。コースはそれなりに長いし、参加者のスキルレベル、意識レベル(タイム順で均等にバラついて、クリアラップを確保することがお互いのためになること)も分からないので、考えれば考えるほど難しい。

【第3ヒート(15:30~15:50)】
悩んだ末、「先頭近くでコースインし、飛ばしたいクルマは先に行かせる。コースイン間隔(ピット出口でスタッフが合図をするMSCT方式)は、3秒に1台として、45台で2分強が必要。なので、アウトラップは3分程度で周回しつつ、前後の車両との間隔を確保すること目指す」ことにした。

作戦はピッタリはまり、アウトラップで数台を先に行かせた上、前後との間隔を維持してホームストレートに戻ると(なんと自分の腹時計だけを頼りに走ったアウトラップは3分00秒208。やったよ!>高橋涼介先生。偶然だけど)、コースインしてくる車両はもうおらず、1コーナーにアウトラップではいなかった車両がいるので、それが最後尾か?という状態。その車両は2コーナーと3コーナー間のストレートで譲ってくれたが、その先もV字コーナーでタイムロスして2分22秒596。でも第2ヒートよりははるかにマシ。

クーリングと車両間隔調整を挟んだ計測3周め。
途中シフトミス(4速ハジかれた・・・でも最小限でリカバー)をするも、その先を無難にまとめて、磁気センサーポイントでHKSカウンターが示した数字は2分21秒99。で、その先のPerformance Boxのラップタイムは2分22秒0。どっちなんだ・・・22秒を切れたのかどうなのかは全然違うよ・・・ただ、いずれにせよKOO(くー)さんの記録は抜いたのは間違いない。

その後もアタックを試みるが、ブレーキとタイヤがもうギブアップ宣言、前半と同じポイントからのブレーキでは止まらない、という状況のため、終了。クーリングしていたらチェッカーが振られました。

公式記録を確認すると、2分21秒956。ちゃんと21秒台に入っていました。
これでスッキリして年を越せます。この記録もまだまだだろうけど、アウェーのサーキットとしては現時点でやり残した感もない(2007年の岡山MSCTと同じ充実感)。タイム目標である2分20秒台には入れられませんでしたが、あながち無理な目標タイムでないことは確認できました。走りこめば可能なタイムだと思いますので、それは次の目標として繰り越すことにします(でも次のもてぎはいつになることやら・・・)。

いい2008年の走り納めができました。

で、お待ちかね(?)の車載映像。


サーキット:ツインリンクもてぎ
路面:ドライ
年月日:2008年12月30日
車両:RX-8 Type S
タイヤ:TY R1R 255/40R17


【おまけ その1】
あれ?! 今抜いたのは何???

抜いてはいけないクルマを抜いてしまったようです。ペナルティ上等!
しかし、なぜこのクルマがもてぎに???
ただ、もてぎを走りたかったから走行会に参加した、とのことです。
何より、「このクルマ、ナンバー付だったのね」ということに驚き。


【おまけ その2】
WithMeギャルの???さん(名前分からない、ゴメンナサイ。舌足らずなおにゃにょこでした)がピットロードエンドで手を振ってくれたので、手を振り返すの図。

コースインする車両に手を振っても誰も反応してくれないのは寂しい!というRTE女子部リーダーからのお達しに基づき、「やはりここで手を振り返してRTE一の紳士ぶりをアピールせねば」と思い、手を振り返しました。決して下心があるわけではありませんので・・・多分。

手を振り返したのは参加者中、私だけ・・・かな・・・
それならば「あの黒いRX-8・・・」と印象に残ったでしょう・・・多分。

|

« エイトリアンカップ2008冬(プロの技編) | トップページ | 2008年 スポーツ走行 回顧 »

コメント

もてぎは走る気がまったくおきないので
悔しくもなんともありません(笑

ということで、お疲れ様でした・・・

おにゃにょこの件、乙です。

投稿: エイトリアン | 2008/12/31 11:19

おめでとうございます。
今シーズンは車の調正と乗っていなかった分のリハビリなので、ちょっとこれだけ話されちゃうとちょっと無理ですね。
K林さんがモテギを攻め出さないことをいのりつつ・・・、まだ、2位だな・・・。

投稿: KOO(くー) | 2008/12/31 12:01

もてぎ遠征お疲れ様でした。
3コーナー、3速侵入ですか。。。
「笑顔で手を振り返す」
サーキットの基本ですね(* ̄ー ̄*)

投稿: てきどん | 2008/12/31 12:01

おにゃのこ よく見えない・・・ (((´・ω・`)カックン…

投稿: take0426 | 2008/12/31 12:23

エイトリアンさん>

もてぎはパワーとブレーキのサーキットなので、元MSVは軽く走ってもタイムでると思います。でも、デフに厳しいのか、パドックの駐車位置後方にオイルらしきものが少し垂れてました。。。

KOO(くー)さん>

各コーナーをきちんと立ち上がるだけで簡単にタイムアップするので、走りこんだらすぐに出せるタイムだと思います。でも私はしばらく走らないと思うので、すぐに更新はしないでください。。。

てきどんさん>

前回の車載を見て、今のタイヤ外径とギア比だと2速では上が足りないと判断して3速に変えました。このベストラップは少し車速が落ちすぎの感じがしますね。

take0426さん>

気になる場合はWithMeさんの走行会へ参加してナマで見てください。筑波でもやるそうですから・・・

投稿: さわじぃ | 2008/12/31 13:57

『GT4内の理論値』的な領域までイッちゃいましたね。
現実的にはラジアルで23秒、22秒くらいまではアリかな・・・
とは予想していましたが、あっさりとソレを上回る
素晴らしいタイムです。マジで。
確かに3コーナーは2速3速が一番微妙な感じなので
参考になります。

>もてぎは・・・やはり遠かった(笑)。
常磐道ルートで水戸or水戸北からのアクセスならば
筑波までの所要時間に+40分くらいの感覚なのですが・・・
水戸IC/水戸北IC周辺は24Hセルフスタンドしか
確認できていないので、携行缶は前日に地元で
給油しています。

>手を振り返してRTE一の紳士ぶりを
非RTEですが、いついかなる時であっても
カワイ娘ちゃんにニコニコと手を振られたら
つ【手を振り返す+投げキッス+ウインク】
3倍返しはジェントルメンとしての嗜みです。笑

投稿: かめきち | 2008/12/31 14:08

さわじぃさんがWITHMEガールに手を振る画像、残像で指が10本位に見えますが、ひょっとしてこれも荒技?
私もさわじぃさんを目指して来年1年特訓します。腹時計。

ともかく、1年お疲れ様でした。
良いお年を。

投稿: ミセガワ | 2008/12/31 17:01

かめきちさん>

恐らくRX-8乗りでは最ももてぎを走りこんでいると共に愛している(笑)かめきちさんにそういっていただけると嬉しいです。

あとはカートだけですね・・・早めにリベンジさせてください。

ミセガワさん>

残像ではなく、テクニックですw

投稿: さわじぃ | 2008/12/31 17:37

手の振り方とても参考になりました、しかしあのテクニックすごいですね。

投稿: さとし | 2008/12/31 18:50

>あとはカートだけですね・・・早めにリベンジさせてください。
5冠王にカートで勝った
 ↓
つまり俺が6冠王~!!

この論法は来年も死守すべく頑張ります。 ニヤリ

投稿: かめきち | 2008/12/31 21:01

さとしさん>

・・・気持ちの入れ方の差でしょうか・・・ねw

かめきちさん>

その口を早く黙らせてみせますヨ・・・

投稿: さわじぃ | 2009/01/01 06:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/43584414

この記事へのトラックバック一覧です: 走り納めはなぜかもてぎ:

« エイトリアンカップ2008冬(プロの技編) | トップページ | 2008年 スポーツ走行 回顧 »