« エイトリアンカップ2010GW | トップページ | マツダファンサーキットトライアル 筑波Rd. »

2010/09/05

2010エイト祭&エイトリアンカップ

今年もRX-8の夏の祭典、エイト祭(正式名称:第四回エイト祭!エイトリアンカップ2010Summer & RX-8ファミリーミーティング)のレースクラスに参加しました。

もう1ヶ月以上経っており、何を今更・・・というところもありますが・・・

このイベントを前に、約4年間、苦楽をともにした?R1Rとサヨナラ。TRAMPIO R1R時代は突出したグリップ力とライフ(減りは早いが減っても最後まで使えるという意味で)でスゴイタイヤだと思っていたのですが、PROXES R1Rにブランド変更されるとともに、コンパウンドも変更されたようで(この点TOYOタイヤは公式には何も言っていませんが誰もが感じていることなので間違いないと確信しています)、少なくともRX-8のタイムアタックには合わないタイヤになってしまったように、最近は思っていました。今年製造のコンパウンドはさらに期待しない方向になったと信頼できる某氏のコメントもあったため決別することにしました。

Z1スタースペックR-S3どちらにしようか悩みましたが、まだ履いている人が少ないR-S3を選択。温まりにくい、という噂もあるので、真夏のコンディションならどうなの?というところを確認したい、という気持ちもありました。

タイヤをR1RからR-S3に交換し、筑波サーキットコース1000を7/19、7/29と練習して望んだのですが、練習時にはあらわれなかった車両トラブルが発生。6500rpmを超えたあたりで吹けあがりに段つきがある。具体的には、6500rpmを超えたあたりで急にエンジンを息を吹き返す、逆に言えば6500rpmあたりまでがもたついている、パワー感がない、という状況。少なくとも7/29のサーキット走行時にはそのような症状はなく、その後の公道走行ではそんな高回転まで回さないので(安全運転です。特に高速道路は)、いつからそのような症状になったのか皆目検討つかず。

エイト祭には、いつもお世話になっている、自慢のデモカー「銀八」を走らせるためにR Magicがいらしていたので、症状を説明し、プラグ交換など、その場で可能なことをやってみたのですが、症状は改善せず。

結果、予選タイムもトップ争いには全く絡めず、決勝もスタートだけ参加して、症状が固定していること、他の車両の全開走行についていけないことを確認した後、リタイアしました。

その後、原因究明のためR Magicに入庫。
エンジンが終了です(リビルト換装後まだ2万kmそこそこ。1万kmはほぼ慣らし走行なので、実質1万kmです)、というのも覚悟していたのですが、圧縮比は全て最下限ながら(涙)規定値内。

原因は、「バキュームチャンバーからエクステンションマニホールドにつながるバキュームホースが抜けていた結果、SSVとVDIが動いていなかった」「ホースを挿したら症状が改善した」(R Magicからの説明そのまま)、というものでした。

ホースが抜けた原因は不明だが、古くなったホースが硬くなった、リビルト換装時(と言っても2年前ですが)に挿しこみが甘かったなどが可能性としては考えられまが、ハッキリとはいえません。

こんなトラブルがある、と知っていれば当日その場で直せたかもしれないけど、ノウハウがなければそこまでチェックできないかな、というところかもしれません。

6500rpm~7000rpmで段つきがある症状(低中速でもたつき、高回転側でツッカエが取れたように回り始める感じ)で固定している場合は、インマニの裏側をチェックしましょう、ということです。同じトラブルは聞いたことがないのですが、いますかね・・・

とにかく、車両はエンジンそのもののトラブルに比べて格段に安く元に戻りました。

RX-8だけの走行会イベントであるエイトリアンカップは今回が14回めの参加でしたが、初めて入賞を逃すという悔しい結果でした。レースクラスの優勝は人生初のポールtoウィン(これまた意外ですが)のken_rx8さんでした。おめでとうございます。万全の車両で優勝争いをしたかったところですが、残念無念。

個人的なリザルトはともかく、イベント運営は酷暑の中いつも通りシッカリしていたと思いますし、大きなトラブルもなく(その後伝説として語り継がれることとなるハプニング?はあった・・・というのがもっぱらの評判ですがwww)、丸1日のイベントが盛り上がっていたと思います。

#エイト祭サイコー_ (え?ハッシュタグ?)

タイヤの評価はまた今度。

|

« エイトリアンカップ2010GW | トップページ | マツダファンサーキットトライアル 筑波Rd. »

コメント

R-S3は、今週末の岡山でぶっつけ本番なので、タイヤの
評価をお待ちしてます。(笑

投稿: のんちゃん | 2010/09/05 21:19

のんちゃん>

温まらない、というか、グリップのピークに到達するためには相当酷使しないとダメ、だと思います。

タイヤのグリップのピーク時にいかにエンジンパワーを引き出すか、がRX-8で使ったときの課題かと思います。

私は冬のアタックシーズンに使いこなす自信がありません。。。

投稿: さわじぃ | 2010/09/05 21:51

今回は、と言うか今回もですが、さわじぃさん号が不調な隙に、優勝いただいたちゃっかり者な私です。
マシン不調はほんと残念ですね。よりによって大会の時だけだなんて…

私のエンジンは7000rpmで一瞬つっかえる症状をかかえているんですが、可変バルブ関係がやっぱり怪しい気がしてきました。

伝説のハプニング見たかった・・・

投稿: ken_rx8 | 2010/09/05 22:07

ken_rx8さん>

いやいや、実力ですよ。ちゃんとK林さんとバトルされていたじゃないですか。

エンジンは症状固定なら絶対に原因が見つかると思います。ディーラーでダメならどこかのショップで・・・

投稿: さわじぃ | 2010/09/06 06:14

私もエンジントラブルの際に、白くて細い管に刺さったゴムホースが劣化してました。
大事に至らず良かったです。

投稿: 青のエイト | 2010/09/06 09:07

大事に至らず良かったです~

>ホースが抜けた原因は不明
前日のカートレース優勝で運が抜けたせいです・・・きっと・・・

投稿: ましゅ~ | 2010/09/06 11:36

青のエイトさん>

同じホースですかね。
とにかくよかったですが、ホース1本抜けていただけって聞いてズッコけました(死語)

ましゅ~さん>

確かに。あの日は強運でしたから・・・

投稿: さわじぃ | 2010/09/06 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/49359481

この記事へのトラックバック一覧です: 2010エイト祭&エイトリアンカップ:

« エイトリアンカップ2010GW | トップページ | マツダファンサーキットトライアル 筑波Rd. »