« ついにiPhoneへ一本化 | トップページ | メインのクレジットカードのおすすめは? »

2010/02/13

エイトリアンカップ2010春

2010年2月11日に筑波サーキットで開催されたRX-8だけのサーキットイベント、エイトリアンカップ2010Springに参加しました。

何とか、本当に何とか、クラス準優勝できましたが、課題の残る走行でした。

2009年は、エイトリアンカップの開催日の都合がことごとく悪く、8月のエイト祭のみの参加で、筑波サーキット2000で開催のエイトリアンカップはなんと、2008年12月以来でした。

そして、今回はレースクラスの設定がなく、私はSタイヤは持っていないので、ラジアルタイヤの最速を決めるExpertクラスにエントリーしました。

持ちタイム(自己ベスト)は6秒0というタイムがあるものの、それを最後に出したのは2008年2月。2009年は6秒1までしか出せませんでしたし、走行回数もそれまでの3分の1以下と休眠状態の1年でした(ちなみに筑波サーキット2000の周回はたったの78周。2010年は既に64周w。いかにさぼっていたか・・・いや忙しかったかが分かります)。

でもでも、そんなことは関係なく目指すはラジアルで5秒台。そのためにリハビリもしたし(1月11日と2月7日のファミラ)、タイヤも新調したし、プラグも替えたし、オイル類も・・・あとはコンディションがベストだとうれしい!という状況でしたが、あいにくの朝一ウェット路面。

ウェット路面でもいつものことながら、DSCは1押しOFFでスタート。
ペースカーが入っても慣熟走行で左右にステアを切ってアクセルをオンすると面白いように滑る。あやうく慣熟でスピンしそうに・・・これはなかなか厳しいなぁという状況。

それなりに無理せず走って、第1ヒートは1分10秒995。
ウェットだと、絶対的なタイムは全く意味を持たないので、相対的にどうかといえば、確かクラス2位(1位は278馬力のあのクルマ)。悪くないポジションだけど、1位との差がありすぎる(具体的には覚えていないけど、そんな気持ちになったことだけ覚えている)。なんとか逆転しなければ・・・と思う暇もなく第2ヒート。

減衰の調整をウェットよりも少しドライ気味に変更してコースイン。
ブレーキはまあ普通に利く感じだけど、ダンロップ~80Rのグリップ感が今ひとつ。フロントがアウトへ逃げていく感じでドライ時のように踏み切れない。今回255/40R17から245/45R17に変更した(外径を大きくしたかった)のが原因か???と思いつつ、コース上にとどまって走り続けて出たタイムは、1分8秒080。
このタイムの順位はひどかった。8位くらいだったかな。結構な人が7秒台で走ってました(ベスト更新していた人もいたような)。ああ、もうドライなんだな・・・とそこで知りました。あと、レボリューションのデモカーを借りたみつさんがなんと1分5秒0とかいう、なんだか夢のようなタイム(タイヤはハンコックのラジアルタイヤ)。クルマもすごいんだろうけど、UDEもなきゃそのタイムはでないよな・・・自分の不甲斐なさが際立つ・・・orz

やっぱDSC先生がいると、オレはダメみたい(第2ヒートも1押しOFF)。
先生がダメって言っても、その先にオレのゾーンがあるんだ、サヨナラ先生!と全OFFを決意。(みんなドライのタイムを出しているんだから当たり前だ。でもピットに戻ってくるまではブレーキングでところどころDSCが介入していたので、次はどうしようと、迷っていたのも事実)

減衰をドライセッティングに替えて、気持ちをドライのタイムアタックに切り換えての第3ヒート。アタックのタイミングを失敗したこともあって、序盤からスペースを見つけながらのタイムアタック。7秒前半は出るものの6秒台が出ない・・・ヤバす・・・と思っていたら、1コーナー立ち上がりでバックミラー越しに、ものすごい白煙を噴いているストブルが見えた。タイヤスモークには見えなかったので、あれはエンジンかデフブローだろうと思った。それなら赤旗だよな、と思いましたが、1ヘアの立ち上がりまではそこそこきちんと走れていたので、そのままのペースで走行を続け、2ヘアポストでもまだOKと思って立ち上がったら、バックストレートで赤旗が出てしまったので、ピットロードへ。ピットロードに戻ったときコントロールタワーのゼッケン順位を見て、自分よりも上におおかみ号がいることに気づきました。手元の計測(パフォ箱)では7秒1だったので、それよりも前にいるということは、おおかみ号はLightクラスで6秒台か。こりゃまたすごいな。

第3ヒートでやっとドライの走り方の勘が少し戻った気がしたので、もう1アタックしたかったのですが、そのまま時間切れ終了となりました。ベストタイムは1分7秒111。5秒台を目指していたはずなのに、6秒台も出せず・・・ふぅぅ

Expertクラスの面々はさすがで1位のドラえもん号は別格として(6秒1)、2位の私から8位まで0.6秒差(7秒1~7秒7)という接戦でした。しかし、せめて6秒台には入れたかったし、Lightクラスのおおかみ号(6秒7)にも負けたくなかった。できればドラえもん号も食いたかった。

さすがに走りこみ不足は致命的、ということがよぉ~く分かりました。
次は2月20日のきんぴか走行会です。5秒台出せるよう、がんばります。
2月14日は袖ヶ浦にライセンス取得しに行こうかと思ってましたが、タイヤを温存するためにやめにしました。20日に集中します。

自分のタイムをさておき、エイトリアンカップはやはり他の走行会に比べて走りやすい環境でした。今年は全戦出場できる・・・かな・・・。クルマを手放さなければ・・・かな。

エイトリアンカップ最高!
ということで参加されたみなさん、お疲れさまでした。
スタッフの皆様、ありがとうございました。

|

« ついにiPhoneへ一本化 | トップページ | メインのクレジットカードのおすすめは? »

コメント

お疲れ様です。

WETからDRYへと難しいコンディションだったのですね。

青木さんは別格として最終ヒートで2位確保はやはり流石です。

タイヤ新調とありましたがやはりR1Rですか?

投稿: 「もと」 | 2010/02/16 20:50

「もと」さん>

頭は完全にWETモードで走り始めてしまったので、なかなか切り替えるのが大変でした。6秒前半でも出ていればよかったのですが、何せタイムが悪すぎました・・・

タイヤはR1Rです。
ギア比を変えて試したかったので、245/45R17に替えてみました。

投稿: さわじぃ | 2010/02/17 00:48

エイドリアンカップお疲れ様でした。
確かにあと一、二周走りたかったですね。
外径の変化ほど幅の変化は感じなかったのでしょうか?
20日にはっきりしますかね。

最高速を見る限り、まだまだ車は現役でいけそうですがさわじぃさんが次に検討している車が何かは気になります。

投稿: 青のエイト | 2010/02/17 12:40

青のエイトさん>

幅の変化はダンロップ~80Rで感じましたが、これは路面状況の影響かもしれない、と思うとよく分かりません。外径の差は1ヘア進入が明らかに変わりました。

私がエイト降りたら考えているのは、
http://www.ympc.co.jp/kart/what/structure/index.html
なんてところです。。冗談じゃなく。

エイトに続けて、何か別のハコでサーキット走るってことは考えていないです。で、FT86が出たときにどうするか悩むと思います・・・

投稿: さわじぃ | 2010/02/17 22:14

これは一本取られました。
私もエイトを降りると言うより潰してしまった時どうしようかと悩んでおりましたが、走行費も含めた維持費次第ではこれもアリですね。
将来的にチビレンジャーを乗せると言う手もあるし。

投稿: 青のエイト | 2010/02/18 08:23

青のエイトさん>

維持費は本気度にもよると思いますが、今と比べれば相当安いと思います。

問題は体力と体重です(私の場合です)。(笑)

投稿: さわじぃ | 2010/02/19 06:21

お疲れ様でした。

レーシングカート、面白いんですがレンタルで乗れるとこって少ないですよね?関越ぐらい?

ハイエースとレーシングカート所有というのは考えたことがありますが、キッズカートが先になりそうです。。

投稿: みつ | 2010/02/19 17:34

みつさん>

関東のレーシングカート場って言ったことないんですよね(関西では宝塚と猪名川なら走ったことあります)。私の知る限り、関東で最も本格的な(競技用カートに近い)カートに乗れたところは多摩テックでした(90年代中盤の頃の話)。

カートを持つとしても、保管、移動はショップにお任せ、とするつもりです。それでもハコで走るより安いと思うのですが・・・

あと、本格的にやる気はさすがにないので(楽しみたい)、クラッチ付にします。もう、スピン・エンストの度に押しがけをする体力は私にはないのでw(特に上り坂)

投稿: さわじぃ | 2010/02/21 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/47556927

この記事へのトラックバック一覧です: エイトリアンカップ2010春:

« ついにiPhoneへ一本化 | トップページ | メインのクレジットカードのおすすめは? »