« K4GP セパン24時間耐久 2013 (4) | トップページ | 黒いヤツの1ヶ月点検 »

2013/02/17

K4GP セパン24時間耐久 2013 (5)

485197_433967823350136_495093804_n最後のテーマは「レース後」です。

レース終了の興奮が落ち着かないまま、ピット内撤収作業と車両のコンテナ積み込みを開始、運良く曇天のためにそれほど過酷でない状況で後片付け作業ができました。

その後、パドック内でのマッドハウス主催の軽い打ち上げに顔を出しましたが、チームメンバーとの打ち上げのために早々に引き上げて、ホテルへ戻ってシャワーを浴び、元々はロイロイという中華料理レストランに行く予定だったのですが、旧正月でお休みとのことで、クアラルンプール市内へ向うこととなりました(結局ロイロイ店舗には一度も行けなかった・・・)。

Dsc_0154タクシーでブキビンタン駅へ向かい、そこで打ち上げ会場探し組、その日のホテル探し組(3人)、シャワーを浴びにホテルに戻る組に別れ、打ち上げ会場はアロー通りの屋台街のレストラン西湖となり、そこで他の組と合流、24時近くまで大盛り上がりの打ち上げを行ないました。

そこにいるメンバーとはごく一部を除いて、まだ知り合ってから数ヶ月~半年程度なのに、何か随分前から知っているかのような、非常に心地よい空気が流れているような気がしました。本当にいい人達とめぐり会えて、かけがえのない経験を共有できたな、と改めて感じました。

翌日はもう帰国の日。
現実に引き戻される嫌悪感を覚えながら帰国便に乗り込むと自分の席に外国人美人マダムが座っていました。そこは私のシートでは?と話かけると、通路を挟んだ反対側に座っている子どもたちを見たので、事情を察し、座席を交換し、私が窓側に座りました。その席に座って、初めて「あ、セパンサーキットが見えるかも」と思いました。

座っているのは航空機右側。南から北へ向けて離陸するならばこちらからサーキットが見えるはず・・・と思ってずっと外を見ていたところ、離陸時に斜め後ろ後方に確かにセパンサーキットが見えました。その後、航空機は右旋回したので、かなり長い間サーキットが視界に入っていました。ドンドン小さくなっていくサーキット見ながら、改めて来てよかったなと思いつつ、マレーシアでの数日間を振り返ると目頭が熱くなりました。

K4GPは2年に1回、セパンサーキットで24時間を耐久レースを開催しており、今回が5回目でした。サーキット側の事情もあり、今回がセパンでの開催は最後だろうと繰り返し言われています。万が一、またセパンで24時間耐久レースが行われ、私に参加する機会があるのであれば、またもう一度走りたいと強く思っています。今回は初めてのK4GP、初めてのセパンサーキット、初めて海外レースと初めて尽くしで、右も左も分からない状態で、チームにも迷惑をかけたと思いますし、自分でも「何やってんだ?」ということが何回もありました。余裕も全くありませんでした。次があるならば、この経験を活かして、よりよい時間を過ごすことができると思っています。

もちろん、国内でのモータースポーツ活動でも今回の経験は活かせると思っています。海外旅行に行くと、視野が広がる、とはよく言われますが、それと同じような感じではないかと思います。正直に言うと、攻略が十分できたかどうかは別にして、いざコースインしてしまえば、目の前にあるコーナーをその先のコーナーとの関係でどう処理するかを考えるという点では、セパンだろうが富士だろうが筑波だろうが変わりはないんだな、というのが実際にセパンを走った直後の感想です。でもこれは実際に海外のサーキットを走ったからこそ、言える感想であって、このような感想が言えること自体、本当に貴重な経験をしたんだな、と思っています。

繰り返しになりますが、本当に関係者のみなさま、ありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

練習のため、カプチーノに乗り換えちゃおっかな・・・と思う今日このごろです(半分冗談、半分本気)。

|

« K4GP セパン24時間耐久 2013 (4) | トップページ | 黒いヤツの1ヶ月点検 »

コメント

セパン、お疲れ様でした。
そして、完走おめでとうございます。

おっしゃるとおり、コースを攻略すると言うことでは、海外だろうとどこでも変わりは無いですが、自分が一回り成長したような気がします、

F1マレーシアGPみても、「あぁ、こんなところでパッシングするんだ!やっぱ、F1ってスゲェなぁ・・」など、自分が走ったことを思い出しながら、今までと違った目で見ることが出来ますよ。
私は、年齢的にも他の方に迷惑をかけないうちに、そろそろ引退を考えないといけないかと思っていますが、昨年ヘルメット新調しちゃったしなぁ・・
とりあえず夏のFSWでお手合わせお願いします。

投稿: たるみ | 2013/02/17 08:04

> たるみさん

コメントありがとうございます。
そうですね。貴重な経験を大切にしていきたいと思っています。

たるみさんもその一人ですが、他にもこのイベントに参加して、実は過去の走行会でご一緒していた人と出会ったりと、意外と世の中狭いなぁ、ということもありました。

引退はまだ早いでしょうから、こちらこそ次ご一緒になるときはよろしくお願いいたします。

投稿: さわじぃ | 2013/02/17 14:22

非常に貴重である経験、詳細にレポートいただいて楽しく読ませていただきました。

おいらも正直もうあまりモータースポーツには「ドライバーとして」参加する事も機会もない、とは思いつつ、エイトはガレージ維持してる矛盾した生活を送ってますが・・・。

旧知(というにはおこがましいか・・・。)であるさわじぃさんと今でも交流させていただき、こういう挑戦に挑める、参加できるチャンスを手にできる「努力」を惜しまず活動している事を、本当にうらやましいし、勝手極まりないですが・・・誇りに思ってます。

以前(5年ほど前でしょうか・・・)

いつか歳をくってそれでもお互いクルマが好きで仕方なく・・・道楽できるようになればドイツにエイト送って遊びたいよね。。。?

なんて夢物語を話してましたが、

そんな夢の世界に近いところまで、モチベーションと努力、実力、魅力で実現できたことに改めて尊敬の念をかんじます。

そんなおいら達の夢物語が現実のものにできるよう・・・。

おいらも実業、趣味、すべてに
さらなる努力と精進をしなきゃなぁ・・・?

と思い返しました。

今後もどうぞ、よろしくお願いいたします。

投稿: 緑の彗星(?) | 2013/02/17 21:17

> 緑の彗星(?)さん

私は自分が楽しむために行動しているだけであって、そんなに高く評価してもらえるような人間ではありません・・・

海外にクルマを送るということがいかに大変かが、今回参加してよ~く分かりました。1人1台とかでなく、複数人で共有、なら現地で調達、遊んで、現地で売却して帰ってくる、の方がコストパフォーマンスが高い可能性があるとも思いました。

でも、「送る」という作業を実際にするにあたって、「ここは彗星さんの作業だな」というところが多々ありました(笑) コンテナ内のやぐら組みとか、フォークリフトとか・・・

投稿: さわじぃ | 2013/02/19 06:26

コメント欄見て、つい...(^-^;

ドイツでマシンの調達→遊ぶ→売却なら、ぜひお任せください。
知っているドイツ人、トルコ人の車屋が居ますのでww

投稿: hara | 2013/02/20 22:00

> haraさん

私も知っています・・・偶然ですね(笑)

投稿: さわじぃ | 2013/02/21 00:25

夏の富士でも一緒に走りましょう。
しかし、さわじぃさんの決断の早さには驚きました。

投稿: 青のエイト | 2013/03/03 22:49

> 青のエイトさん

今回は完敗でしたが、このままでは終わりませんよ・・・

決断の速さは人生経験でしょうw
青のエイトさんも本当にセパンが今回で最後であったことが確定したら、次に同じような機会があったら即決するでしょう・・・私はそういう経験をしてきたから即決できた、ということですよ。

投稿: さわじぃ | 2013/03/03 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33550/56777549

この記事へのトラックバック一覧です: K4GP セパン24時間耐久 2013 (5):

« K4GP セパン24時間耐久 2013 (4) | トップページ | 黒いヤツの1ヶ月点検 »